ダウンロード - 2020-01-28T171950.972
発達に困難を抱えている子は、特性的にできないことは、
代わりの行動(代償行為)で補うようになります。

・ハンカチを忘れるから鞄に入れっぱなしにする
・教科書を忘れるので、置き勉をする
・お金があると無駄遣いするので、お金を持たない
・朝は遅刻をするので、遅い時間帯のバイトを選ぶ
スポンサーリンク
このような代償行為が許される環境であれば、問題なく生活できます。

しかし、学校や会社ではこの代償行為が認められないことが多く、その結果「発達障害」と顕在化して、対人関係の悪化などのトラブルにつながってしまうケースがよくあります。
代償行動は、自分の特性を社会に適応させようとした結果、生まれた行動ですので、わがままな「自分ルール」とは異なります。

そして、園や学校、会社などを多様性のあるインクルーシブな場に変えるには、まず代償行為を認める柔軟な環境を作ることが大切です。
引用元
代償行為、バイトの部分以外、全部してた。
小学4年生頃から、とにかく忘れ物よくしてたので、予備をたくさん用意してた。
今もハンカチやペンとか予備を持ち歩いてるから、荷物が多い…。  https://twitter.com/kohaken_dsl/status/1220683453093384193 
ワイあるある

・時間割を見て教科書を揃えるのが嫌なので全部持っていく
・体操服を洗濯物に出すと次忘れるのが怖いから同じのをずっと着続ける
・絵の具パレットを洗うのがめんどくさいのでプリントの裏紙で代用
・朝起きて服着替えるのが面倒なので前の晩の風呂上がりに仕事着に着替える  https://twitter.com/kohaken_dsl/status/1220683453093384193 
次男は小学一年生の時、全教科を毎日持って行っていたことを思い出したわ  https://twitter.com/kohaken_dsl/status/1220683453093384193 
教科書忘れるといけないから、いつもカバンパンパン激重だった。大学はロッカーがあったから自宅に教科書なかったw  https://twitter.com/kohaken_dsl/status/1220683453093384193 
忘れ物をするから入れっぱなし・置きっぱなしはあるある。
あとお金使っちゃうから持たないも。

バイト先の友達からはいつもお財布に数十円しか残ってないから、小学生のお財布って言われてる。笑笑
千円とか二千円しか下ろさないようにしてるから数回電車乗って出勤したらなくなっちゃう。  https://twitter.com/kohaken_dsl/status/1220683453093384193 
ハンカチはあるあるだな。お金に関しては、持たせてもらえていない。必要な時に、管理している親から必要分より些か多い量(見込み)が支給される。  https://twitter.com/kohaken_dsl/status/1220683453093384193 
ハンカチと教科書の件が完全に私だ。子供の頃は教科書や体操着を学校に置きっぱなしにしたかった。
今は大きいカバンに出来るだけ沢山の物を入れっぱなしにしておくと安心して外出できる。優先順位を付けずに全部持っていくのが大切。  https://twitter.com/kohaken_dsl/status/1220683453093384193 
ADHDの息子が
教科書っていうかほぼ荷物全て忘れていくので授業にならない!!
ので支援級の担任と話して 置き勉にしたら他の子が真似して 悪影響だと普通級の担任言われたので‥
根本的な説明不足だと思うんですがねえ?
ご理解頂きたいです( ; ; )  https://twitter.com/kohaken_dsl/status/1220683453093384193 
@kohaken_dsl つい、他の人からは「特別扱い」として認識してしまうんです。みんながみんな、同じじゃないとダメという呪いにかけられてる。私も、頭ではわかっていても「特別扱いをしてはいけない」と思う時ぐあります。
平等…とは何かをよく考えます。

息子も、こういった事が認められる環境なら落ち着いて臨めます。

あ、私もか。私の場合、年も重ね、「こういう人だな」と誰にも「指導」されなくなった分、気楽です。  https://twitter.com/kohaken_dsl/status/1220683453093384193 
見方を替えると
発達に困り感を持たないで育つと
苦手な事を工夫で乗り越えるのではなく、努力や根性でなんとかしようと頑張り続ける
っていう事でしょうかね。
そのように教育されるからかなぁ…  https://twitter.com/kohaken_dsl/status/1220683453093384193 
@kohaken_dsl わがままではないですよねw
そうやって工夫する事で、可能なものを作っていけるのですよ。
自分で選ぶ練習を積み重ねれたら、オープンかクローズかとか悩む事もかなり減りますし、診断の有無関係なくなりますね。
受動的な人間を作ろうとする方が問題なんですよ。
「やらないを選ばずにやれる方法を探そう」という方針で私は子どもを育てていて、このツイート読んだらそれで大丈夫だよって言ってもらったみたいで嬉しい。
学校やこの先の社会や対人関係がいつもそれでうまくいくとは限らないしこういうやり方が認められるか不安はあるけどやれるようにやるしかない  https://twitter.com/kohaken_dsl/status/1220683453093384193