激しい倦怠感や痛み継続「慢性疲労症候群」の薬開発へ

理研の渡辺チームリーダーらは2014年、治療に向けた突破口となる研究成果を発表。患者と健常者の脳内を比べたところ、患者には、認知機能の低下や痛み、抑うつなどと相関関係がある扁桃(へんとう)体や視床、海馬(かいば)に顕著な炎症があることが分かった。  これを足掛かりに、今回、臨床試験を始めた。これまでに患者の男性19人(26~54歳)と女性38人(25~60歳)にPET(ペット)検査(陽電子放射断層撮影)を行い、脳内に顕著な炎症がある人を抽出。このうちすでに男性3人に投薬試験を始めている。最終的には20年末ごろまでに計90人にPET検査をし、うち炎症が顕著な30人に投薬試験を行うことを目指す。

d_12960771

https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201912/0012960770.shtml
スポンサーリンク
#慢性疲労症候群
● 患者の約4割の脳で顕著な炎症が起きている
● 扁桃体や視床、海馬に顕著な炎症があることが分かった
● すでに男性3人に投薬試験を始めている
● 脳梗塞の後遺症などに使われている既存薬を計4カ月投与
 https://twitter.com/kobeshinbun/status/1206002382330445824 
>> 渡辺チームリーダーは「この病気の患者は、脳の炎症部位に特徴がある。薬の効果が実証されれば、各症状に特化した新薬を開発できる可能性がある。治療法の確立まで5合目まで来た」と話している。  https://twitter.com/kobeshinbun/status/1206002382330445824 
#慢性疲労症候群 の治療薬の開発に向けた世界初の臨床試験を始めたことが、神戸新聞に載っています。

患者にとって朗報。なんの山を登れば良いのか分からなかった15年前と思えばすごい進歩。

しかし、まだ5合目とのこと。
治療薬 開発が待ち遠しいです。

 https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201912/sp/0012960770.shtml 
薬の完成、5合目。出来上がったら、始めは保険適用外かな。1錠いくらかな。1000円くらい?3000円くらい?試せるかな。保険適用待ちかな。
ありがたいお話です。どうか良い方向へ実現されますように  https://twitter.com/Tsukamoto_Akari/status/1206591361870286848 
ミクログリア活性化抑制薬の進捗か。
phase1なのでもう少し時間かかると思うが朗報に期待したい

一部紙面に世界初の臨床試験とあるが、当該薬でという意味だろう

他国では他薬(リツキサン、アンプリジェン、アナキンラなど)の臨床試験が行われている

英訳したらまずいような書き方は避けたい  https://twitter.com/kobeshinbun/status/1206002382330445824 
@tomtom123123123 新しい薬と言う意味では
ないのでしょうか?
@821_kaorin 「臨床試験では、投薬前に改めてPET検査をし、血液や認知機能、自律神経機能などを調べる。現在脳梗塞の後遺症などに使われている既存薬を計4カ月投与した後、再び各種検査をして炎症や症状が和らいでいるか確かめる」

→ということで既存薬と読めます
@tomtom123123123 なぜ今大々的に報道されたの
でしょうか?
@821_kaorin 私はいま大々的に書かれた理由はわからないのですが、

被験者をつのりたいのかなと推察いたしました
この薬が早くに開発されていれば、慢性疲労症候群に悩まされ続けた元セレッソ大阪の森島さんももっともっと活躍できたのかもなぁ。嬉しいけど切ない。  https://twitter.com/siiiisama/status/1206206404798763010 
難病の治療薬開発は、苦しんでいる患者やそのまわりにいる人にとって、待ち望んでいること。進捗を心待ちにしたいと思う。  https://twitter.com/Tsukamoto_Akari/status/1206591361870286848