ついに不登校が “futoko” と英単語になりました。
その原因は子供個人ではなく、日本の学校システムにあるとはっきりと書かれています。
個人の人権を侵害するものだ、とも。
これが世界からの現実的な視点です。
 https://www.bbc.com/news/world-asia-50693777 
Why so many Japanese children refuse to go to school

スクリーンショット 2019-12-27 21.27.22

In Japan, more and more children are refusing to go to school, a phenomenon called "futoko". As the numbers keep rising, people are asking if it's a reflection of the school system, rather than a problem with the pupils themselves.

https://www.bbc.com/news/world-asia-50693777
スポンサーリンク
@InNadeshikoWay 不登校が “futoko” という英単語に。
"karoshi"や"chikan"に続く不名誉な国際語がまた増えた
 http://bit.ly/31LvcXS 
Karoshiとかfutokoとか、ジパング発の国際語はホントエッジが効いてるのばかりで目頭が熱くなりますわ  https://twitter.com/InNadeshikoWay/status/1209203381744484353 
@InNadeshikoWay karoshi過労死が日本独自と報じたら、単に問題として認識され来なかっただけだったの同様、いじめや不登校からひきこもりになった子を持つ海外の親が問題を問題として認識するようになれば、この手の報道は確かに有益と言えるだろう。 https://zuuonline.com/archives/137395 
これって要は日本語の不登校がそのまま英単語として扱われるくらいあちらでは「存在しない者」として抑圧されてきたってことよね  https://twitter.com/InNadeshikoWay/status/1209203381744484353 
引きこもりも痴漢もそうだったけどそれに該当する言語がなかったってかなり恐ろしいことよ
なんせ起こってた問題をこれまでずっと無視してきたってことの表れなんだから
@irukakaban @TOMATO2099 つまり不登校は日本でのみの話ではなく、日本が先に認知していたということですよね( ´ー`)
外国では従来から不登校は存在していたけど単語そのものがなかったと。
正しいと思いますね( ´ー`)
@irukakaban フランスはまさにそのとおりでした。本人の意思なんだからしょうがない、という感じで学校も社会もそもそも問題として認識していない様子でした。
@irukakaban アメリカなどはホームスクールもありますし、学校に必ず通うという必要性が薄いから考え方がそもそも違うかと。存在しないではなく、存在しまくっててむしろ普通。
フリースクールやホームスクールの選択肢がある国では、
不登校という分類がほぼなかっただけでは。
(学校に行けない→じゃあ家で学習(ホームスクール)するか、のように)

しかもそれらが相互互換可能な国も多い。

それゆえ日本の不登校は異質に映るのでfutokoとなったのでは。  https://twitter.com/irukakaban/status/1209775557115695104 
日本の教育に問題があることは大いに賛成だが、
海外で不登校が少ないのはそもそも学校や義務教育の概念の違いもあるのでは。

私の住むアメリカはホームスクールが認められているから学校が合わなくても各家庭で学ぶという選択肢がある。
オンラインスクールもある。
同じ土俵で考えることに違和感。  https://twitter.com/innadeshikoway/status/1209203381744484353 
いま世界的にヒットしてる17歳ビリー・アイリッシュはホームスクーリングで育ったそうだし英米ではフリースクール等の教育方法の選択肢が多く、
何より校則や態度など緩い学校が多いので、
日本の不登校問題とは状況が異なるのではないかと思います。  https://twitter.com/irukakaban/status/1209775557115695104 
自宅学習は全米で合法であり、特に宗教的理由から、『進化論など教えられたくない』といって自宅で教えることが良くあります。
規模は高校以下の3%、150万人ほど。ほとんどの州では通知も要らないので、文字通り、子どもが学校に来ないだけのことです。  https://twitter.com/irukakaban/status/1209775557115695104 
その推測自体は正当ですが、元の情報が間違っていますので、最終的には誤解です。

School Refusalで検索すれば、この事が日本特有の問題でない事が分かります。  https://twitter.com/irukakaban/status/1209775557115695104 
School refusal

School refusal is a child-motivated refusal to attend school or difficulty remaining in class for the full day.[1] Child-motivated absenteeism occurs autonomously, by the volition of the child. This behavior is differentiated from non-child-motivated absences in which parents who withdraw children from school or keep them home, or circumstances such as homelessness.[2][3] School refusal is characterized by an emotional distress at the time of attending school and school attendance difficulties.[4]

(登校拒否とは、子どもの意欲に基づいて学校に通うことを拒否すること、または終日授業にとどまるのが困難なことです。[1]子どもの意欲により、子どもを動機とする欠勤が自律的に発生します。この行動は、子どもを学校から引き離したり家に入れたりする親や、ホームレスなどの状況にある、子どもを動機としない欠席とは区別されます。[2] [3]不登校は、通学時の感情的苦痛および就学困難を特徴としています。)

(wiki)
英単語になったというか、「日本では学校へ行きたくない児童が増加しており、それは"ふとうこう"と呼ばれる」と単に言ってるだけなのでは?  https://twitter.com/InNadeshikoWay/status/1209203381744484353  pic.twitter.com/T0LOcwzMe8
アメリカにも不登校は死ぬほどあって単に家に引きこもらずストリートギャングになってたりして日本よりはるかにヤバイ不登校であることが多いだけなんだ・・・・。  https://twitter.com/InNadeshikoWay/status/1209203381744484353 
BBCが書いたら世界の常識で真実みたいなの面白いよね。  https://twitter.com/InNadeshikoWay/status/1209203381744484353 
不登校支援の手引き―児童精神科の現場から
山崎 透
金剛出版 (2019-01-25)
売り上げランキング: 99,294