f028c20f-s
「いじめたつもりはない。遊びだと思って嫌がっていることをやった。」
って人のすごいところは

「へえ。じゃあこちらも遊びだと思って同じことをしてやろう」という思考の人を絶対に選ばないところ。

反撃をしてこない人を敢えて選ぶ点が「いじめたつもりはない」の言い訳感をより一層深めている。
スポンサーリンク
引用元
ホントそれ。なんなのあの反撃できない奴を嗅ぎ分ける嗅覚は……
何かやる人は「こいつは何やっても大丈夫」って人間しか選ばない。
「じゃあこちらも遊びだと思って同じことをしてやろう」と反撃したとしても、どこからともなく「いくら嫌でも同じ事しちゃいけない」という二次レイプを受ける。
「反撃しないだろう」って思考で行動してるから実際に反撃された時に「いきなりキレた」や「え、こわ…」みたいなサイコパスを見た時の反応しだすから怖い。それもわざとではなく本気で思ってるのがホントに恐ろしい
「何本気になってるの?もしかして冗談通じない人?」

いじめに対しての詭弁、言い訳。
こういう職場いじめって何度も見てきました。
「ここでタヌキ獲っちゃ駄目だろ!」
「タヌキじゃないよムジナだよ。」
感。
「いじめではない」と言葉を変えているだけ。
時に「遊び」、時に「冗談」、時に「親しみを込めたスキンシップ」

やられた方の痛みは言葉を変えれば消えるのか?
ワイの骨折は言葉で骨くっついたのか?
そういう奴は他人に同じことを「遊び」だとやられたら絶対激怒しますよね
過失だと言いたいのだろうが、相手を巧妙に選んでいじめているのなら、それは故意的によってでしょう。弱いものいじめは本能的なものなのでしょうか?
子供がいじめの対象を選ぶことについては、無意識のリサーチが働いているのではないかと思います。弱い者を選んでいることは確かなのですが、無意識の選別だからその理由をいじめっ子も言語化出来ません。だから、何が気に入らなくていじめるの?と尋ねると「全部」としか答えが返ってこないのです。
人間はどんな時も相手を選ぶんですよね。この人なら虐めても大丈夫、この人なら強気に言える..どんなにテレビで強気に出てる芸能人も自分より上の人間と接する時は臆病になると思います
いじめてる方は本当に「いじめたつもりはない」と思う。感覚的にはいじめてるというよりも、子供が蟻や小さな虫を踏んずけて遊んでるようなもの。大人が見ると嫌な気分になるのだが、本人たちは何も感じていない。
相手を選び間違え「ふーん、じゃあこちらもおんなじ遊びしてもいいよねー」となった途端に超絶本気で被害者アピ。あれは絶対に頭がおかしいので、普通の人間の価値観で対応を求めると普通の人間だけがどんどん傷ついていくんですよ。申し訳ないが被害者もそこわかったほうがいい。
この気持ちすごく良くわかる。
私は偶々、反撃してこなさそうに見えて反撃するから、虐めてきた人間のやっちまった感のある顔やそんなはずじゃ無かった感の顔を何度も見てきた。
そいつらの顔は虐めやすい人間を虐めてますの顔だったよ。
小さい頃、遊びのつもりで言葉でからかってた子いたけど、相手はイジメと捉えてたんだよなあ。数年後、自分がいじめられて反省した。

だから自分は簡単に「そうだね」と言えない。

自分がやったイジメ、忘れてない?
または認識してないんじゃない?
そういう怖れをチラとも抱かないのが恐ろしいと思う。
嫌がっていることをやる=遊びだと思ってる、ってとこから直さないとね…
戦うみみちゃんと不条理な世界
うさぎのみみちゃん
KADOKAWA (2019-07-26)
売り上げランキング: 46,619