chfzds-e1443758536610
ASDとADHD、両方の特性を持ってると、自己矛盾がすごい。

ADHDワイ「新しい刺激大好き!!」
ASDワイ「知らない場所や新しいこと怖い!!やだ!!」

ASDワイ「鍵はここ!財布はここ!!」
ADHDワイ「ポイ(っ'ヮ')╮ポイ」
ASDワイ「ンア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙」


終始この調子
スポンサーリンク
ADHD特性の方が強いからなのか、特性の内容のせいなのか、大体ASDワイがADHDワイの被害を被ってる…。
くっっっっそ共感できる
長年自己矛盾に悩み続けてきたがようやくその理由が判明した
え、めちゃわかります…!

就活で自己分析してたら、矛盾に矛盾を極めてて、
「これだけど、一方ではこれじゃない…」て書けなくて困りました。
自分が矛盾の塊…
わかる…こだわりだすと部屋を仕組み化してきれいを保ちたいのに、すーーーぐ崩れてどうでもよくなってポイポイなる
わかりすぎる〜…!!!就活の適性検査とかメンクリの心理検査でいつもどれ選べばいいか死ぬほどわからないよ!

好みの範囲が激狭なのに新しい物好き(?)
内気で大人しいのにフットワーク軽い(??)
初対面の人とは話すの楽しいのに友達がとても少ない(???)
仰る通り。

ASDわたし「細かいことが得意だけど行動力がない」
ADHDわたし「行動力はあるけど細かいことが苦手」

ASD&ADHDわたし「行動力がなくて細かいことが苦手」
ASD寄りのADHD不注意優勢って感じなんですがすごくわかります...
置く場所決めたのにものなくすし、新しい刺激もらってもそれでめちゃくちゃに疲れて寝込むとか...
そして過度の不安症になる。
自分が信頼できなくなる
すごい分かります。
こういう二面性を抱えてる人間って傍から見るとホントに「一貫性が無く、掴みどころのない難しい人」なんだろうなと思います。
ちょっと助かるのは、
純粋なASDより変化や刺激に対応してくれる。
純粋なADHDより決まりをつくって守ろうとする。
というお互いを打ち消すよい特性も見受けられることもありますね
自分の中で反発し合うのが面白いな。
知り合いの先生はASDとADHDは合併しない論者だったけど、実際には両方あるという人がTwitterに沢山いるよね。
2つの要素が足を引っ張りあった結果うまくいくというのは夫と同じだ。
ADHDの衝動性で「これしたい!あれほしい!」とアクセルを踏んでも、時間差で「でももし◯◯だったら…」と不安症やOCDのブレーキがかかる。(時々かからないけど)
エネルギーはかかるけど役に立っているみたい。
自分も当初PDD-NOSでASDとADHD半々くらいじゃないかと言われたのでこれはわかる。自分の場合、通常はASD的に行動して、何かエネルギーが充填されるとADHD的な行動を取っているかな。
すっごいわかりみある!!
これが年中続いてるんだから、そりゃ頭も身体もくたびれるし、悩みも尽きないわ。
重なってるところは自己嫌悪すごいし、棲み分けてる部分は矛盾こそないけど他人には理解されない上に相殺されないので突き抜けて生きにくい感ある
子供の頃はASDとADHDの両方の特性強くて喧嘩して、思春期は自己矛盾が激しくて「自分とは?」アイデンティティ(自己同一性)を得るのに苦労したけど、大人になったら、なんとなく住み分けが出来るようになった感じ。普段はASDには眠ってもらって感覚だけ。ADHDを抑制しながら使っている感じかなー??
ASDさんは社会生活には向かないので「君の気持ちは分かるけど、とりあえず寝ててくれないか」という感じ。ADHDさんは行動力はあるけど、落ち着きがないし、ミスも多いので、理性で尻拭いしている感が強い(¯―¯💧)
なんとなくだけど特性=自我でなく、両方の特性を統べる上位自我を作って、そこでコントロールしている感じ。。

もとからあるんやないんや。作るんだよ。。
そもそも両方の特性を持っていない発達障害なんているのかな?
引用元
発達障害グレーゾーン (扶桑社新書)
姫野 桂 OMgray事務局
扶桑社 (2018-12-27)
売り上げランキング: 4,578