e366b5bfd1751933f6144bd40403a50b-620x434 (1)
「優先順位がつけられない」って1言で言うけどめっちゃ種類あるよ( ・ิω・ิ)

ADHD
・思考があちこち飛ぶので優先度振り分けの時間が取れない。
・優先度が分かっても気になったことが脳を突如占拠する。
・優先順位に従うのが退屈。


ASD
・優先順位の振り分け基準が多すぎて、最適が見つからない。
・こだわり拗らせて独特な優先順位になる。でも、これじゃないと動けない。
・他人を認知しないので「人に頼る」という選択肢がないから、一人でさばけない仕事で積む。
・同様の理由により人を待たせるから優先度を上げるという考えはない。何度お説教されても絶対にな!
スポンサーリンク
ハイブリット(私)はこれら2つの性質が合わさって最凶となる!
引用元
優先順位が違うってめっちゃ怒られる
この、優先順位に従うのが退屈
とてもわかる…
客観的に見るとあり得ねぇのに…
うちのAS D親父はひとの意見を百パー聞かず自分のやりかたで押し進め、周囲は仕方なくそれに従ってる状況。しかもそのやり方はいつも見当違いな結果に終わる。
振り分け基準が細かすぎ、かつ、あちこちに思考が飛ぶ派です…。
しかも、内容を文字に起こしてもダメ、声に出して人に聞いてもらってフィードバックもらってやっと落ち着いて考えられる、と言うややこしい者です汗
ASD当人ですが
進行中の作業があると
それを一旦横に置き
置いてる間に次の事を頼まれ
順に片づけてる間に
また別の事を頼まれ
並行して進行しているうちに
本人がキャパオーバーで
フリーズ、熱暴走するタイプ。

私の場合
何が先か以前に必要なのは
断れる勇気と瞬発力
小さい短期記憶の箱に入れる

その間に別のこと考える

思考が飛んで箱の中空になる

はじめに戻る
これ全部なので、サラリマンになってみたら死ぬほどつらくなってる。
優先度がわかっても気になったことが突如脳を占拠するってのがわかりみ強すぎてビックリ👀‼️
てことは、私の優先順位つけられなさの基準は…これで考えた場合、完全にASD的ということになります(´•ω•`)
jetblack_0000 リプありがとうございます。

ASD系の困りがADHD的なシステムで起こることもあるので、発達障害と関われば関わるほど「これもうわっかんねぇな…」となります(笑)
私はADHDですが、優先順位の基準が多すぎて最適解がわからないというのに凄く共感します。
ADHD的な思考の煩雑さに加えて『最適解』を求める事へのこだわりがあるので、更に面倒な事になってる気がします。
自分のベースはASDだなぁと思う。
優先順位の基準があちこちあるのは、自分自身の中でもそうだし、他人にとっての優先順位も気になり出してまとまらなくなる。
そこに気移りもちょっかい出してくると、順位なんて考えずに取りかかった方が良かったんじゃないかとなる。
「こだわりを拗らせる」にあたる
私はADHD優勢かなあ。
でもASDもあるなあ。
できない理由が退屈ってのに笑った。

頭の片隅でずっと宿題が気になっていたけど、手がつけられなくて、「覚えていたいたけどできませんでした」と言ったら叱られるから、宿題を忘れましたって言い訳してたな。

本当に忘れている場合もあるけど。
ADの小5の息子がいます。
やるべきことがあって、やらなきゃいけないのはわかっていて、やりたくない訳でもないのに、とりかかれないのはどのような感覚なのでしょうか?
息子に聞いても、自分でも何でなのかわからないそうなのですが…
UlIfCsUxm1TwBeB 状態Aから状態Bへ切り替えるのを部屋の移動と例えると、2つの理由が考えられます。

部屋Aを出られない
・今してることが面白い
・キリの良いところまで止められない
・部屋Aの内装が華やかな(今してることがインターネットなど次々に情報を与えてくる)場合、脳が処理作業を脱せない↓
部屋Bに入れない
・やらなきゃと思うほどやるべきことが実際以上に辛く苦しく感じる。
・段取りを予想できない。
・たとえ段取りが明示されていても、作業の質量を把握できない。

例)「ビー玉を探して」
砂漠から探すほど難しいのか?お道具箱から探すほど簡単なのか?判断できない。
質量把握できないとは、自分がその作業でどれだけの体力を消耗するか予想できないということです。

この問題は、こうして講釈たれてる私自身解決しきれていない認知(本人の受け取り方の)課題です。

お子様にどのような対策がマッチするかはわかりませんが、長い目で見てあげてください。
私の場合ですが、嫌な事だけじゃなくて、旅行の準備など楽しい事に対しても先延ばしが発動します。

5分で済む内容(電話予約やポストに投函等)をやろうとずっと気にしてるのに、完了に2ヶ月かかるなど、内容の簡単さや重要度や楽しさと、できたできなかったが比例していません。
困っています。
気になったことが突如脳を占拠するのめっちゃあって優先順位が守れない…
最近は気になるものから爆速でやるのが一番早いなぁと思ってる。
仕事&生活の「困った! 」がなくなる  マンガでわかる 私って、ADHD脳!?
司馬理英子
大和出版
売り上げランキング: 4,870