FcFeZWjR
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で仕事を失っただけでなく、住まいも失ったり、家賃を払えなくなったりする人が増えるおそれがあり、国はこうした人たちに家賃を支給する「住居確保給付金」の活用を呼びかけています。

「住居確保給付金」は仕事を失った人のうち、住まいも失ったり、家賃を払えなかったりする人に国や自治体が家賃を支給するものです。
就職活動中の家賃を原則として3か月間、最長で9か月間、受け取れます。


世帯の生計を支えていたものの2年以内に仕事を失い、ハローワークを通じて求職の申し込みをしていることなどが条件で、世帯収入と預貯金に一定の基準が設けられています。この基準は地域によって異なります。

東京都によりますと、例えば東京の中心部などでは、
2人世帯の場合、月収19万4000円、預貯金78万円以下で、毎月6万4000円を上限に支給されます。
単身世帯の場合、月収13万7700円、預貯金50万4000円以下となっていて、毎月5万3700円を上限に支給されます。


申請には、運転免許証などの本人確認の書類や失業中であることを証明する書類、それに世帯収入や預貯金が確認できる資料などが必要です。

ただ、自治体によって書類や資料が異なるケースもあるため、都道府県など全国およそ1300か所に設置されている「自立相談支援機関」などに事前に確認する必要があります。

最寄りの「自立相談支援機関」は、厚生労働省や都道府県のホームページで確認できます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200330/k10012357551000.html
スポンサーリンク
自立相談支援機関窓口情報(PDF)
10万円まだァー言ってないで、本当に困っているなら身近な市区町村役場に相談してくれ… シンコロ対策の予算以外でも本当はたくさん手立てはある。  https://twitter.com/nhk_news/status/1244515460541890560 
この際、どんな支援でもすがれるものはすがっていこう。
とにかく生きていかなくては!  https://twitter.com/nhk_news/status/1244515460541890560 
テレビは恐怖心を煽り、買い占めに走るような報道より、今、安心して自宅待機が出来るようにするためにどんな社会保障の仕組みがあるかを伝えて欲しい  https://twitter.com/nhk_news/status/1244515460541890560 
@nhk_news これって条件厳しい給付金だよね
知ってる人は知ってるだろうけどこれめちゃくちゃ給付条件厳しいから…  https://twitter.com/nhk_news/status/1244515460541890560 
@nhk_news 思った以上に少ない
これで1ヶ月の家賃払える人がどれくらいいるのか。。
@nhk_news 一括給付にしてくれ、窓口なんかで申請してたらますます感染キッカケになるだけ
こういう制度って、ひとつひとつがいちいち煩雑(本人確認、失業中の証明、収入の確認書類etc)で、そして目的ごとに細分化してるから都度申請が必要で、結局不自由なく暮らしていけるようになるには物凄いハードルがあるんだよ  https://twitter.com/nhk_news/status/1244515460541890560 
申請手続したことあるけど、めちゃ大変だったのでその辺の難易度下げる工夫が必要だと思いました。  https://twitter.com/nhk_news/status/1244515460541890560 
ハローワークでの申込みなので求職中であることが前提のようです。  https://twitter.com/nhk_news/status/1244515460541890560 
「失業中でハロワに行ってる人」ならこれが使える  https://twitter.com/nhk_news/status/1244515460541890560 
使える制度はなるべく使わなければいけないので明日問い合わせる が ハローワーク通した就職活動が条件 みたいなのどうにかならないのかな 働き方、もう少し多様だと思うが  https://twitter.com/nhk_news/status/1244515460541890560 
@nhk_news 文章通りなら、仕事や住居を失ってからでないと駄目な訳で。

現場窓口は、こういう文章に、からっきし弱い(素直で忠実)ので、殆どの、最近困った事態に陥った人達は、門前払いなんですよ。

実態掴む努力してますか?
遥か上から庶民を見下ろす様に眺めてないですか?
@nhk_news 役所の仕事は、申請、審査、給付まで時間がかかる上、条件が厳しく緊急時には対応出来ない!色々な制度があるが、全ては自己申請で証明する物が必要です。取りあえずの緊急対策として、国民一律現金支給である程度カバー出来るのではないでしょうか。
離職などで家賃支払が困難な人のための住居確保給付金。「離職など」には会社員だけではなくフリーランスも含まれます。品川区にも確認済。

しかし生活困窮者自立支援法施行規則で「事業を廃止」が条件になっています。これでは再起を図れません。

国会議員には規則改定を政府に求めて頂きたいです。  https://twitter.com/nhk_news/status/1244515460541890560 
条件を見たらある程度貧困家庭でないと使えないようだ。
もっと収入が多いが新型コロナ不況で家賃が払えなくなった家庭も支援できるように至急法整備しないと新型コロナ不況が半年とか年単位続いた場合、家賃が払えず賃貸を追い出される人が続出すると思う。或いは大家が倒産もありうる。  https://twitter.com/nhk_news/status/1244515460541890560 
@nhk_news @Naochaland 見出しと中身が乖離しすぎ。大半の人が使えない制度を紹介してどうするの?
@pc4801 @nhk_news たしかに預金金額など条件の厳しすぎますね。
おっしゃる通りであり、基準の見直しが、別の形での手当も追加で必要だとおもいます。 

しかし、自分の身の回りで、この条件でも当制度を使える方もかなりいると思います。
それだけもともとかなり経済状態がよくない方が増えているということですが‥‥