6 (1)

緊急事態宣言が明日にでも出るらしい。

もし、都内のネカフェが営業停止にしたらネカフェ生活をしている4000人(東京都の調査)が寝場所を失う。 

政府や東京都はこれ考えてるかな。受け皿は用意してる?
ちょっとこれ、本当に大変なことだよ、、、
スポンサーリンク
引用元
「そういえばネカフェ難民いまどうしてるんだろう、
感染症専門家たち、カラオケやキャバクラの客の総数よりは少ないとはいえ、あの環境で日々寝起きしてるネカフェの客に直に刺さるメッセージ出したほうがいいのでは、でも店側が消毒など頑張れば続行できるものなのかな……」と思ってたら閉めるの!?  https://twitter.com/ohnishiren/status/1247091795567063045 
@ohnishiren @agemaki66 ネットカフェは公共施設であり
避難シェルターでもなければ
生活する場所でもありません
@ohnishiren ネカフェは生活の場じゃないとか正論述べても仕方ないの
実態がそうである以上、押し出されたら感染媒体になる人たちが行く当てないまま街に溢れ出ちゃうってことなの…そのまま感染を広げちゃうの…
@deygecko_monsan @ohnishiren 衛生状態がさらに悪くなりますよね。だから…やっぱり公的な公社とか公団とか空き家たくさんあるから…そこをなんとか。
@tomyman @deygecko_monsan @ohnishiren そのままネカフェにいてもらうのが感染予防的にはいいですよね、、、
そうはならないのでしょうか、、、
大西さんのこのツイートに対して「ネットカフェは生活の場ではない」ってドヤってる人、だから何が言いたいのだろう。本来ステディな住居ではない場所を生活の拠点にせざるを得ない人がいて、その人たちが行き場を失いかねないというのが問題の本質なんだけど…。  https://twitter.com/ohnishiren/status/1247091795567063045 
@ohnishiren 生活の場ですよね現実的には。
上野の漫喫でたまに仮眠する度、同じブースに同じ荷物が見えてたし… pic.twitter.com/yUbM2OlACB
あー、そうか。日本のホームレスって排除アートなんかの排除活動のおかげで不可視化されて、ネカフェとか使ってたりするんだよな……。とりあえず全員国が雑用係として雇用してはどうか…… / “大西連『絶望しないための貧困学』発売中! on Twitter: "緊急事態宣言が明日…”  https://htn.to/3xZe8c9D5v 
コロナ騒ぎで、給食が唯一の食事という子どもの貧困や住む場所を持たないワーキングプア(NY などではワーキングホームレス)など、これまで見ないフリをしてきた社会の闇が炙り出されているように感じます。  https://twitter.com/ohnishiren/status/1247091795567063045 
いや、確かにそうなんだけど、それ以前にネカフェの環境ってクラスター要件満たしまくってて、早く避難しないと大変なことになるゾ、そいう危機感しかないんだけど。

そしてこれから居場所を失った人々がクラスターから散らされるのも怖すぎる。(全員隔離か?!)  https://twitter.com/ohnishiren/status/1247091795567063045 
ネカフェで働いてるものですが、ネカフェは宿泊施設ではないので規制対象になるのも止む無しかなぁ、と。宿泊の事実を認めらるとややこしい問題が発生しますし。
ただ、利用者側の危機意識も低く、働いているスタッフの感染リスクもあり、従業員の雇用の維持などいろんな面で対応に苦慮しています。  https://twitter.com/ohnishiren/status/1247091795567063045 
援助できればいいけど、どうすればその個人を特定して援助が出せるんだろうな  https://twitter.com/ohnishiren/status/1247091795567063045 
ホントこれ心配。
とれる選択肢的には県外に脱出する人も多いはずで、感染拡大の一因になる可能性はある。  https://twitter.com/ohnishiren/status/1247091795567063045 
おそらく東京脱出
ネカフェやってる地域に流れる  https://twitter.com/ohnishiren/status/1247091795567063045 
補足
このなかで小池知事は、ネットカフェに休業要請をした場合、いわゆる「ネカフェ難民」と呼ばれる人たちについては、7日に執行される予算を活用して、一時的な住居を提供する方針を明らかにした。
小池知事は、こうした場所で寝泊りするいわゆる「ネカフェ難民」について質問されると、補正予算のうち、失業し住宅を失った人に一時的な住居を提供する費用(12億円)の対象にあたるとした。
そのうえで「質問にあったところ(ネットカフェ)で寝泊りされている方々が、仮の住まいと言いましょうか、滞在できる場所を確保するということを念頭に置いたものでございます」と回答した。