images (89)
毎年この季節が来ると思いますが、自由研究って丸投げすぎません?

「研究とは何か」
「どのように取り組めば良いのか」

この辺りをもう少し教えた上で出せばいいのに、もったいないといつも思います

研究のけの字も知らない小学生に『自由』という文字をつけてごまかした丸投げな宿題、自由研究。
スポンサーリンク
めっちゃ思う。
そう、やり方から分からなくて困り果てて
図書館に「自由研究の本」を探して来館する親子の毎年多いこと。
なので、僕は夏休みの宿題をマトモにやったことがありません。
自由研究は適当。炊飯器に入れる水の量を50CCくらいずつ変えて、おかゆから芯ありご飯までの水の量を並べてみたりとか。
わかる 自由って言われても困る

小学生の時、「亀は雑食らしいが好き嫌いはないのか」を確かめるべくペットの亀に色んな餌を与えてみたところ満遍なく全部食われたので「亀は好き嫌いはない」という結論になった私の糞雑自由研究wwwww
本当にそう思います。
授業で研究のやり方を学んで、夏休みにやるテーマは自分で決めましょう…ならまだわかりますが、普段何もやっていないに等しいのに「さあ自由に研究してみましょう」と言われても。

そうでなくても他の課題もある中、家庭の負担は大きいです。
自由研究ってなんか資料をまとめるだけで終わってしまっていた印象です。
「研究」とはなんであるか、ということを小学生の時に教えてもらった覚えないですね。
研究って白衣着たハカセが試験管振って、それをビーカーの別の液体に混ぜてちゅどーーん、という貧困なイメージでしたw
研究ってそんなもんじゃないか説
教育として見た時に果たしてそれで良いのか説
だからこそ親の教育への関与レベルが露呈して僕は好きだった()
家庭の環境がもろに出ます。
読書感想文もね
読書感想文も同様に。
ノウハウも教えずに丸投げするなんて無責任な宿題だよね〜
おかげで工作以外の夏休みの宿題苦しんだ記憶しかない
それは、読書感想文にも言えると思います。
小学生になってまだ、カタカナ習ってる最中なのに、感想文なんて書けるわけがない。
一年生以降も文の構成も教えてない時に、親に丸投げで。
頑張って書いても、夏休みの明けに先生から聞いた言葉は、「これをコンクールに出しますか?」だけ。
読書感想文にも言えますね。
宿題の出し方が自由研究も読書感想文も雑すぎます。
自由と放任を履き違えているというか…。
出すからにはもう少し丁寧に考えてほしいものです。
かねてより読書感想文という宿題に同じ疑問を持っている

読書感想文は小学生には難易度が高すぎる

あまり大きな声では言えないが、
おそらく多くの先生ですらろくに書けないと思う

これは決して誹謗ではない
それが普通なんだ

読書感想文とは
それだけ高度な技術と思考を必要とするものなんだ
自由研究も読書感想文も実質親の宿題になってますね。
親が研究に通じてるかいないかでめちゃくちゃ差が出るよね。いつもただの調べ学習で終わってたわ💦
大学の学部生だって、自由研究じゃ厳しい。
大学であっても「議論してみましょう」や「質問ある人?」は意外と丸投げ状態になったりしますね。
「議論している状態とはどのような状態か」、「問いを立てるとはどのような行為か」がわからない学生は少なからず存在する。わかったような顔してても、議論もどきで終わることも多々ある。
出す側の小学校の先生がまずほとんど研究したことない人間なのが問題だと思う
研究とは何か。
その方法とは。

を的確に説明、指導できる教員が、どのくらいいるのだろうか。

もしも、指導できないのだとしたら、指導できるようになるための教員の学びの場と機会が必要、ということになりはしないか。

指導できないから廃止、という方向だけではなく、道を考えたい。
すごくそれは思います
せめて冊子にした参考文献を用意してあげた方がいいのではないでしょうか?
もちろんそれでも本質的に上手く取り組む子は少ないかもしれませんが、ないよりはマシかと
小学生の宿題に新規性やら有用性を求めるのも酷な話である。
やめてくれ
小中学校の頃から研究に先入観与えないで。
「やりかた」を強制しないで。

もったいなくなんかない。
まだまだ未来に時間がある子供たち。そんなところで効率追求しないで。
へたくそで、くだらない研究でいいんだよ。
そういうところから始めるのが学びでしょ。
「自由研究」は、割とガチにやってた派だったな~。
虫を飼ったり、子供なりに歴史系の事を調べてみたり。
研究のやり方なんで全然知らんかったけど、自由にやれるのがいいんじゃないか?
自由研究で自由研究について調べて出した事あったなぁ…
だからまず、「自由研究」という言葉が嫌いになってしまいました。
「自由」に「研究」したい人は、いっぱいいるのにね。
これ本当に思う。去年Eテレで自由研究55っていう番組を見て
「ああ、こうやってやればよかったのか…」ってなったので。

今年も7月25日19時15分から放送予定なので、
自由研究に困っている親子、
自由研究に困っていた過去の自分の亡霊に取り憑かれている大人に見て欲しい!
引用元
aa ASD特性ありの子は読書感想文で躓く一方、自由研究はオーバーキル気味のクオリティでこさえてくるので、夏休み明けの英雄ポジションを取っていた子もいた気がする。