スクリーンショット 2019-07-01 22.01.42

スクリーンショット 2019-07-01 22.01.47

スクリーンショット 2019-07-01 22.01.22
スポンサーリンク
引用元
手ブレ補正付きスプーン!
おー、これは便利だな。ジャイロセンサーとかついてんのかな?
こういうスプーンをたくさんの人が待ち望んでいたと思う。
パーキンソンではなく本態性振戦で、震えがひどいため、いわゆる「犬食い」でご飯を食べている人がいた。
その人も、この技術があればスプーンで食べられる!!

※重度の本態性振戦には手術療法もあり、効果は高い。
これはね、高齢者もヘミも、ALSもCPもいろんな人が使えそう

自分で出来るってノンストレスだもんね!
脳梗塞などの片麻痺にも有り難いです
パーキンソン病じゃなくても、で手が震えたりしてしまう病気、またはお年寄りの方にもいいと思います!
高いのかなこれ?
良い。

が、やはりこの手の商品は高い…
これ良いなぁ。よくある自助スプーンと違って振動安定と補正してくれるから自力摂取できるね。
リハテック行けば体験できるみたい。今度行ってみよう。購入は稟議必要なお値段だった…。(;´∀`)
これはすばらしい道具です。
早く安価で普及してくれることを望みます。
応用すれば義手の人にも対応できると思います。
利用範囲は大きいですね。
こういう製品を作らなきゃダメなんだよ・・・日本も。
「必要」「ほしい」「これがあれば!」と思う人がいる製品を。
「これが売れるはず」なんて製品を作ってもたいてい売れないんだから。
安いカメラジンバルにスプーンくっつけるのもありだよね
これはすごい。補助具の枝の部分を柔軟にして、PDの振戦を上手く緩和してる。うちがまだOTSやった時はこんな補助具なかったような気がする。今の臨床ではこんな補助具があるんやね。できることが広がるのは本当にうれしい。
素晴らしい。ヒトが道具に合わせようと努力するんじゃなく、道具がヒトに合わせる。科学の正義。
年を取る場合以外でも病気などで手が震えてしまう人は沢山いる。
他の人の手を借りずに自分で食べることができることは、その人の心を守ることにつながる場合がある。
この器具を知る人が増え、使う人が増えればさらに改良した製品が発売されるかもしれない。
表情がよくなってる
苦痛な食事から楽しい食事に