Rumpelstiltskin
皆がやたらと「○○という現象に名前を付けたい」と言う現象に名前を付けたいと思っていたら、それっぽいのがありました。

その名も


ルンペルシュティルツヒェン現象


「対象の名前を知ることで安心する」という心理現象で、グリム童話の名を当てられると力を失う小人が元になっています。
ルンペルシュティルツヒェン

ルンペルシュティルツヒェン(Rumpelstilzchen)『グリム童話』(Kinder und Hausmärchen)に収録されている作品(KHM 55)。『がたがたの竹馬こぞう』と訳されることもある。 「悪魔(鬼)の名前当て」というモチーフは、イギリスの『トム・ティット・トット』等にも見られる。この話には世界中に存在している「名前の神秘性」、対象の名前を知れば相手を支配出来るという概念が込められている。

あらすじ
貧しい粉引きが、王に「うちの娘は藁を紡いで金に変えることが出来る」と嘘をつく。
王は娘を王妃にすることを条件に藁を金に変えるようにせまり、塔の上に糸車と藁とともに娘を閉じ込める。
三日後の朝までに金が紡げないと彼女は殺されてしまう。
娘が泣いていると小人(ドワーフ)が現れ、最初の晩はネックレスと引き換えに金を紡いでやろうと迫る。次の晩は、指輪と引き換えに紡いでやろうと迫る。いよいよ処刑が迫る最後の晩、小人は最初に生まれる子供と引き換えに藁を金に変えると迫り、ついに娘は折れる[1]。
藁を金に紡ぐ約束が果たせ、王妃になった娘が産褥の床についていると、小人が赤ん坊を奪いにやってくる。王妃の懇願を受けた小人は「三日後までに自分の名前を当てられたら子供を連れて行かない」と約束する。王妃は国中の名前を集めさせるが小人の名前は見つからない。困っていると、王が森で奇妙な歌を歌う小人を見たと語る。「今日はパン焼き 明日はビール作り 明後日は女王の子を迎えに 俺様の名前がルンペルシュティルツヒェンだとは うまいことに誰もご存知ない」。
なんと、小人が歌っていたのは自分の名前(ルンペルシュティルツヒェン)だった。三日たって子供を連れ去りにやってきた小人は王妃に名前を言い当てられ激昂し「お前は悪魔から聞いたな! お前は悪魔から聞いたな!」と地団駄を踏み、逆上の余り自分で自分を引き裂いてしまう。 (wiki)
スポンサーリンク
引用元
体調不良に医者が病名をつけてくれると安心するのとかこれなのかな  https://twitter.com/_yuki_lang/status/1191960906072244224 
@_yuki_lang 病名も謎の病よりも病名ついてるほうがなんか落ち着きますものね。
名前を当てる童話というと「トム・チット・トット」が思い浮かんだ。  https://twitter.com/_yuki_lang/status/1191960906072244224 
@_yuki_lang 日本だと妖怪の仕業。なんかですかね
分からないことが想像から恐怖を生みますから恐怖に名を与え○○であると明らかにし敵として見えるようにし弱点を誰かが考えたりしてますね
@Yehl Factfulnessという本にblame instinct(指弾本能・非難本能)という人間の本能についての記載があります。人間は、問題の裏にはなんらかの悪者がおり、その悪者を取り除きさえすれば問題は解決すると考えてしまう傾向があるそうです。つかみどころがないものや責任の所在が不明なものに対する不安を
@Yehl 取り除くための防衛本能だと言えそうですね。
魔術は知られると弱くなるというのにも共通するね。
根底には、知らないものは怖いけど、知ってしまえばどうともっていうのがありそうだけど  https://twitter.com/_yuki_lang/status/1191960906072244224 
私が研修医の頃に病理学者の向井万起男くんが教えてくれた、

「人類はライオンをライオンと名付けることでライオンの恐怖から解放された」

と言うのもこのルンペルシュティルツヒェン現象ですね。  https://twitter.com/_yuki_lang/status/1191960906072244224 
これって、日本の妖怪もそうだよね。怖い恐ろしいって現象や意識に名前を付けていったら定着した的な。この辺は万国共通なのかなー?  https://twitter.com/_yuki_lang/status/1191960906072244224 
アイスランド民話にも名を知られると力を失う男の話、「レイニルの教会建築者」ってのがある。妖精や、小人という明確な記述はなし。  https://twitter.com/_yuki_lang/status/1191960906072244224 
日本の妖怪変化も、名前を知られると妖力を失う。  https://twitter.com/_yuki_lang/status/1191960906072244224 
前も言ったけど実態をほぼ持たない無敵に近い存在である動画投稿者も、あだ名をつけられ勝手に素材を作られていくと徐々にその力を失っていき最後にはオモチャになり討伐が可能になるという  https://twitter.com/_yuki_lang/status/1191960906072244224 
鬼六とかトム・ティット・トットとか類話があるけど、【名付け】って安心より支配のイメージ。【真名を知る】事で悪い者が力を無くすとかは世界中で似た話あるし、名前を付ける事で【固定】と【認識】というなら納得なんだけど、最初に名付けた人どんなニュアンスだったのかな?  https://twitter.com/_yuki_lang/status/1191960906072244224 
知らなかった…面白い。けどちょっと長いから「マノア現象」でもシンプルで良かったかも。

(マノアは受胎告知に現れた天使を恐れ、その名を知ろうと必死になった旧約聖書の人物)  https://twitter.com/_yuki_lang/status/1191960906072244224 
「本当の名前を知られてはいけない」って、こういう伝説からきているのかな。  https://twitter.com/_yuki_lang/status/1191960906072244224 
初版グリム童話集(3) (白水uブックス 166)
ヴィルヘルム・カール・グリム ヤーコプ・ルードヴィヒ・グリム
白水社
売り上げランキング: 36,246