1179057G1021_000
昨日6月18日、ADHD処方薬「インチュニブ」の成人処方が解禁に。
コンサータ・ストラテラに次ぐ第三の選択肢の登場にADHD民の期待も高まっているもよう。
なおTwitter上ではインチュニブ解禁における注意点などについて、精神科医のてんねんDr(adhdsavetheplan)さんが解説なさっています。

インチュニブ、本日より18歳以上に処方可能になったそうです。
待ちに待った成人ADHDの皆さまに朗報ですね。
塩野義製薬と武田薬品、「インチュニブ(R)錠 1mg・3mg」の成人患者に対する適応追加による一部変更が承認: 日本経済新聞 
スポンサーリンク

第三の選択肢「インチュニブ」とは

インチュニブの基本情報

・商品名「インチュニブ」中身は「グアンファシン塩酸塩」
・高血圧の治療にも使用
・ADHD薬初めての「選択的α2Aアドレナリン受容体作動薬」
・α2Aアドレナリン受容体を選択的に刺激することで、減弱しているシグナル伝達を増強させる
・注意力散漫、衝動性、攻撃性などに作用
・副作用に「血圧降下」→眠気、起床困難などあり(運転は避ける)
・アルコールと一緒に飲んじゃダメ
・コンサータ、ストラテラと違い消化器系の副作用はなし

詳細はこちら(シオノギ公式)
18 歳以上の患者:
通常、18 歳以上の患者には、グアンファシンとして 1 日 2mg より投与を開始 し、1 週間以上の間隔をあけて 1mg ずつ、1 日 4~6mg の維持用量まで増量 する。

小児は体重別ですが、18歳以上の用量は体重依存ではないですね。
この辺はストラテラと同様
インチュニブ裏情報ですが、

関連する神経伝達物質などが従来の精神科薬とは少し違うので、一般精神科のDrはまだ慣れていない方も多いかもしれません。

そのため処方開始する時期がすぐではない医療機関もあると思います。
その場合は焦らずお待ちください。
使いたい…(切実&震える)
ADHDの処方薬のひとつであるインチュニブですが、これまでは18歳以上の人は飲めませんでした。
ただ、武田薬品のホームページによると18歳以上でも飲めるようになったみたいです。
ストラテラ・コンサータが効かない、もしくは苦手だった人は試してみるといいかもしれません。

コンサータ・ストラテラとの違い

コンサータとストラテラとインチュニブ、具体的に何が違うんだ?
3つののADHD治療薬の作用機序の違い

脳内神経伝達物質の働きを調節し、神経伝達をよくすることで症状が緩和する。

コンサータ
ドパミン、ノルアドレナリン増やす。

ストラテラ
ノルアドレナリン取り込みを邪魔するやつをおさえる。

インチュニブ
ノルアドレナリンを取り込む力を強くする。
インチュニブはこれまで小児への認可でしたが
成人適用も可能になりました
コンサータやストラテラと違った機序にて不注意や攻撃性にアプローチします
多動、衝動、反抗挑戦性障害への効能が期待されているそうです。
私は不注意型なのでビバンセ待ちのコンサータ服用者ですが、病院に行くと毎回ものすごい人が1人か2人いますからね。
あれも見ていてほんとにキツそうなんで
これは朗報ですね
インチュニブは衝動性・多動性に効果(Kaienより) 

そして第3の薬であるインチュニブは、ADHDのなかでも特に多動と衝動性に対する効果が期待できるお薬です。グアンファシン塩酸塩徐放錠(α2Aアドレナリン受容体作動薬:非中枢刺激薬)で、前のふたつとは作用の仕方が大きく異なっています。

da6fb829b7057f3985f968aa09d99eaa

 コンサータとストラテラはともにシナプス前(情報伝達物質を放出する側:送信側)のトランスポーター(再取込口)の穴を塞ぐカタチで、情報伝達物質が後シナプスの受容体に届く前に取り込まれてしまうのを防ぐことで、シナプス間の情報伝達物質の濃度を高めて作用します。

 これに対して、インチュニブは後シナプス(情報伝達物質を受け取る側:受信側)のα2Aアドレナリン受容体に結合することでイオンチャネルを閉じて情報伝達物質の漏れを防ぎます。こうすることで脳内での情報伝達効率を高め、機能不全を起こしている脳の状態をよい方向に調整します。

 もともとインチュニブの主要素であるグアンファシンは高血圧の薬です。交感神経の働きを抑えて神経の緊張を取り去る働きもあります。こうした特性から、ADHDとチックや反抗挑戦障害を併発していたり、衝動性の問題が目立つ人には特に効果が期待されています。

詳細はこちら
インチュニブKITAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!
コンサータと相性抜群と噂のインチュニブ先輩!!!
コンサータでアドレナリン、ノルアドレナリンを増やしてインチュニブでシグナル伝達を増強。
アンフェタミンの認可が遅いならこれでしのぐしかないね。
ストラテラで排尿困難になった勢なんだけどインチュニブはどんなもんなんだろう。今度医者と相談してみたい。
1年間インチュニブ治験したんですけど、どっちかというとストラテラに効き方が近いらしいので、併用するならストラテラがいらなくなるかもです。
たまに眠くなるの以外はほとんど副作用が無かったので、ストラテラで代謝がバグったり食欲が減ったりしてたのは楽になると思います。

副作用に「血圧降下」

インチュニブ

・α2刺激には交感神経抑制作用があるため、低血圧、徐脈が高頻度でみられる。

→低血圧もちにはストラテラがあってるんだよな…
インチュニブ興味あるけど、体質に合わなそう
成人インチュニブ、起立性調節障害ODの方は「禁忌」ではなく「併用注意」になると思うので、使えないことはないです。

苦しみが和らぐ方が一人でも増えますように!

血圧降下による眠気も…

インチュニブ
うちはあわなかった。
低血圧がひどくて置きてられず、体も保てず寝てばかりだったなぁ
インチュニブは降圧剤なので眠気が出ることがあるそうですねー
試される場合は副作用に注意(どんな薬でもそうだけど)
インチュニブやばい、朝まったく起きられなくなって今日はバイト休んでしまった😭
昨日の夜の10時くらいに飲んで、今日の午前10時くらいに頭スッキリしてきた感じ。でも朝目が覚められないんじゃ意味ないしクリニックに電話相談したら一旦飲むのやめてと言われた・・・薬高かったのに・・・😭
ちなみに主治医の勘違いで去年?インチュニブ出されて飲んだけど、私の場合は副作用が強く出て、意識を保っていられない強烈な眠気で一日20時間くらい眠ってた。
でも成人が飲める二種類だったADHD薬の選択肢が三種類に増えたのは喜ばしいことだ

精神科医が語る「ADHD処方薬の現状」

ADHDのお薬は日本では3種類しかありません。諸外国では短時間型の中枢刺激薬など他にも選択肢があり、もっと使いやすくなっています。
インチュニブが他の国に先駆けて日本で治験され、成人適応が承認された理由分かりますか?
それは、コンサータなど中枢刺激薬に対する世間?国?の拒絶反応のためです。
例えばドイツなどは小児ADHD薬の刺激薬シェアは94パーセントほとありますが、日本ではかなり低いのです。
世間?国?と書いたのは、科学的根拠などより国民感情やマスコミ報道を気にしすぎている国の対応に疑問を持っているためです
詳しくはいえませんが、コンサータなど中枢刺激薬の規制が今後より強くなっていきます

子宮頚がんワクチンの件と同様
科学の恩恵による国民の健康よりバッシング対策優先
医療者はどれだけ患者さんやその家族、マスコミにののしられても、科学者としてダメなものはダメと言いたいし、救ってあげられる人は救ってあげたいと思っています

なるべく罵られたくないけどね・・
マンガでわかる 大人のADHDコントロールガイド
法研 (2016-08-01)
売り上げランキング: 7,606