images - 2020-06-03T190503.308

1: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 07:02:15.53 ID:CAP_USER
→当たり前のように手術に利用されている全身麻酔だが、その原理は謎に包まれていた
→新たな研究は、超解像度光学顕微鏡を使い脳神経の細胞膜内の変化を観察
→結果、細胞膜内の脂質ラフトの無秩序化がニューロンの発火を止めてしまうことを確認した


全身麻酔は大きな手術で使われる重要な医療技術です。

全身麻酔なしで手術を受けるというのは、考えられない話です。

しかし、この「全身麻酔がなぜ人の意識を奪うのか」という詳しい原理については、医学はこれまで説明することができませんでした。

麻酔の原理がよくわかっていないという話は、ちょくちょく耳にしている人もいるかもしれません。

けれど、こうした医学ミステリーの古株も、とうとう最新技術を用いた研究を前に陥落したようです。

新しい研究によると、細胞膜内にある本来なら秩序だった脂質クラスターが、クロロホルムにさらされると短時間で無秩序になるということが原因とのこと。

最新の超解像度光学顕微鏡と、ショウジョウバエを使った実験で明らかにされました。

■175年に渡る医学界のミステリー

西洋で初めて全身麻酔による手術が行われたのは、1846年のことでした。

ボストンのマサチューセッツ総合病院で行われた腫瘍患者の手術は「エーテルドーム」と呼ばれていて、ここで全身麻酔の効果が初めて実証されたのです。

この様子は、絵画にも描かれている歴史的な重要イベントでした。

実に175年も前から全身麻酔は利用されているわけですが、麻酔によって人が意識を失うメカニズムは、これまで不明のままでした。

未解明と言われると、まったく何もわかっていないようなイメージを受けてしまいますが、科学の世界で未解明の問題といった場合、おおよその見当はついているけれど、事実と認める証拠が足りないという状況がほとんどです。

「あの人が犯人に違いない、でも証拠が足りない」とコナンくんが言っているような状態ですね。

全身麻酔の原理については、1899年にドイツの薬理学者ハンスと、1901年にイギリスの生物学者チャールズが、脂質の溶解度が麻酔の効力を決定しているようだ、という研究を発表しています。

これはかなり賢明な結論で、今回の研究でも、細胞膜内で神経活性化などに関係している「脂質ラフト」という部分に着目しています。

これまで1世紀近くに渡って、医学研究者たちが細胞内の脂質になにかあるようだ、と考えながらも麻酔の効果との関係を決定できなかったのには、2つの要因があります。

1つは、目的の脂質の変化が小さすぎて見えなかったこと。もう1つは、多種多様な脂質の組織が複雑で、その機能が完全にわかっていなかったことです。

新たな研究は、この2つをクリアすることができたのです。

続きはソースで

https://nazology.net/archives/61379

スポンサーリンク

3: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 07:10:56.98 ID:1eGoKlPr
全身麻酔薬って薬理学的なメカニズム不明のまま、経験則だけで使われてきたのか?

ある意味、医学って怖いな。

5: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 07:25:35.96 ID:qEpdWrM7
>>3
医学って体に取り入れて変化があれば
毒か薬かで判断してたのが歴史

6: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 07:27:59.32 ID:ffzmZel5
>>3
すべての科学は経験則を元にして推論しながら構築されてるよね

11: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 08:09:39.05 ID:sMJySVe/
>>3
んなこと言ったら、飛行機が空を飛ぶことができる原理も分かっていないのだが。

14: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 08:38:35.34 ID:zK8h1uli
>>11
ほぼ分かってんだけどね

52: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 11:36:59.71 ID:Hnp/VNCr
>>11
原理がわかってないというとビビるけど、
揚力の計算で0.何%の誤差が出るとかそんな程度じゃなかったか

46: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 11:24:08.16 ID:iLhhkTBq
>>3
んなもんだろ
どうして効くのかわからんけど
なんか効くから使ってるという医薬品も多い

48: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 11:31:21.57 ID:gJzZ52+t
>>46
漢方薬とかそうだよね
経験で効くことは分かってるけどなんで効くのか分かっていないものが多い

67: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 13:20:24.49 ID:LPMdKHxB
>>3
おう
お前が知ってるような典型的薬効成分も
作用機序不明なものばかりやで

84: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 15:56:17.40 ID:0O8lFTL4
>>3
経験則も医学界で統計的な手法使われるようになったのは
ナイチンゲールからだから
それまではマジ適当

7: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 07:29:12.31 ID:a7O7xc8Z
5秒もかからないでスーっと逝けるよね
今となれば怖かったな

8: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 07:53:43.20 ID:a+uNrilN
普通の睡眠とは違うんだよなあ。
「もうすぐ眠くなりますよ。」のすぐ後が、「何々さん終わりましたよ。起きてくださーい。」
間にまったく何もない。時間の経過もわからない。

9: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 07:57:59.30 ID:HOM5LqZJ
>>8
そうだよね、俺も夢も見なかった。すごい熟睡感。

83: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 15:43:40.18 ID:lRiNFUtV
>>8
これ
時間経過のわからなさがただただ怖いんだけど、
それを上回るレベルの「よく寝た」感が最高に気持ちいいから
定期的にやりたい

15: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 08:39:39.89 ID:PFUXY7bt
>西洋で初めて全身麻酔による手術が行われたのは、1846年

そうなんだけど、日本の花岡雪舟の方が早く全身麻酔してるので
>ボストンのマサチューセッツ総合病院で行われた腫瘍患者の手術は「エーテルドーム」と呼ばれていて、
>ここで全身麻酔の効果が初めて実証されたのです

これは間違いだと思う。実証は雪舟が先だ。
欧米人が全身麻酔の効果を直接知ったのが1846年なら解るが

23: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 09:35:36.15 ID:DEGQpFD4
>>15
>花岡雪舟

華岡青洲も知らない 馬 鹿

58: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 12:11:00.69 ID:oDjTcse/
>>15
華岡青洲が正式名

21: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 09:29:01.80 ID:lXVsMSmM
>>1
華岡青洲は西洋の40年以上も前に全身麻酔成功させてるんだな。
でも、実母死なせたり義妹を失明させたりしていたとWikide見て戦慄した。

20: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 09:12:57.25 ID:yvuArvuT
原因、理由がわからないのに、効果、効能に飛び付く人間。
人類って、切迫しているのだなあ。
疲労がポ~ンで手を出して、あとから、さあ、大変、みたいなことばかり。

22: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 09:30:08.21 ID:ZvKPAWdL
>>20
原因不明でも、手術するためには全身麻酔しか無かったんだよ。

45: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 11:23:59.57 ID:mzFGjCq9
なんで麻酔が効くのかわからない。ってのはかなり有名な話だよね。

31: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 10:09:31.60 ID:jJks3m/f
麻酔なしだと、痛みで死んじゃうというのは本当かしら?
ウサギが寂しいと死んじゃうらしいのと、同じぐらいの謎。

36: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 10:53:00.78 ID:MuaHQAKE
>>31
痛みだけが原因で死ぬ、ってのはあんまりない
痛いのは体に何らかの問題が起きているから痛いわけで、
その対処ができなかったり、遅れてしまって死ぬ
死因はその問題の方

あと手術で麻酔をするのは痛みをなくすというより、暴れられないようにするための方が大きい
痛いと人間動いちゃうからね、手術で繊細な作業中に動かれると違うところを切ったりしかねないし、
患者が舌噛んだりして問題が大きくなってしまう

32: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 10:25:10.67 ID:40vQHB4b
つまり化学シナプスに作用する神経の中で起こる事が局所麻酔で、神経細胞の膜を溶かして不活化させる脂質と混ぜるのが全身麻酔?

49: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 11:32:07.06 ID:MuaHQAKE
>>32
膜溶かしたら神経細胞死んじゃうよ
神経細胞同士はシナプスで神経伝達物質を渡したり、受け取ったりして情報を伝えてる
この神経伝達物質を受け取る受容体はシナプスに局在していて、脂質ラフト状態になってる

40: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 10:58:39.85 ID:aBe6BTx3
脳に電流みたいな感じでス~っと寝るんだよな
2回経験したけど抗いようのない睡眠って感じだった

27: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 09:53:15.87 ID:XedHgFQ1
でも何故人は寝るのかはわかってないよね
眠くなるから寝るわけで
ずっと起きてはいられない

37: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 10:54:16.59 ID:kJGgZfia
睡眠も同じく不思議。

39: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 10:56:36.77 ID:65LonrU0
コンクリートも何で固まるのかは解明されてないと聞いたことある

43: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 11:07:24.04 ID:gKXARKBp
化学はほぼ経験則よ
事象から、こうだろうと類推して組み立てていく
結果が類推した法則通りでも、偶々かもしれんのは排除出来ん

53: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 11:39:21.64 ID:Fg2ctLqt
ついこの間手術で全身麻酔したわ
絶対眠らないようにめっちゃ気張って集中してみたが
眠気とは違う脳の痺れのようだったな
俺は麻酔なんぞに意識を奪われぬ。。
奪われぬぞ( ˘ω˘ )スヤァ…

54: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 11:46:55.31 ID:0RBy/c9v
>>53
それ万が一抵抗に成功しちゃったら怖くね

55: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 11:52:44.88 ID:zEMGuKnI
去年6時間の麻酔を経験したが、マスクを付けたらいきなり意識がなくなった
次は家族の呼びかける声で目覚めたが、全く体が動かない状態が3時間くらい続いた
メカニズムがよくわかってないという事は、体への影響もよく分かってないのだろう

68: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 13:22:39.06 ID:CGHLz/P3


全身麻酔かけられる前は、「死」を恐れていた。

ただ今は「死んじまったらもう僕自身は何もかももうどうしようもない」という感覚。

全身麻酔かけられたら、そこに空間も時間も光も闇もない




70: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 13:37:58.67 ID:sxyQw5Kn
むしろ、意識が寸断するのに、意識の連続性が保たれてるメカニズムの方に興味がある。
ここでいいたい連続性というのは、自己同一性とか過去と今の再認識とか
記憶の一言では片付かない
俺は記憶は動的なものだと思ってるから、意識が止まったら記憶も相当失われると思うんだ

76: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 13:59:08.71 ID:clq54UHt
>>70
一時的に意識がなくなっても、脳の記憶してる箇所が機能してる限りは記憶は失われないんじゃないの。
忘れるというのは、もうそれを記憶してる必要がないと脳が判断するんだろうね。
逆にすごく嫌な記憶が離れず精神疾患になることもある。
ということは都合の良し悪しで忘れることは不可能ってことだろうね。

77: ななしさん@発達中 2020/06/03(水) 14:15:31.11 ID:72gtsGrQ
胆石の手術したときに途中で意識が戻ったような気がして怖かった
腹触ってる感じがして何とか意識があることを伝えようとしたけどどうにもならなくて怖かった
あれは事実だったのか術後に目が覚める前に見た夢だったのか

https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1591135335/