私は医者ですが、安楽死自体には実は反対ではない。

が、日本のような人権も個人の尊厳もへったくれもない社会でやるようなもんではない。

あれは、個人の権利の尊重をとことん突き詰めた先にある、究極の自己決定の一つであって、
未開社会でやってはならないと断言する。
スポンサーリンク
何人も、例え家族であっても、絶対に立ち入ってはならない個人の価値観、自由意思がある。
という峻厳な個人の尊重が広く社会に受容されることが必要条件です。
これが日本で確立するのはどんなに短く見積もっても100年はかかるだろうし、
永遠に確立できないかもしれない。

従って、安楽死は総論容認ですが、
日本で実施することに関しては実質的に反対です。
引用元
俺も日本では全然無理だと思いますにゃ。
ヒットラーが障害者や精神を病んだ人を不要なものとして殺したのと同じような事をやわやわやってるような政権では罪なき国民が意思に反して殺されてしまいます。
病気に苦しむ身内どころか見ず知らずの他人に向けて「苦しいなら早く安楽死したらいいのに」と言えてしまう人が沢山いそうですね...
「もう十分福祉で食ったでしょう、そろそろ尊厳死という選択肢も…(チラッ)」

「お隣のお義父さんもまだお若いのに尊厳死されたんですって、それに引き換えウチのは…(チラッ)」

等というプレッシャーの元、国民の最期の1/2が尊厳死となり日本の平均寿命が劇的に下がる未来
そうなんですよね……全く同じ考えです。
自分でも死にたいと思う事はあるし、安楽死制度がこの国にあれば個人的には喜ばしく思うけれど、日本で実現させたところで、いじめやパワハラの下に「自死を望んだ」という形で殺される人がどれだけ生まれてしまう事か。
「ハンセン氏病の悪夢」を構造的に繰り返すのが日本社会🇯🇵ですからね……
“日本社会の未熟さ”を考えると、望ましい政体の民主主義も世界が広がり多くをもたらすインターネットも、まだ日本の社会には過ぎたオモチャの様に思えてなりません。
たしかに。目から鱗です...。でも実際辛い方がたくさんいるのにどうすれば道が拓けるんだろう...
いつもいつも思うんだけど、何で日本って個人の尊厳も人権も無いことになってるの????
海外に夢見すぎじゃない???
未開社会でやってはいけないのなら、「安楽死」は現在どこの国が適切に運用できるてるんだよ?

医者かなんか知らんが、感覚だけでものを言わずにそこそこのデータを集めて話しろや。

世界で最もリベラルな安楽死を導入していると言われてる、ベルギーの現状は知ってんのか?
自殺して失敗するより安楽死で確実に死なせてほしいなぁ。
何一つ自由にならない国だからこそ死ぬ自由くらいほしいと思うよ。
死ぬ自由は、皆が不当に死なない権利を得てからでないと検討できない選択肢なので、スイスやこれから出来るであろう国へ飛んで実施するしかない。
現代日本の政治的背景や倫理観、人権問題を鑑みても、安楽死を導入するのは非常に難しいですけれど、いつかは選択できるようになったら良いですね。
何言ってるの?って思ったけど「とても定時で帰れる雰囲気ではなかった」人が過労死したり「いじめが酷くなると思ってやめてと言えなかった」子が自殺したりしてるんだから確かに危険だわ。
予言しちゃると「姥捨て」より先に障碍児を何としても「安楽死」させようって社会圧力が来るね。
スイスでの安楽死を選んだ女性の動画をみたけど、色々考えさせられたね。
切なかった。
凄くよく分かるのだけど、日々の苦しみから逃れて安らかな死を望む人から安楽死の望みを奪ってはいけないと思うのだが… では死にたい人はどうすればいいのかと考えると絶望しかないもの。
身体が動く人は自由に自殺できるのに、寝たきり(頭脳は明晰)の人は自殺したくともできないというのは不平等な話だ。
自殺する権利(死の自己決定権)は万人に保障されるべき基本的人権だと思う。
まあ、そうなると現時点で安楽死する資格のある国は恐らくないだろうな
死に方を選べる社会はまだまだ先かな…
安楽死を遂げるまで
安楽死を遂げるまで
posted with amazlet at 19.06.11
宮下 洋一
小学館
売り上げランキング: 2,995