splatoon-2-video-game-characters
ADHDの人が処方された薬を飲んだ途端にスプラトゥーンが上手くなった話を聞いて色々恐ろしくなった
スポンサーリンク
コンサータですね…
薬効いてるとき明らかに実感できたウデマエ上昇があったけど、やっぱそうなんか。
以前よりもFPS系などのゲームがやりやすくなりました(笑)
ノルアドレナリンやドーパミンを増やす(正常にする)薬なのでそりゃそうだ、となる
スポーツでいうドーピングみたいで草

e-スポーツではドーピング問題も…

実際e-sports業界ではADHD治療薬によるドーピングが問題になっていて、
プロプレイヤーによる使用が発覚したり、薬物検査が始まりつつあったりする。

https://t.co/GzX4OL9Ods
ちなみにADHD治療薬の乱用は大学生やビジネスマンやエンジニアにも広がっていて、中枢刺激薬をどうコントロールするかというのはADHDが疾患化した社会においては極めて重要な課題になってくると思う。
ADHD勢、そんだけ人生にハンデを負った状態で生きてるんだよね・・・
私は頭の回転数と加集中でねじ伏せて生きてるけど、その傾向は確実に感じるし薬飲んだらどうなるのか試してみたい。スプラみたいなアクションゲーやパズルゲーは本当に苦手。
注意欠陥優勢の人がシューターやると
(その人の個性にもよるけど)
MAPが見れない、撃ち合いと警戒やスコアのカウント(スプラだと塗りの把握)という並行作業が出来ない、ケアレスミスで効率化が出来ない
といった要素で不利になるので
正確には上手くなったと言うより不利が潰れるカンジだと思う。
注意欠陥でボムに引き寄せられるかのように突っ込んだりしますからね、、
まあじか。俺もコレを呑めば、真の力を発揮できるようになるのかもしれない。
ADHDもちはスプラが下手くそな運命にあったのだ。
脳機能を少しでも改善させる薬だからねぇ。
要するに、薬が効く前のADHDはいわばハンデ背負ってる状態で、薬が効けばそのハンデは無くなる
わたしもたぶんそれと同じやつ飲んでますが、体質に合えばなかなかいいですよ
MAMAAAAU ほんとですか…今の仕事では特に自分の性質で困ってないんですけどスプラが上手くなるならちょっと試してみたいかもしれないです
コンサータかストラテラかでまた変わりますが、判断が早くなるようなことは経験上あり得ますね
ADHDの私は薬を飲んだその日からピアノ曲の移調や即興演奏がやたらスムーズにできるようになり、ジャズピアニストが薬漬けになる理由を知りました。
クソリプ失礼しました
anchO3Or_o56ou 頭の中が整理される感じですか?
常に脳内が雑然としてるので絡まったヒモを無理やり引っ張って解こうとするような人生を送ってます
anchO3Or_o56ou 自分の見たいもの、聴きたいものの解像度が一段階、二段階上がるイメージです。それまで、自分の脳にモヤがかかっていたのだと薬キメて気づきました。
集中力が上がる薬……でしょうか?
ADHDって周りに気を取られやすい症状ありますし
うろ覚えですが自分が進められたのは集中できる作用と優先順位が付けられるようになる作用のものだった気がしますが、なんかその話自体が結構怖かったです…ドラえもんの道具みたいですよね
精神系の薬って効能読んでもピンと来ないし何をもって治ったとするかもわからないから何となく怖いのわかります。

ADHD処方薬は「常人に近づくための措置」

横から失礼を。
極論すると「治りません」
「相性のいい薬を服用してて効果が出てる間は常人と同等に振る舞える」
なので、精神科医の仕事は数多くの似たような症状から病因、病巣を正確に分析して、脳の状態に相応しい薬を処方し、合わないと判断したら即座に別の薬に切り替える決断をする

なので
横から…
語弊があるかも知れないけれど…

シャブが“効果時間中だけ超人になれる薬”
だとしたら、
精神系の薬は“効果時間中だけ常人になる”…


と言う認識で良いのかな?
効能や目的は違えど、どっちも“ヤク中になる”と言うのは共通していそう(悪い言い方ですまんが…)
更に横から…

私にとってのコンサータが

【効果中だけ常人に近づける】

薬なんですが、
処方量を守っている限りで言うなら薬剤そのものの依存性というより

【これ飲むの止めたら常人モードになれない】

から

「毎朝これ飲まないという選択肢は基本無い」

程度には依存してますね。

見る人によっちゃ中毒かも?
上手い例えが思いつかなくて申し訳ないのですが、
ここで私が言う【常人】というものがどれだけ遠い高みにあるか…

社交界でみんな当たり前に踊る中、踊りを知らないために逃げ出したいけど逃げ場は無い…とか?
踊れないと周りにまで迷惑がかかる。
それが四六時中、起きてる間は絶え間なく続きます。
でも、この例えでは伝わらない致命的な【設定】があって、
踊りなら練習次第では上達なりあるかもですが
私のコレは自助努力でどうこう出来るものではないのです…

鍛錬で【常人】には近付けない。

その【設定】を時限的ではあれ変更出来るのが薬です。
ちなみに飲めば願ってやまなかった、だけど諦めかけていた【常人】に近付けます。
この体験は衝撃的なんてレベルのものじゃないです。

では飲まなかったらどうなのかと言いますと、私の場合は…

・下手すると死ぬ(運転中の意識消失)
・下手しなくても大体社会的には死んでる(居眠りクズ野郎)
うまくなるだろうよ。
脳みその混線が減るんだから。

でもこの書き方だと健常者目線だと「頭の良くなる薬もらえるんだ」って勘違いされかねない。
もともとマイナスだったチカラが「普通」に少し近づいただけ。

恐ろしくなる薬飲みながら、なるべく迷惑かけないように生きてるよ。
例えると、DBの悟空達が着てた重い服なんだよ(ADHD等)
薬はそれを外すしてくれるんだ
そして、体が軽いこんな気持ち初めてな状態に
まあ常人状態なんだけどね

代償としての「副作用」も

副作用強いから結局辛い
我輩実はコンサータをときどき飲む(モンスターキメるノリで飲む)のだが、思考がクリアになる代わりに食欲が減るのが辛い。
お腹は空くのだが、胃の容積が縮んだようになっていつもの半分程度食べただけで吐き気がする。
作業効率が上がり、食事を取る必要も薄くなると考えれば喜ぶ人もいそうだが。
循環器、神経、消化器の副作用が多くありますけどね。
しかしこういう話で薬物に興味持つ人はいる。
ADHDがADHDの薬を飲むから効果があるのであって、ADHD以外の人が飲んでも気持ち悪くなるだけなので誤解しないようにね!
引用元
Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch
任天堂 (2017-07-21)
売り上げランキング: 42