mig (5)
「精神科いくと逆に病気になる」
みたいな書き込み見るたびになんだかなーと思ってたけど、
この前たまたま処置した人のお薬手帳、1軒の心療内科からの処方が

抗不安薬や抗うつ薬など精神科系のお薬17種(うちベンゾジアゼピン系のみで7種)

だったのは、流石にこれ病気になるなと思った。
スポンサーリンク
大学病院の閉鎖病棟に入院が必要になるような方でも、
2、3剤で管理されてるのをみてきていたので衝撃でした。

患者希望のままどんどんお薬増やしてしまう先生もいるとは聞いていましたが…。
ちなみに外科の立場からいうと、
抗精神薬など多量服薬されている患者様の手術はリスキーです。
気づかぬうちに副腎不全になってる方もおられますし、
循環動態に影響するようで全身麻酔で血圧が下がって心停止という症例報告もあります。
術後を考えても精神科の先生いない病院では手術しづらいです。
引用元
これはマジであるンゴ
これなあ。

本当は具合悪くなってでも減薬試してほしいんだけど、
月イチしか来られないから試すの怖いとか、
忙しいから悪くなるわけにはいかないとか、
そう言われたらこっちも減らせないんだよなあ。
いくら生活指導しても不規則な仕事してる人だとキツいもんねえ。
よく多いねって言われてるんですけど
もう飲むだけでお腹いっぱいになり、副作用も酷かったです
1日動けないのもざらで、でも人に会って症状が出て迷惑をかけるよりマシかと思ってましたが
薬を飲むことも辛くなります
これは(´д`|||)どんな診察したのか気になりますね
私もそれは病気になると思います。減薬にも苦労しそうです…。
精神科の門前薬局の薬剤師の方達が「薬が何十種類も一包化で処方されて大変よ〜」とか言ってたけど、やっぱそんな何種類も飲ます処方おかしいよなぁ…
おかず一つ分くらいの薬を毎食後飲ませてる自覚あったのかな。
妹から相談を受けた「妹の友人の夫」の話。
しかも2ケース。
どちらも、話を聞く限り、ものすごーく残念な診療を受けている様子。
あー、ネットでしか見たことなかったけど、こういうケースって決して稀じゃないんだな、と思った。
患者も薬についてある程度正しい知識付けないと、大量処方される危険があるって案件だな。
あたしは先生と薬調整は相談してやりくりする感じ。
長いと色々な薬試してるからな。てか、こんな大量処方、保険通るんだなww
担当した患者さんが精神科の多剤処方で、その絡まった糸を丁寧にほどくことができるのも、すごい精神科医だけなんだなぁと。
全く内科的な治療が効かなかった症状がきれいに治っていく様子は魔法にしか見えなかった。
とある認知症専門医に通院していたとある患者さんは計20種類以上の薬を処方されていて、慎重に減薬して6種類まで減らしたら、MMSE,長谷川式も明らかに改善しました。
「足し算」の処方はできても
「引き算」の処方ができないDrは少なくありません・・・