51FGpzIl-FL
自己肯定感を持ちなさい、などと、いい年になった人たちに臆面もなく言う専門家がいる。
が、それは、育ち盛りのときに栄養が足りずに大きくなれなかった人に、背を伸ばしなさいと言っているようなものだ。


わかりやすい説明。
現代人をむしばむ「愛着障害」という死に至る病

「死に至る病とは、絶望のことである」と、かつて哲学者キルケゴールは書いた。キルケゴールにとって、絶望とは、神を信じられないことを意味した。

だが、今日、「死に至る病」とは愛着障害にほかならない。

愛着障害とは、神どころか、親の愛さえも信じられないことである。
そして、キルケゴール自身も、愛着障害を抱えていた――。

■「死に至る病」である愛着障害とは何か?   
その原因とは、愛着障害であり、愛着障害とは、生存と種の維持に困難を生じ、生きづらさと絶望をもたらし、慢性的に死の危険を増やすという意味で、「死に至る病」なのである。  いま、この国に、いや世界のいたるところで、経済的豊かさを追求する合理主義や、個人の利益を優先する功利的個人主義の代償として、「死に至る病」が広がっている。

(中略)

■愛するに値しない自分、大切にしてもらえなかった自分
 彼らが自分のことを、愛される資格がない、生きる値打ちがないと思っているのには、その確信の根拠となる原体験がある。

彼らにとって最も大切な存在が、彼らをあからさまに見捨てたか、かわいがっているふりをしていたとしても、本気では愛してくれなかったのだ。
「本気で」とは、口先ではなく行動で、ということであり、彼らがそれをいちばん必要とした幼いときに、彼らのことを何よりも優先し、気持ちだけでなく時間と手間をかけてくれたということだ。大切な人が、彼らのことより他のことに気を奪われることがあったとか、自分自身のことや生活のことに追われて、どこか上の空であったというとき、幼い子は「自分はいちばん大切な存在だ」ということを味わい損ねてしまう。

 自己肯定感を持ちなさい、などと、いい年になった人たちに臆面もなく言う専門家がいる。が、それは、育ち盛りのときに栄養が足りずに大きくなれなかった人に、背を伸ばしなさいと言っているようなものだ。

自己肯定感は、これまでの人生の結果であり、原因ではない。
それを高めなさいなどと簡単に言うのは、本当に苦しんだことなどない人が、口先の理屈で言う言葉に思える。

いちばん大切な人にさえ、自分を大切にしてもらえなかった人が、どうやって自分を大切に思えるのか。

むしろ、そんな彼らに言うべきことがあるとしたら、「あなたが自己肯定感を持てないのも、無理はない。それは当然なことで、あなたが悪いのではない。そんな中で、あなたはよく生きてきた。自分を肯定できているほうだ」と、その人のことをありのままに肯定することではないのか。

自己肯定感という言葉自体が、その人を否定するために使われているとしたら、そんな言葉はいらない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191009-00306661-toyo-soci&p=3
スポンサーリンク
"自己肯定感は、これまでの人生の結果であり、原因ではない。"
俺も今でも苦しんでる
最近「自己肯定感」の意味が一人歩きしてるというか、本来の意味じゃない解釈をされているツイートを何度か見たから気になってたんだよね。
愛着障害、愛着形成って言葉がもっと一般に広がればいい。
▫️愛着障害チェックリスト

・「はい」が2個以下なら、愛着障害のおきていない〔愛着 安定型〕
・問1~7に「はい」が多かったなら、〔愛着 回避型〕
・問5~10に「はい」が多かったなら、〔愛着 恐怖型〕
・問8~13に「はい」が多かったなら、〔愛着 注目獲得型〕
愛着障害がトレンド入りしてて何事かと思ったら、そういう記事が出たのね。

愛着障害のことを新しい障害だと思ってる人がいるのはまあしょうがないと思うんだけど、1番の驚きは自称ACの人達が愛着障害の記事を読んで初めて愛着障害を知ったらしいこと...
愛着障害って言葉は初耳でしたが、人間は

愛情欲求(愛されたい)

独立欲求(自分でやりたい)
反抗期や思春期

愛情欲求(愛したい)

という流れで成長するので、親が子供に愛情を注ぎ、愛されたいという思いを満たしてあげるのは超重要

最初の愛情欲求が満たされないと、人生おかしくなる。
愛着障害のやつ見るに、ほんとに自分子育てとか出来ないなって思う。
「最も愛情の欲しい幼少期に一番愛してもらえなかった」って逆に親になった自分に求められたとしても出来るか分からない。
言うのは簡単だけど施すのはほんとキツいと思う。
これまでの人生の結果であって、高めようと思って高められるもんじゃない。どうすればいいのかね。。。

"自己肯定感は、これまでの人生の結果であり、原因ではない。それを高めなさいなどと簡単に言うのは、本当に苦しんだことなどない人が、口先の理屈で言う言葉に思える。"
元記事が説明のみで終わってる
じゃあどうするの、がわからないんじゃどうしよもないね
義務教育欠損な私も含め、関わる人がなんだかんだのすべてをそのままを受け容れてあげることかなあと。
解決方法は外的にはない
解決方法は
『内的に自身で折り合いをつける』のみ

私の場合、
『理想の両親のペルソナ』を自分で造り上げて、『本来の満たされていない私』を満たしている

言わば『客観的自己』を用いた『対処療法』をずっと続けている様なモノだ
一度かかると治癒はなかなか困難ですね。人間にはアガペーの愛は無理だとも言われているから。しかしそれでも、あなたは大切な人だ、といい続けるしかない。人間にはそれしかできない。
ないものはないのだ
そこを見て初めて積み直せる気がするよ
※関連タグ
愛着障害
死に至る病 あなたを蝕む愛着障害の脅威 (光文社新書)
岡田 尊司
光文社
売り上げランキング: 10