わかりやすい原因はなかった

「テレビとゲーム機」という報道は、

つまりは警察が期待していたようなものは何もなかったということであって、

さらに51歳の男性の最近の痕跡が何もなく中学時代の情報くらいしかない、ということ。

わかりやすい原因を探すより、その「何もなさ」にこそ向き合わなきゃならないんじゃないかと。
スポンサーリンク
つまりは「セックスできない無敵の人が」ってのも
まったく根拠のない憶測に過ぎなかったわけだ。

だから、事情もわからないうちにドヤ顔で持論を展開するのはやめておけと……
川崎殺人のやつ
マスコミが必死になって
犯人の「異常性」を見つけようとしてるけど

もし見つからなければ、
彼は「普通の人だった」
ということになる

あなたも、あなたの友達も
あなたの息子や娘だって

なにか道を踏み外せば
彼のようになることを
忘れないで欲しい

「彼」は社会にたくさんいる
私もあの報道はこれだと思ったな。

「テレビとゲーム機があった!」ではなくて「テレビとゲーム機しかなかった」という【事実】でしかない

それを勝手にゲームを悪にするな!と過剰に憤る人達も怖いと感じた
「異常性を事前に知ることは難しく、異常者はいつどこにでも居る可能性がある」

なんて結論が出たら怖くて外にも出られない人がでてきてしまうから、
異常性を分かりやすい要因と結びつけて表面的にでも理解した気になりたがるんだけど、

それは偏見を助長するだけというアレ
胸糞悪いのは最初から犯人を

「誰にも理解されない無敵の人だ。お前たちだっていつこういう境遇になるかわかんないんだぞ」

みたいなこといってたのがバズった人含めてかなりたくさんいたんだが
「元々近所でよくトラブル起こしてた」で全部覆る程度の何の論拠もない話にしか過ぎなかったんだよなあと。

犯罪の数は減っている

たぶん通り魔が増えたという話が出そうですが、調べてみたらこうでした。


・人口比の殺人数は平成15年以降はずっと低下傾向
・被害者の面識率は1979~2011年でほぼ変わらず、面識無しに対する殺人は特に増えていない
・動機については以前から憤怒&怨恨が6割程度で変わらず


http://www.moj.go.jp/content/000112398.pdf
もっとちゃんと調べたら、今回みたいな殺人の割合は増えてるかもしれませんが、
修羅の世になっているとも思えず。
他資料でも他殺による死者は減っています。

■1997年
718(0.6%)
https://www.mhlw.go.jp/www1/toukei/10nengai_8/5_hyo.html

■2017年
290(0.2%)
hw/jinkou/geppo/nengai17/dl/h6.pdf

事態を侮らず、過度に恐れず、でしょうね。
追加、人口10万人中の殺人、傷害発生率

・出典
ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5

※殺人=殺人、自殺関与・同意殺人、各罪の予備・未遂の合計
※傷害=傷害、傷害致死の合計

グラフは数字から作成。
理由ははっきりしませんが2000年(平成12年)頃から傷害の発生率が上がります。
それも近年は減少傾向です。
医療の進歩により助かっているだけで、事件自体は増えてるのではないかとの指摘があったので、未遂も含めた殺人、傷害件数全体を出してみた。

2000年(平成12年)以降に生存率を一気に上げるような医療技術の発展があったとは思えず、やはり通り魔のような殺人事件は減ってきているという解釈になる。

心理士「精神障害や引きこもりではなく、普通の人の方が犯罪を犯す」

まあなんだ。

実際のところ引きこもってる人より、
引きこもってない人の方が1000倍ぐらい犯罪を犯すわけだから、
引きこもってない人達は犯罪予備群だと言えるし、
引きこもりは犯罪抑止因子と言ってもええんやで。
そういう意味では、
犯罪を犯した人における精神障害の割合は0.7%で、
犯罪を犯してない人々における精神障害の割合2.4%よりずいぶん低い
ので、
精神障害は3倍ぐらい犯罪を抑止すると言える。
ついでに言えば、
犯罪犯す人の96%は有職者ないし学生であって、
無職者は犯罪者全体の4%程度だから、
無職であることも犯罪抑止的な要因にこそなりはすれ、、、という感じ。
じゃあ「凶悪犯」と呼ばれる犯罪に関してはどうなの?というと、
凶悪犯における精神障害者の率もやはり4%(疑いを入れても7%)で変わらない。

つまり

人は、精神障害なんか無くても、凶悪に人を殺せるんだよ。93%ぐらいはそうだよ

ってこと。
もっと言えば、犯罪は"面識ない人が加害者"である可能性が半分以下です。

半分以上の場合「肉親(両親、きょうだい、子供)、親族、同僚、友人」など身近にいる人が加害者。

これも犯罪全体で見ても、凶悪犯に限って見ても、全く同じで、半分以上が身近な人の犯行
こんな、ちょっと統計を調べれば分かることを、メディアが知らず分からず報道してるのだろうか?

いや、なんかそうではない気がする。

「この世全ての悪であれ」と摸造されたアンリマユみたいなのを、わざと作ろうとしてはるんやと思う。

【参考平成29年犯罪統計】
https://www.npa.go.jp/toukei/soubunkan/h29/h29hanzaitoukei.htm
犯罪を犯した時点で凶悪なほどやはりどっか精神歪んでしまってるはず。
つまりは引きこもってないか、引きこもってるかは犯罪と関係ないということですよね。
FJSTUDIO18 人間は人間を殺す生き物なのであって、精神の歪みとかない
無差別殺人の発生件数は、すごい勢いで減っているので、
ますます起こることとかはちょっと到底考えられないですね

※当該事件の記事にて一部拙速な形で不適切な単語を含み拡散してしまったこと、深く反省しています。
件の記事についてはタイトル&内容を変更させて頂きました。
不快に思われた皆様、大変申し訳ありませんでした…。