Tokaidochu_Hizakurige_5a_pp13-14_Edo_Nagaya_housewives_gossip
日本人にとってTwitterとは「何かあったときに集まる壮大な井戸端会議の会場」なんだなと何かあるたびタイムラインを眺めながら思うのだけど、
それはつまり地形の関係で歴史上「広場」という概念を持ち得なかった日本民族にはじめてもたらされた「広場」なのではないか…?と思いはじめてきた
アゴラ
アゴラ(古代ギリシャ語: Ἀγορά、Agorá)は、古代ギリシアの都市国家ポリスにおいて重要な公共空間として不可欠な場所である広場を指すギリシア語で、人が集まることから商取引も行なわれたため、市場としても機能した。
ローマ時代のラテン語ではフォルムに相当する。 アゴラはまた、民会の開催場所でもあった。ヘシオドスも、『仕事と日』の中でアゴラという言葉を集会の場として用いている。 (wiki)
スポンサーリンク
何か大きなニュースがあったとき、より多くの人と情報や感情を共有したいという欲求が人間にはあると思うのだけど、日本にはそういう「待ち合わせ場所」がリアルの世界では地形の関係上もちづらく、それがTwitter 人気を支えているのでは…?とロシアで本物の「広場」を体感して考えたのを思い出した
引用元
めちゃくちゃ共感するツイート。
育児してると本当そう思う。疲れた時にちょっと腰掛けられる広場がほしい。そして誰かと気晴らしに話しがしたい。 1186811524641218560
どこでもドア付き広場な感じです。
リアルでは話す機会をもてなかったであろう方の声も聞けますから。 1186811524641218560
羽仁五郎の本に日本には夕暮れになるとどこからともなく集まって語り合う広場がないから民主主義が根付かないのですって書いてたなぁ。 1186811524641218560
@qzqrnl こんにちは。近代日本では、人々が集まり団結することのないよう(=政府に歯向かうことのないよう)、あえて広場を作らない都市計画を政府が行ったとも以前大学の講義で習った覚えがあります。
まさかTwitterという形で広場が現れるとは当時思いもよらなかったでしょうね、、
@qzqrnl @kira_puka 確かに最近はニュースでもTwitterでは〜という引用の仕方頻繁にされます。
現代の直接民主制時代が来るかもしれませんね。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%81%AE%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9
これは確かに、FBやインスタより上下の幅が広いTwitterなればこそ、と思います。
それでもまだまだ一般的とは言い難いツール(特に高齢層にとっては)ですし、モバイル端末や回線を確保出来ない層には届きませんが……相違こそあれ、その辺は「広場」も同様ですね。 1186811524641218560
@qzqrnl @tokuriki まあインスタが『look me!』であるのに対し、Twitterは『look this!』って言われてるからなぁ。
@qzqrnl 日本にはなかった「広場」とは何する場なんですか?
@youi_mura @qzqrnl 世界史の教科書によると、古代ギリシャの町にはアゴラという広場があって、ここで町の人が政治の問題などを市民全員で話し合っていたそうです。
確かに、日本の平城京から現在までの都市には、平民が大勢集まって議論する広場はとても少なかった印象があります。
逆に、なんでtwitterが出るまで「広場」が日本になかったのかが気になる。 1186811524641218560
これはちょっとずれていると思うのだけど、そのへんは宮本常一とか読むと広場に近い対馬のあたりの文化や、中上健次が路地の概念を書いていて、でもそういうものを積極的に失っていったというのがあるとは思う。 1186811524641218560
ルソーの『告白』から、当時のフランスでは学会誌が「時に議論をたたかわせ時に誹謗中傷や他者擁護、自己弁護する場」だったと見えて面白いと思う。Twitterは中に学会的な場所も出来てるとこも含めてなかなかに広場で、素人が専門知識に触れられるから面白い 1186811524641218560
知的階層が集まるサロン的なもの、と言いかえると、村の寄り合いのようにそういう類のものはあった、と言えるかもしれない。が、多種多様なバックグラウンドを有する人たちが「一堂に介する」場所ということなのでしょうね。 1186811524641218560
そうなればいいとは思っていたが私が10年みているかぎりまだまだ成熟するにはほど遠いという印象。それぞれの問題に関して集まる人々の偏りが大きいからというのが原因のような気がする。広場内での対立になりがちで広場に集まった人々が本来対決する相手に向かっていけないことが多い。 1186811524641218560
なるほど
だから中世のそれと同じく、広場で処刑が行われる度に、見物客が群れるのか 1186811524641218560
井戸端会議なら、短時間で予定調和のある結論が出せる。そのコミュニティの上下関係が効いてね。でもツイッターは極端に相反する結論が出る複数の井戸端会議が、互いに至近距離で進行するので、すぐさま戦争になるのさ。しかも、お互いに物差しも勝利条件が違うから、お互い「もっと勉強して」と言う。 1186811524641218560
Twitter=広場はわかりやすい。ヨーロッパの広場的な場。私もそういう使い方してる。ただ、それでも情報過多で私たちは迷子になっちゃうから、これからは情報交換できるリアルな広場が必要なんだと思う。 1186811524641218560
呑兵衛は酒場で毎晩談論風発してますし、昔なら銭湯や床屋、今の年寄りは町医者の待合室、ほかにも色々ありそう。子供なら学校行けばいいだけだし。仕事の忙しい人はなかなか機会ないだろうけど、それはたとえ「広場」のある社会でも、広場に行く暇もないだろうし。
Twitterの気軽さは別の話では? 1186811524641218560
広場でもあるし、お花畑でもあるし、痰壷でもあるんだよお。

でも基本「呟く」場所だからね〜

ツールの使い方、間違えないようにね〜w 1186811524641218560
広場のデザイン―「にぎわい」の都市設計5原則
小野寺 康
彰国社
売り上げランキング: 258,139