ダウンロード (46)

11: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 09:50:34.45 ID:YOaIj30L0
感動して泣いたりするが文字は文字だな


スポンサーリンク
2: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 09:45:18.45 ID:EwWLIZcv0
全くないな
情報でしかない

5: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 09:47:44.11 ID:U8Mj0fK40
本で夢想できないなんて可哀想に

6: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 09:48:47.61 ID:CmjJHUx/0
情景説明の文章量と書かれた時代に
よりけり

87: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:48:20.68 ID:CUuiV+9r0
>>5 >>6
小説の出だしで情景が浮かんでそのまま読み進めるのはあるなぁ

10: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 09:50:24.84 ID:ngSpONKE0
青く澄み透った空では浮雲が次から次へ美しく燃えていった。みたされない堯の心の燠にも、やがてその火は燃えうつった。

「こんなに美しいときが、なぜこんなに短いのだろう」

 彼はそんなときほどはかない気のするときはなかった。燃えた雲はまたつぎつぎに死灰になりはじめた。彼の足はもう進まなかった。

12: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 09:50:37.22 ID:weC7jEjH0
情景は浮かぶけど登場人物の顔は浮かばない。みんなのっぺらぼう。
映像作品化されて主役がゴリ推しされたりするとそいつだけ顔がついて萎える。

87: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:48:20.68 ID:CUuiV+9r0
>>12
それもあるw

90: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:49:10.09 ID:28J/hGcA0
>>12
わかる

16: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 09:52:12.75 ID:NOrqU36x0
そういう人って残虐なシーンも普通に読めるんだろうなー
めちゃくちゃ鮮明に思い浮かべようとしてしまうから困る

17: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 09:52:47.06 ID:ssL7bh3e0
ネットのエッチな文章とかなら鮮明に思い浮かぶよな

19: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 09:55:37.26 ID:Wrmu+03S0
ニューロマンサーのコブラの形状が想像できなくて先に進めない

21: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 09:57:03.12 ID:Utedp8I00
情景の想像は最初は頑張るけどいつのまにか消える
声質は想像しないけど語感が悪いと引っかかるから文字は音として処理されてるっぽい

24: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 09:59:12.30 ID:MvLm157y0
想像力が乏しい人間が多くなってきたからなあ

47: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:12:55.83 ID:cayAgk/30
>>24
文字情報を文字情報のまま取り込むからいちいち想像しないってだけだよ
ミステリの密室描写みたいな想像が必要な時はそうする

23: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 09:58:57.55 ID:TUnDxCrf0
まあオンチや味オンチみたいに文章オンチも一定数おるんやろな

27: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:01:43.14 ID:Utedp8I00
情景をしっかり想像させるのが上手い小説なり詩なんだろうから読者の責任ではなく作家の責任なのでは

33: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:04:36.46 ID:Utedp8I00
そもそも小説を読むスピードと実際の動きのスピードは合わないから情景を逐一想像すると破綻しないか

37: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:07:05.98 ID:I3vqpBUe0
>>33
なにも全部実際の動きと同じスピードで想像しなきゃいけないということはないでしょ。

39: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:07:40.04 ID:Utedp8I00
>>37
早回しで想像する?

35: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:06:32.09 ID:xIgIyjhe0
情景描写を読むのめんどい
単語を自分の記憶の中にある視覚イメージに置換する作業でしかないし         

43: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:10:22.63 ID:TUnDxCrf0
>>35
文字数稼ぎみたいに冗長すぎるのはざっくり読み飛ばすな。それできないと小説読めんのではないだろか

36: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:06:48.24 ID:0+s6v0rk0
ラベだと描写自体があまりないよね
自分の異世界で思ってると漫画やアニメになったときに違いにびっくりする

164: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 12:44:21.28 ID:xZmtIM100
>>36
ラノベは一人称視点が多いからかな?
漫画やアニメは客観視点になるから

特にアニメはモノローグを沢山使うとウザイから語り部になってるキャラが心のなかで思ってることの表現が減るし、どうしても客観視点になる

40: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:08:20.32 ID:y/ZJXChD0
スターウォーズとかターミネーターみたいなSFスペクタクルは
1度は映画で観てないと情景が脳内に描けない
読者の想像力がライターの創造力に着いて行けない、って情況はあり得る

41: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:09:04.09 ID:ngSpONKE0
血を縁に残したガラスの破片は夜明けの空気に染まりながら透明に近い。
 限りなく透明に近いブルーだ。僕は立ち上がり、自分のアパートに向かって歩きながら、このガラスみたいになりたいと思った。そして自分でこのなだらかな起伏を映してみたいと思った。僕自身に映った優しい起伏を他の人々に見せたいと思った。
 空の端が明るく濁り、ガラスの破片はすぐに曇ってしまった。鳥の声が聞こえるともうガラスには何も映っていない。

137: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 11:43:18.38 ID:q8vWV/jo0
>>41
ハリセンで書いてる最中にバチーンって
したくなるような糞文だな

42: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:09:51.25 ID:OPjCKGKZ0
エロ小説を読んで情景が浮かばないなら
相当重症だろ

64: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:28:16.55 ID:XLjwIo950
浮かばないって人の脳味噌がどうなってるか気になる
ただし黒死館殺人事件てめぇはダメだ

80: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:42:27.67 ID:28J/hGcA0
読んで、景色が見える作者と見えない作者がいるのは事実

82: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:43:54.98 ID:Wrmu+03S0
いちいち情景想像しながら読んでると一冊読むのにめっちゃ時間かからない?

83: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:44:35.82 ID:XdS+D/4H0
思い浮かぶ情景が人それぞれ違うのが面白い場合もあるというか
読み手に求めるものが多い結果酷い説明口調だったり逆に独りよがりだったり
要するに好みの作品に出会えさえすれば映画でもマンガでも小説でも落語でも楽しめるってだけの話じゃないの

84: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:44:58.52 ID:jvv6L2Ws0
幅広い人間が読みやすい文章という意味では
ラノベとかの漫画みたいな表現の羅列のほうが優れているのかもなw

85: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:47:00.07 ID:K/PesUJW0
思い浮かばない人が分からんが契約書読んでる時みたいになるのか

93: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:53:22.75 ID:cayAgk/30
慣れの問題な気がする
文字読んで想像してって手順踏まなくても
慣れてくると文字のまま入ってくるというか

94: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:54:00.69 ID:xuHYqWJ10
経験だからな結局

家に引きこもってネットやゲームばかりやってたら
そいつの引き出し空っぽですから

103: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:58:22.81 ID:AtlF01V90
情景描写は結構常識依存だとは思う
植物の名前並べられてギブとか
女性の格好とか大量のカタカナ用語出てきてギブとか

102: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:58:22.12 ID:8wLH1aRV0
古池や蛙飛び込む水の音

114: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 11:10:56.75 ID:XdS+D/4H0
>>102
本当にすごいね
具体的にどんな池なのか、どんなカエルなのか、想像できなくても
そんな風景見た事無い人でもきっと音が聞こえる

78: ななしさん@発達中 2019/11/30(土) 10:40:16.71 ID:sHU8JHxl0
自分の経験値を他人の言葉で参照して新たなイメージを再構成していくだけだから、経験が少ないほど作家の言葉に伴走できない

若い頃読んだものがピンと来なくても年を重ねてわかるようなもん

立ち止まるほど美しい雲、降り始めた雨の匂いや泥田に突っ込んだ足の感触、木の幹や昆虫、布、器のさまざまな触感、それにまつわる光や影、
そんなものが内側になければ劣化した再現どころか何も浮かんでこないだろう
「鳥のさえずり」と読んでも聴いたことも意識したこともなければ、ただの「鳥が囀ずった」というト書き処理しかできん
田舎住みのやつなら季節、鳥の種類、時間帯、場所、個体数などの膨大な記憶の中から、一瞬で最適なさえずりを脳裏に浮かべ次に進めるだろう

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)
宮口 幸治
新潮社
売り上げランキング: 41

http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1575074579/