知り合いがミソフォニア(音嫌悪症)という病気だった話①
♯ミソフォニア
スポンサーリンク
知り合いがミソフォニア(音嫌悪症)という病気だった話②
♯ミソフォニア
知り合いがミソフォニア(音嫌悪症)という病気だった話③
♯ミソフォニア
引用元
あ....これ症名あったのか....!!!!!
私もこれだ…!!
水道の音が一番ダメ。
怒りがマグマのように沸いてきて爆発しそうになる。


かなり抑えこんでるけどしばらく怒りがひかない。自分でもどうして何に怒りが沸くのか分からなかったけどこれだったのか
あの我慢できなくて泣き出すほどの嫌悪感はちゃんと名前があるものだったのか。
交通機関等では耳栓代わりのヘッドフォンでなんとかクチャラーの咀嚼音を凌いでいるけど、食事の席だとさすがに無理。どんなに好きな相手に対しても瞬間的に強烈な殺意を抱いてしまうのが辛い。
こんな名前があったんだ!

自分もコレなのかなぁ。
風船をたたく音…
20過ぎてからも、知り合いのお子さんにデカい風船で叩かれて、体が強張って動けなくなった…
頭の中で急に再生されて不安になったり、眠れなくなることもある…
ここまでひどくはないけど、

・瓶からグラスに水を注ぐドプドプ音
・ポットからマグカップにお湯を注ぐジョボジョボ音
・口元が緩い人の咀嚼音


上記3点は聞こえた瞬間音を出した対象に殺意が湧くし逃げ出したくなるし色々我慢できなくなる
ミソフォニア、発達障害の感覚過敏からきてたりしないんかな? 
わたしも強い光、大きい音、気温変化がダメ、人ごみや他人の顔が気持ち悪い(視覚的に)、基本無臭じゃないとダメ、特定の服じゃないとダメ、とかあるけど、これは感覚過敏からきてる。
私もミソフォニアではないのですがASD(自閉症スペクトラム)を持っていて感覚過敏に悩まされています。一番酷いのが聴覚で、普通の人は殆ど気にしないような音、ほんの些細な音でさえ耳元で出てるような音に感じてしまいます…
アスペルガーや高機能自閉症にも似た症状があるんですよね。
人より五感が研ぎ澄まされてしまうんです。
だからこそ、生活音を遮断できずに、うるさい!ってなって我慢できずに教室を飛び出してしまう子も多い。
その女性も病名は違えど、繊細で過敏な五感を持つからこそ、苦しんだんですね…大変だ😓
自分は音が「痛く」感じる聴覚過敏だから違うかもしれないけど、特にきついのが電話の保留音。お待ちくださいの一言でこちらの返事も待たずにいきなり流れ出すことが多いし、途切れるまでひたすら聞いてなければいけないシステムなので逃げられない。本当に地獄。
非常に興味深い…隣の席がクチャラーだっただけでも嫌なのに更に嫌な感じになるとか大変そう
家族がこれでした

「怒り」が強く 他罰的で
身内に対して自制心を欠くタイプの患者だと
周りもしんどい
赤ちゃんの泣き声ダメって人も、もしかしたらこの病気かもしれませんね……
調べまでみたら割と最近研究され始めてるみたい。心理学的知見を積み重ねていかないとなぁ。
引用元