d5216d13e124761ed60344c51eedd23f_s-640x372
コミュ障が人間と会話した後にやる、

「あれを言っておけばよかった!」
「あれは失礼じゃなかったかな?」

みたいな1人脳内反省会は、

フランス語で「L'esprit de l'escalier」
ドイツ語で「Treppenwitz」
英語で「Trepverter」

と単語化されており、

あれは全世界で共通したコミュ障の基本仕様らしいな。
L'esprit de l'escalier(レスプリ・デ・レスカリエ)

誰かと話をして別れた後に「あ、アレを言っておけばよかった」と思い出したり、「あんなことを言うんじゃなかった……」という、いまさらどうしようもない後悔の念に襲われた経験が誰しもあるはず。
こんな微妙な空気を含む感情をフランス語では「l'esprit de l'escalier(レスプリ・デ・レスカリエ)」と表現します。

直訳すると「escalator wit(階段のウィット)」という意味を持つフレーズですが、その由来は「部屋を出て階段を降りている時にふと『あ~、これを言っておけばよかった!』と思い出すが、いまさらもうどうしようもない」という状況を言葉にしたもので、いかにもフランス語らしい発想といえそう。

引用元はこちら
何だ、ふさわしいちゃんと名称があるんだ、脳内反省会。
世界中に仲間が(∩´∀`)∩
調べたらtrepverter(トレップヴェルテルと読む)は英語でなく
ドイツの方言のイデッシュ語らしいんだけど英語でも同じように発音して通じるんだろうか??
TREPVERTER (トレップヴェルテル)/イディッシュ語

D7tdgF1UIAEIqi7

直訳すると「言葉の階段」。
あとになって浮かんだ、当意即妙な言葉の返し方。
『翻訳できない世界のことば』(創元社)

「これはドイツの一地方の方言であるイディッシュ語にある言葉で、“トレップヴェルテル”と読みます。直訳すると“言葉の階段”なのですが、階段を下りきってしまってから、あるいは角を曲がってから、皮肉で思わず笑えるような一番良い返しを思いつく……、そんな状況をひと言で言い表した言葉です」(訳者・前田まゆみさん)

たとえば上司に理不尽なことを言われて、後から良い返しを思いついたとき。「あー、なんであのとき思いつかなかったんだろう!」とモヤモヤしますが、この、自分の悔しい気持ちをピッタリ表現してくれる言葉をつぶやけば、クスリと笑えてストレスが軽減されるかもしれません!

詳細はこちら
翻訳できない世界のことば
エラ・フランシス・サンダース
創元社
売り上げランキング: 6,066
Trepverterは英語ではなくヘブライ語が由来で、英語にはこれに相当する単語が無かったのでこのまま使われてる、日本語でいうところの外来語。
たぶん元ネタの記事にも書いてある気がする。英語訳できない単語として有名だし。
イディッシュ語だと思います。
初出はディドロの書いたフランス語L’esprit de l’escalier「階段のユーモア」で、
ドイツ語のTreppenwitzはその訳語でしょうけれども、
イディッシュ語の単語Trepverterの用例は探せませんでした。
「翻訳できない世界のことば」は手に取ったことがあります。
あとの祭りは世界共通なんだなぁやっぱり
ぎゃくに、日本語でそれに該当する単語がないのは何故なんだろう?
日本語にはないのかな??
「下衆の後知恵」とか「下手の思案は後に付く 」という言い方なら日本語にもあるで
これみんなやるのか
知らなんだ
そこまでくるとコミュ障ではなく人類搭載機能なのでは…
脳内反省会とめられなくってスゴくストレスだったけど、全世界仕様と聞いて幾分ホッとした。

…解決にはなっていないことには勿論気付いている。
俺たちは一人じゃない。
悩んでるのはお前だけじゃない。
世界中の全コミュ症が俺らの味方だ!
一人脳内反省会はしょっちゅうやるなぁ…

酷い時は十年前の会話とかがフラッシュバックしてきて「あの時こうしてたら…」みたいなのも始まる
癖になってんだ、言葉発した瞬間から反省会すんの

てかみんなそうだと思ってたんだけど普通に人はやらないんすね……
これみんなやるやつだと思ってた。
てか会話以外に写真もデザインも仕上がって誰かの手に回った段階で、これ毎回やるんだけど。
手から離れないと気づけないこと多い。
これよく考えるわ。。
あの言い方ってよくなかったのでは、もっと伝わる言い方があったのでは、って。
むしろ全世界の人間が考えてるんだと思ってた。

考えないほうが楽に生きられるよね。正解不正解は別として。
コミュ障じゃなくてもそれなやむから、むしろ話した内容に反省点を持たない方が障害と言えるのかも知れない。
誰も自分の言葉にそこまで求めていないからこそ、期待値を上回りたいというオタクならではの拘りですよね。

フランクに洒落を効かせたい!!
口が達者な人ってすごいよね
これはADHDによくある仕様で、文学への高い適正があるらしいです。
恥の多い人生の階段で思い出す言葉を拾い集めれば、いつしかそれは物語になるのだ
引用元