66b44bb2
「しっかりしている人が自立するんじゃなくて、
甘えられる人が自立する」


先日、長年カウンセラーをしてきた方と話をして衝撃を受けた言葉

人の心は受け入れられてこそ成熟するから、
幼少期過度な教育や理想を押し付けられてありのままを受け入れられなかった人は、
そこで年齢が止まってしまう

のだと
スポンサーリンク
追記。
実はこの話「本当はもっと母と仲良くなりたいけど、母があまりにも父と自分に厳しい性格をしていて難しい」という相談者さんへの回答として出た言葉でした。
「じゃあお母さんも幼い頃そうやって育てられてきたのかもしれないね。見た目は大人でも、中身はその時の年齢で止まっているのかも」と
大事なのは、「人の心は受け入れられてこそ成熟する」という事。
つまり一度止まってしまった時も、また動かすことはできるという事でした。

他の人を動かすにせよ、自分の時を動かすにせよ、まずは現状を受け入れてあげる事から。
否定を堪えてまず認め、それから一歩ずつ前に進めるようにできたら🐧
引用元
あー確かに。
そりゃそうだわ。
........(刺さりすぎる

なんだかんだで「できる人」は誰かに頼るのがうまいもんなぁ...
これは真実です。
子供の頃しっかり甘えられた人は自立できる。
甘えられなかった人は心が満たされず子供のまま。
衝撃です。
でも、振り返ると、そうかもしれません。
全てのメンタルが、それに通じる気がします。

『受け入れられてこと成熟する』
これはメモっておきます。
否定では、何も進展しないのですね。
納得。“小さな大人”でいざるを得なかったのはキツかった。
でも、子ども扱いして甘えさせてくれる親以外の大人がいたから、そして、今は適度に甘やかしてくれる(笑)人がパートナーになってくれたから、生きていけているのだと思う。
これは実感しますね。
甘えられずに大人になったので、甘え方が分からないですし、甘えてる同僚にもたまに腹が立ちます。幼稚性が残ったまま大人になったなぁ、と思いますよ💦
私がセックスできたいのもこれが理由か。納得した。
受け入れられることで、受け入れることができる人間になれるってことかなー
誤解されがちだけど自立へのプロセスとしての甘えって本当に大切なもの。
甘えさせてくれて自己を認めて受け入れてくれる他者に存分に満たしてもらって初めて自立へと踏み出せる。
昔、若い頃にまわりの大人から
「一人で生きて行けるようになってこそ初めて大人」と言われていたけど
そもそも人間は一人では生きて行けないし
社会から孤立したらお金も食糧も何も入って来なくなる
「自立と孤立は違う」
「自立とは依存先を増やしていくこと」

昔お世話になったカウンセラーの方の言葉を思い出す。
「自立とは、依存先を増やすこと」って言葉を聞いてから気持ちが楽になった覚えがあるな。その時々で必要な人・物を取捨選択することは1つのスキルだもんね。子供たちにも親以外に頼れる場所をたくさん作って欲しい。そして子供に頼られるような人間でありたいな。
でかい傷を受けると、その傷を受けた時点で時が止まってしまう場合が多々あるのはわかる。だこらこそ知りたいのは、その時間の動かし方なんだよね。
自分の中に未だに"幼さ"を感じます。
それは、
誰かの期待に対して過度に応えようと背伸びしている様かもしれない。
親の期待に必死に応えようとしていた子どもの頃のような。

年齢を重ね、自分の限界を知り、
人に頼ることを覚え、臆せず泣き言を言えるようになって、
成熟する心もあるんですね。
安全基地が機能してるから安心して外に出られるんだよな。
だから「毒親から離れてひとり暮らし」の難易度がめちゃくちゃ高いわけなんだけど、それを理解できずに「そんなに嫌なら家を出れば?」って言っちゃう人は多い。知らないから。
これは一理あるかもね、抑制されて育ってきた人ほど不意に、「この人10代で精神年齢が止まってるな…」と感じる事がある、あんまりいい意味じゃなくてね。でもそれってなんだか理不尽だよなーだって本人は好きで抑制されて育ってきた訳じゃないんだしさ…
よく聞く話だし、周りを見てもその通りなのだろうって思う。
ただ、子供側じゃなくて親の立場で考えたとき、
私は子供たちをしっかり甘えさせてあげられてるのか?ってすごく怖くなる。

親が「充分甘えさせてる」と思ってても、子供がそう思ってなければ意味がないし。
「私は子供の頃甘えられなかった」
これさ、誰かしらに甘えたとき、全員にいい顔されないのはどうしたらいいの? それを受け入れろということ? それなら甘えないほうがマシ
これ、「甘えを適切な形で出せる」というのも大事な気がする。
俗に言う「強がるのではなくちゃんと弱がれる人」。
弱さを見せたり完璧でないことは悪いことだと思ってると他者に対等にお願いすることができず、ひたすら我慢するか、もしくは力やハラスメントみたいな形で依存しがちなように思う。
適切な甘え方って難しいよね。
いや。多分甘え上手な人ってそれが適切かどうかなんて考えてないと思うんだけどね。
これ言葉尻だけで理解すると勘違いするんじゃないかと思うんだけど、
『甘えること(言動)ができる』ではなく
『自分の甘えを最終的には受け止めてくれる相手がいる(甘えられる環境がある)』人は自立できる、

んじゃないかなぁ
演技したり、自分を殺したりして、
ありのままを受け入れる事を許されなかった時間。
それを取り戻し、自立するには、
その倍以上の時間が必要になるんですよね。
愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)
岡田 尊司
光文社 (2011-09-16)
売り上げランキング: 3,560