img_2500909995bca0ad58a0a86682abb38418155
武田砂鉄のラジオでバービーが
「自虐するってつまりその人の中に差別的思考の物差しがある。自虐の時代は終わった」
という旨を語っていてイメージめちゃくちゃ変わった
知的さがすごいのでテレビとかでももっとこういう話をしてほしい
スポンサーリンク
引用元
わかる。自分を(責められないように)盾にしながら、その人の中の暗い差別意識の物差しを見せられてるからどんよりするんだよね。
あと同じ系で『この夏もデブのまま終わるつもり?』とかのダイエットツイートもね…。
努力してる自分を盾にしながら、誰かを見下す灰暗い物差しを見せられてるのがね…
わたしが過度の自虐ネタが嫌いな理由が言語化されてる、気がする。
「自虐」と「他虐」は背中合わせなのかも。
自虐ってある程度は処世術の一貫だったり場を和ます術で使うときもある
けど、ガチ自虐なのを発信してしまう人はこの思考を取り入れたら楽になるのでは?
海外の俳優(誰だっけ)が、自虐的な人にイラッとするけど、そのイラッは差別的な人を見ているときと同じイラッ…って言ってたのを思い出す
自虐ネタは差別的思考の物差しがあるから成り立つ...とても納得。モヤモヤはここからきてたのか。

そして差別的思考をしてしまうのは自虐する本人が原因じゃなくて、物差しをグイグイと押しつけてきた社会が原因。世界一、女の子が見た目に自信を持てない国日本... ぐぐぐ
自虐で笑わすとかどぎついネタ芸はどっちかってと関西とか方言の響きの愉快さで誤魔化し利く地方の文化ですのでねえ
標準語の自虐なんかってマジネタに聞こえすぎるのでもともとなじまない気がする。
バービーさんカッコいいなあ。彼女の本棚のラインナップがすごいと聞いたことがある。カッコいいなあ。
そんなバービーなのにテレビだと
「ブスのくせにオシャレしてる女」扱いされたり「ブスのくせにモテる女」扱いされてる。
私は相席スタートのあの人のようにそれを笑いのために望んでいるタイプの人だと思ってた…そうか、バービーは耐えてたんだ。戦ってるんだ。だから堂々としてるんだ…カッコイイ
自虐の時代は終わった…今、このツイートで自分の中の自虐は終わった。

人より劣っていると自覚することがあっても、それを笑いのネタにする必要はないのだ。人より劣っているとと自覚することがあれば、それを受け入れるor声に出して自ら越えていくように成長する。ネタにする必要はない。
これは本当に気付かされるしハッとさせられますね。
劣等感と人間関係 (アドラー心理学を語る3)
野田 俊作
創元社
売り上げランキング: 70,863