自己肯定感がひくかった私におきた「ヤバイこと」についてかきました✒
スポンサーリンク
自己肯定感底辺すぎて、自分のダメ出しを自分でする(そうする事でいざ人から言われた時に「それは自覚してるヤツだ」と思ってダメージを減らす)という癖が備わりました。
気付いたら私を1番誹謗中傷して虐めるのは私自身になってました。
クッソ分かる
くだらない話題でも同意されたりすると涙が出てくる
自己評価低すぎるのか、肯定され慣れてないからなのか...
これすぎる
歩いてて人から見られてるの多くて怖いなんで見る?変?って不安になる(多分でかいから目立つだけなのに)

99人褒めてくれても1人の悪口でどん底に落ちる

自信満々なれる催眠術かけてほしい本当に😭
なんか治療とかないの😭
ほんまこれ。
自己肯定感を高める本読んでも、「んなわけあるかー!」と思ってしまう。
というか、ダメなところも肯定するのがまず無理。
ダメなのは直さないとダメなところって感じです。
まじでこれ自己肯定低い人にしか伝わらないけど、本当にそう、これ。
批判の声は答え合わせでしかなかったし、それがだいぶなくなった今も未だに批判の声は少し萎縮してしまう。

あと自分を出来ないと思っていたり、バカにしてる人をすぐ見抜くアンテナも備わっている…
いつも自分のことを低めに評価しています。
自己肯定感がないのもあるんですが、万が一傷付くようなことがあったときに保険をかけるため、ですかね…

あと被害妄想って言われるかもしれませんが近くで人と人が内緒話みたいなことをしてると自分のことを言われてるんじゃないかと不安になります💦
「自分に自信が持てない」以外に「完璧主義」な場合にも、自己肯定感は下がることがあるかな。
私はどっちも経験したw
分かりみが深い。。。
自己肯定感低いと最悪氏ぬから、大袈裟でも何でもなく、ほんと、まじで、やばい。経済的に余裕があったり、友人が多くて、社会的地位がある人でも自己肯定感低いと最悪氏ぬ人いると思うよ。
何となく自信が持てない
人といるのがしんどい
ってレベルから

心の病
自殺
などの問題まで

なかなかハッキリと分からない形で
自己肯定感は
人の人生に影響を及ぼしているんですね。
すごく分かる。
そして自己肯定感を高めるために何をして良いのか分からなくて今でも悩んでる自分がおります😢
自己肯定感を一瞬であげるには、自分以外の世界を全部ダメなものとして認めればいい。自分をダメっていうぐらいなら、世界がまだ追いついてこない「全くセンスの無い世界だぜ」って世界のダメさを認めつつ、その世界に自分を分からせるための仕掛けをしよう!
無理に自己肯定感を高めようとせずに自己肯定感が低いことを武器にすることも可能なのでは、と考えたりします。
少しズレてる意見かもしれませんが、死にたがりや自殺した芸術家の作品には素晴らしいものも多かったりしますし
自己肯定感は低いままだが、仕事をすることで客観的な評価で自分を見られるようになってはいる。
自己肯定感は低いので、自分の自分に対する評価も信用していないので、売り上げだけを信じてる。
自己肯定感を高める唯一の方法は

「自分についてなにも考えないこと」

言っておくけど自己啓発や成功体験の積み重ねしようとかなんの役にも立たないどころか余計悪化するよ
親友が「俺はこんなにダメな奴だけどそんなダメな自分が大好きだ!悪いか!」って凄く卑屈だけど絶対負けないって攻撃的な笑顔で世界に啖呵切ってくれてから、自分も楽になれました。
コンピテンシーが残念ながら1の私、自己肯定感を得るために頑張ろうと決意してからはや2ヶ月…自己肯定感はそんなにすぐに身につくものじゃないね、頑張ろう…
引用元
自己肯定力~そんなことで私の価値は変わらない~
鴨頭嘉人
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 49