it_cs_the_nueva_school_05.jpg.rendition.480.480

IQ130以上の子供しか入れない Nueva  School という英才教育の学校がシリコン谷にはあって、
そこの高校生が今インターンで来てるんだけど、色々話がおかしい。

部活でロケット作ってるし、
体育の授業とかあるの?と聞いたらヨガしてるし、
MLの授業あるみたいだし、
今興味あるのは画像認識だそうだ笑
The Nueva School | Learn by Doing, Learn by Caring

スクリーンショット 2019-06-30 19.30.17
スポンサーリンク
生徒がみんな優秀だとなんでもできるなぁ
MLでメーリングリストしか思い浮かばなくて悲しかった。
機械学習のことね!
この学校、有名ですよね!

独自カリキュラムを紹介する番組を偶然、私は見ましたが、

思わず、面白そう!と
声に出してしまいました(笑)

斜め上のカリキュラムですが、
とても論理的で合理的な内容だったのが、印象的でした😊
先日、この学校の研究成果展示会を観に行ってきました。斧をフルスクラッチで自作する(※土を熱して鉄を作るところから)研究とか、ひたすら鍵のピッキング手法を研究して理想の鍵の仕組みを提案してたり、方向性がぶっ飛んでて最高でした。
そういう学校はシリコンバレーにはいくつもあって、グーグルとかオラクルとか、それぞれ独自教育の学校に出資している。
カンアカデミーのカリキュラム使って個人にあった進度で進ませたり、デザイン思考学ばせて、実際に起業やNPO設立につなげるプロジェクトやらせたり。
シリコンバレー式の教育の極みって感じですね。公立小学校でも、東海岸の学校とは違い、大きなテーマを与えられたら、その中で自由に課題はピックアップする、という方式でしたね。
一人一種類好きな生物を徹底リサーチしてボードにまとめるとか。お陰様で妙にサメに詳しくなりました。
以前、ママ友と私立の学校の話をしていた時にこの Nueva も聞いたことがありますが、学費を聞いてしばらく口が開いたままでした。小1で年間$35,655 らしいです。それでも頻繁に寄付をお願いされるとか。恐ろしい。
アメリカの医療と教育費はエグいですからねえ。
カリフォルニアの若者がスタンフォードは一億かかるからと、スコットランドの大学へいきましたよ。
地元で若者教育できないのはやっぱり残念感あります。
学費が年に500万円だったらそれくらいやって当然だよなあと思った。ちなみにロケットなら日本の高専でも1年生から作れる。授業料は25万/年。
日本にも、こういう学校があっていいのでは。
この環境でものすごく成長できるような実力のある子、たくさんいると思うんだけど。
私の出身高校もロケット作ってるから、日本にもなくはない
指導者が国立天文台出身らしい
ああ他国にもあるんだ、聖徳学園小学校みたいな学校が。聖徳もめちゃくちゃ面白いよ!ここもI.Q130以上かな。
大学というのはそういう場所なので、高校生でも3年待てば日本のどこでも、IQが130なんてなくても、お金がそんなになくても、そういう教育を受けられるはずです。
 特殊教育が必要なのは多分、理解力140短期記憶60みたいな子だと思う。大抵ほっとくと使い物にならないから。
親が賢ければ、いろいろ工夫できそう。
そんなんじゃダメなんだろうか?
入学前の子供のIQなんてちゃんと測れないのでは…
IQとか関係なくどの学校でもこんな感じで色々やらせれば大人になって「好きなことが分かりません」的な人を量産しなくなると思う。

"Education" often takes away their spontaneous mind.
英才教育、だけでなく、こどもが持ってる無限の可能性を引き出す教育をみんなが受けられる世の中になれば
IQ130以上 だと
社会適応力が 大変そうだ…
IQで才能を測れるとは思いませんが…
引用元
ギフテッド 天才の育て方 (ヒューマンケアブックス)
杉山登志郎
学研プラス
売り上げランキング: 63,181