レオナルド・ダ・ヴィンチ-600x430

名画「モナリザ」の作者で、万能の天才と呼ばれたルネサンス期の巨匠レオナルド・ダビンチについて、ADHDの症状を抱えていたとする研究結果が英国とイタリアの研究者によって発表された。
英ロンドン大キングス・カレッジと伊パビア大学で神経解剖学や行動科学を専攻する研究者らは、史料の中に見られるダビンチの同時代人の説明などを分析。時間の管理や集中力、物事を先延ばしにするといったダビンチ自身の問題がADHDに関連するとの結論を導き出した。

本人の気性や、あらゆる分野に飛び込んで才能を発揮する特異な側面も、ADHDと結びつけて説明できるという。とりわけ顕著なのは様々な仕事に次から次へと手を付ける傾向で、一度のめり込むと夜通し作業し続け、睡眠をほとんどとらなくなる点も明確な特徴だとしている。

研究者らはこのほか、ダビンチが左利きで、65歳のときに左大脳半球の脳卒中を患ったにもかかわらず言語能力を失わなかったことに言及。これらの事実から、通常とは逆に右大脳半球によって言語をつかさどっていた可能性があるとした。このような特徴を備えている人は、全人口の5%に満たないという。

ダビンチについては、失読症だったことを示唆する過去の研究もある。上記の研究者らは、「大脳半球の優位性が通常と異なり、左利きで、失読症。こうした特徴はADHDをはじめとする神経発達の障害をもつ子どもたちに広くみられるものだ」と指摘した。

英バース大学心理学部のグレアム・フェアチャイルド氏はCNNの取材に答え、今回の研究について「ADHDの人であっても信じがたいほどの才能に恵まれ、多くの業績を残すケースがあるということを示している」と述べた。またダビンチが生涯にわたって前出の問題を抱えていたとみられることから、ADHDについて子どもの時期のみに見られる症状だという誤った認識も改まる可能性があるとした。

一方で、ADHDがダビンチの仕事の妨げになったのではないかとする研究者らの指摘に対しては異議を唱え「おそらく、休むことを知らない活力や創造性はADHDに由来するものであり、それこそダビンチがあれほどの業績を極めて多彩な分野で残すことができた理由ではないか。中途半端で終わる仕事も多かったにせよ」と付け加えた。

https://www.cnn.co.jp/style/arts/35137559.html

スポンサーリンク

3: 名無しさん@発達中 ID:wlGyA85l0
だからと言ってADHDを治療しない理由にはならないよな

27: 名無しさん@発達中 ID:MrHYRz+c0
>>3
もしかしたら人類の進歩の半分はADHDのお陰かもしれない

41: 名無しさん@発達中 ID:vt4ue9vg0
>>27
そうだよ。
神様は人間に一定数のADHD遺伝子を
混ぜて、文明を発展させたんでしょ。

常識コミュ力の人間だけだと何も進歩しない。

バブル崩壊後の日本企業がその典型。

50: 名無しさん@発達中 ID:ikoLIjUy0
>>41
>常識コミュ力の人間

まるでサル山の猿だな・・・
コミュ力で生きてるけど進化はしていない

127: 名無しさん@発達中 ID:MzodQu9C0
>>50
猿山から抜けないと進化や新しい場所を得られないからなあ

137: 名無しさん@発達中 ID:ivzX3RCj0
>>41
ソニーがダメになったのも、多数の一般人の割合が社内で増えたせい?

140: 名無しさん@発達中 ID:N/c3L1/q0
>>137
大抵、創始者はADHDの傾向があるか、変人扱いされていた人が多く。
そういった創始者が引退して世から去ってしまうと斜陽になる。

ソニーしかり、パナソニックしかり。アップルしかりだ。

7: 名無しさん@発達中 ID:pj8oH22P0
最近こういう天才いないよな

24: 名無しさん@発達中 ID:/KhB0EEA0
>>7
天才は規格外だから規格が全ての学校教育で劣等感を植え付けられてレッテルを貼られるから

こういうのをアンダーアーチバーといって
アンダーアーチバーの才能を伸ばす教育が欧米のトレンド
だから欧米では天才タイプが多い

125: 名無しさん@発達中 ID:lgyJBaiy0
>>24
> こういうのをアンダーアーチバーといって
> アンダーアーチバーの才能を伸ばす教育が欧米のトレンド
> だから欧米では天才タイプが多い

アメリカなんてADHDってことが疑われると教師がその子を医者に
連れて行って親の許可なしに薬を服用させる社会でんがな

161: 名無しさん@発達中 ID:2fyuQ2690
>>125
アメリカの場合ちょっと違って、ギフテッド教育なるものがある。
日本と違ってアメリカは学童の知能検査が義務化されており、IQによって振り分けされる。

ADHDでも高IQでギフテッドと認められれば、そのようなことはない。

まあそれ以外はそういう感じになるだろうがな。

8: 名無しさん@発達中 ID:WkjcWl2K0
ADHDなんて一昔前なら少し変わった人扱いで済んだのに今は障害者にされてしまうから気の毒だな

9: 名無しさん@発達中 ID:fsgTdZlD0
ダ・ヴィンチは脳の作りが普通とは思えないが最近のなんでもADHDにしたがる風潮もどうかなぁ

12: 名無しさん@発達中 ID:od9cspFo0
人類の歴史上ADHDで偉大な業績を残したのが
ダビンチだけなら極めてレアケースってだけの事
他の奴は役に立たないんだから意味ないわ

16: 名無しさん@発達中 ID:HNB7lAIl0
ADHD全員が才能有るわけじゃないからな、勘違いするなよ

53: 名無しさん@発達中 ID:xQj88mmY0
>>16
ADHDも健常者も結局一長一短やからな
科学者はそこをちゃんと説明すべき

17: 名無しさん@発達中 ID:SokOmcSD0
男色家だったっていうのはわりと有名だけど、それとは関係ないよな?

34: 名無しさん@発達中 ID:Gs3xm2Ly0
>>17
関係あるかもな
ゲイのアーティストはやっぱセンスがすごい人が多いよ
ノンケには真似できない審美眼があると思う

54: 名無しさん@発達中 ID:CBQjxzuI0
>>17
え?そうなの??
てっきり絵のモデルにしていた女性達や、弟子的な女性と出来ていたのかと思っていました(想像だけど)…

170: 名無しさん@発達中 ID:UU38BO170
>>54
なんかで読んだけど男の弟子を溺愛していたはず

177: 名無しさん@発達中 ID:2vuZaJY70
>>170
何人かいたが、記録で残ってるのが結構年言ってからの弟子ってか愛人
美少年、美青年だった(と言われてる)が素行が非常に悪く周囲は手を焼いたがレオナルドはそれも楽しんでたそうだ

38: 名無しさん@発達中 ID:KTuTnv0/0
なんとなく結論ありきな分析な気がする
まずは現在の人の分析と答え合わせをして正答率を出してみたら?

43: 名無しさん@発達中 ID:dGkHwinE0
南方熊楠も変わってたそうだぜ

51: 名無しさん@発達中 ID:AUeWdU6+0
正規分布の中央値付近を正常の基準にするのだから
そこから外れると正常ではないとなるのは至極当たり前の話
優秀、天才とよぶか異常、病気と呼ぶかなんてその時の価値次第でしょ

49: 名無しさん@発達中 ID:RrFzA49A0
レオナルド・ダヴィンチは天才過ぎたけど、全く報われていないんだよね
もうこの時代は既に経済的に衰退していたから
芸術家というのは大変なものだと感じるね

55: 名無しさん@発達中 ID:dGkHwinE0
博覧強記とか万能の天才と言われるような人はどこかおかしいんじゃないの
ふつうはそんなにいろいろと興味はわかない

56: 名無しさん@発達中 ID:FKYE1BvC0
アインシュタインなんか計算間違いを友人達がサポートしてたもんね 放っておけない魅力があるんだな

63: 名無しさん@発達中 ID:tuelOVOF0
>>56
アインシュタインの亡くなる直前の
自分のデスクに座る写真がネットに出ている
物が崩れ落ちそうなくらいグチャグチャ
俺の机も同じだ

62: 名無しさん@発達中 ID:WI0xaWVm0
平賀源内もADHDぽいな
生涯みても

66: 名無しさん@発達中 ID:iTYXGw/Y0
日本じゃ絶対出世できなかったタイプ

79: 名無しさん@発達中 ID:CXViDlPu0
>>66
信長もそうだろ。

69: 名無しさん@発達中 ID:XoEjL94q0
「ADHDで信じられないくらい才能に恵まれてる人」の割合って、
「ADHDじゃなくて信じられないくらい才能に恵まれてる人」の割合より低いんじゃね
発達障害によって才能活かせないことも多いし

70: 名無しさん@発達中 ID:FKYE1BvC0
>>69 社会に適応出来なくて鬱病や双極性障害になりやすいからね
家族からもダメ出しされて人生諦めてしまう

73: 名無しさん@発達中 ID:tuelOVOF0
>>69
ADHDは、少なからず他の発達障害とリンクしている場合がほとんど
原因は脳内のホルモンの分泌異常
それらによって、機能、能力の劣る部分もあれば、優秀な部分もある
発達障害は常人のそれをはるかに超えている
信じられないぐらいにね

72: 名無しさん@発達中 ID:v3BwVPjN0
才能あっても伸ばさなきゃ意味ないし、普通に学校で教育させて落ちこぼれで終わった天才とかいくらでもいるだろうな

80: 名無しさん@発達中 ID:Ygf2d16d0
今の日本に生まれたら子供部屋おじさん。アメリカに生まれたら大企業の創業者か

84: 名無しさん@発達中 ID:rNETu4eb0
>>80
アメリカは金がいる、ジョブズも金持ちに拾われてなかったらどうなったかわからん

83: 名無しさん@発達中 ID:peE2xPs+0
ADHDが本物の人類なのかもしれない

85: 名無しさん@発達中 ID:tuelOVOF0
>>83
ADHD,ADSが、人類進化のカギを握っているのだよ

88: 名無しさん@発達中 ID:CXViDlPu0
平成が常人による常人の時代だったからな

159: 名無しさん@発達中 ID:sCZOauaZ0
>>88
竹下さんとか小渕さんて、平和だけど普通のオジサン感がして偉人とは思えない。

166: 名無しさん@発達中 ID:iTYXGw/Y0
>>159
小渕さんはあれで昔はスーパーマンだったらしいよ
スポーツ万能、成績優秀
同級生談
あんないつもくちびるとんがらかしてるような小物然としたおじさんがねぇ

98: 名無しさん@発達中 ID:anqO5Rh80
会社で上司に、君は過剰同一性依存症行群ではないか? と言われたことがある
その人は変な人だったので常人が異常に見えると言っていた

109: 名無しさん@発達中 ID:jfUS4pFU0
当時はそういう人たちにも活躍できる素地があった
今なんて周りと違う人間は簡単に排除するか、あるいは矯正しようとする
現代には大芸術家や大発明家が現れないのもアレなんじゃないの?
(´・ω・`)

119: 名無しさん@発達中 ID:ZEfab8ia0
まぁ個性というものを無理やり病気として扱うのかは非常に難しい問題だがな

139: 名無しさん@発達中 ID:GX+Qt+QM0
過去の天才達は大体が変人扱いされてるわけで、
それに対して今の症状判定を当てはめようとしてるだけ。
障碍児を持った親の最後の拠り所「普通の人にはなれないが天才にならなれるのかも」なのかもしれないが。

143: 名無しさん@発達中 ID:tuelOVOF0
>>139
日本の障害児で、昼間見た物を
写真と見間違うほど性格に画く人がいるんだぜ
外国にもいるが、もちろん障害者だ

144: 名無しさん@発達中 ID:cNMNv+0t0
>>143
俺の知人のADS+ADHDが近い
同じ職場で電話応対で話が団々分からなくなるらしい
今時すぐにクビになるのも珍しいが研修後一月でクビ
頭に浮かんだものを見たものを
適格に描けるので絵の道に進んだわ
以前にアニメ雑誌の投稿で賞をとったらしい

164: 名無しさん@発達中 ID:LCa47ADW0
同じ発達でも知能の高い属性の人だからな。なんか発達のイメージアップキャンペーン記事みたい。

171: 名無しさん@発達中 ID:3e8QkH+T0
注意すべきは必ずしも「独創性」じゃないってことだな。

ダヴィンチも図書館漁って引き写してたのが
独自の研究と誤解されてたのもあって、パクリもある。
あくまで先人の業績に乗った上でのこと。

同様にADHD呼ばわりされてるジョブズもあちこちパクりまくりで、
オリジナリティの天才ではない。でも結果は出せると

172: 名無しさん@発達中 ID:FYwtYdNB0
天才も何かに影響受けることだらけ
それを独自に消化して新しい物を作るのがクリエイティブじゃないのかね

147: 名無しさん@発達中 ID:tnLUxryL0
大多数のから離れている存在は大概そんなもんだよ
普通の能力であれば普通の場所にしかいない
蟻の列からふらふら離れて歩いているヤツもそうらしい
普通の蟻が見つけられない、
列から離れた場所にあるエサを発見したりするらしい

106: 名無しさん@発達中 ID:4tApDe0V0
「ADHDであっても」というか
突き抜けるならそれくらい人と違うのが当然では?

101: 名無しさん@発達中 ID:HExUrUBu0
よくサヴァンのことが知的障害や発達障害の話題のなかで出るけど、障害が無い人でもとんでもなく個人差があるのと同じ

76: 名無しさん@発達中 ID:N/MSL42v0
天才の評価が定まってる人を素材に選ぶのはラクしすぎ
怠慢だな

発達障害 生きづらさを抱える少数派の「種族」たち (SB新書)
本田 秀夫
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 8,221

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559057721/