20130804-00026978-roupeiro-001-16-view

発達障害者の辛いところは、被害者になり切れないところだと思う。

例えば職場で嫌な事をされたとして、
普通の人なら「ひどい!」って周りに愚痴ったり出来るところを、

発達障害者はあらゆる場面で失敗し周りに迷惑を掛ける加害者でもあるので愚痴ることすらできない。
スポンサーリンク
わかる
すごくわかる…
とても分かります。
周りに相談出来る相手がいません。
わかる。
周りに包み隠さず相談すると「それは…爪が甘いよ笑」と言われる。
私が困る時、私も誰かの加害者足り得るので、常に泣き寝入り。
分かります。
本人は無自覚だけど、周囲には自己中に映っているから…。
被害者であり、加害者でもあるんだよね。

それは怒られるの無理ないわ。自業自得じゃね?
ってパターンも多いんだよね。
わかりすぎてしんどいです
これと似ているのが、「人の失敗を指摘出来ない」だと思います

誰かのミスを見つけても、普段散々ミスしている自分が言ったら「お前が言うな」と思われそうで、指摘したくない
その場でどうにかなる物なら、こっそり修正してしまいます
これは本当にそうだと思うな。発達障害に限らず、メンタル全般に言えそう。さらに、自分にも落ち度があると思うからこそ、問題点を隠そうとして、袋小路に入る。指摘されても改善できる自信がないから、なお隠そうとして、より理解を遠ざけたり。
分かりすぎてしまいます。
ただでさえ悪目立ちするのに何か口出す資格あるのか?ってなって。
物凄く共感できる。
実際に加害していない場合でも、完全な被害者だった経験が少ないので被害者としての振る舞いと自己防衛が分からないのだと思う。
自己肯定感が低いので、本来は被害者でも「自分のせいではないか」と思ってしまう面もありますよね。
怒りなよーとよく言われる。
たまたま機嫌悪かったとか、
つかれてるんじゃないとか、
相手の気持ちや、環境やらを考えすぎちゃうんだよねー。
良くもあるし悪くもあるのか。
知人の話です。

投薬治療を始めて、冷静に考えられるようになったそうです。

今まで言われるがままだったのが、落ち着いて考えられるようになって、
いや待て、そこまで言うのはおかしいと思えるようになり、
突然怒ったというケースもあります。
代わりに心優しい定型さんに「ひどいことされたね」と言われてやっぱりひどいんだと気づいたり
これは性格なのか発達障害だからなのか?

でも正直にこういうところはある。助けてもらい下手。相談下手。

そう言うのが上手い人が羨ましい。

自主練ばっかり上手くなるなぁ。対人は下手くそなまま。
なるほど〜、愚痴れる相手、仲間がいない辛さか。あるかもなぁ。
ほんとは周りを責めてもいいのにね
自分のせいで…って経験が積み重なって脳が麻痺する

強く生きよう
引用元
発達障害 生きづらさを抱える少数派の「種族」たち (SB新書)
本田 秀夫
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 4,690
aa 自己愛ホイホイになる理由である