027220b505b38291d020b22e73b7750d
5年付き合った元彼とは一度も喧嘩せず仲良く過ごせたけど、
それはイコール「何も乗り越えてこなかった」ということ。

衝突を避けて避けて結婚直前に大きな問題に直面した時、
お互い怒り方も謝り方も意見のすり合わせ方も分からずあっさり破局。

「課題を乗り越えるための喧嘩」は必要なんだと知った。
ほんと喧嘩は大事
時にはぶつかる事で、相手の感情、考えを理解できたり、ガス抜き出来ることも…。
わかる
結局機嫌良いときだけじゃその人の本質見えない。
喧嘩したくない(面倒だし)という理由だけで意見を言い合えない関係は長く続かない気がするな
そうか、、そういうことか、、
あたしは根本からまちがっていたのかな
元彼とは一度も喧嘩せず仲良く過ごせたけど、それはイコール「何も乗り越えてこなかった」ということ

こういう人間関係の構築の仕方する人結構見る。

失敗は悪、と同じように
議論は悪、としてると
オール3みたいな関係性にしかならんと思ってる。

可もなく不可もなく向き合えない関係性って一番脆い。
わたしも5年付き合った元彼とはまさにそんな感じでした。
意見を言わない=順調だと錯覚していました。
最後の最後に意見をぶつけたら無かったことにされました…きっと話し合いができない人だとどこかでわかっていた…
それに目を瞑って逃げていたんだと思います。自業自得で情けない5年だった。
僕もそれが出来ませんでした。

元カノは良くも悪くも自分の考えを伝えてくれたのに。
僕はなにも言えませんでした。
相手の思いを聞くかワガママを耐えるか。
受け身だったから振られました。
乗り越えないと!
私はケンカができない相手とは付き合えないんですよね…。

穏やかな人はいいなと思う半面、何を考えているかわからないと不安になってしまうから、ちゃんと意志をはっきり示してくれる人がいいし、そうすると衝突も避けられなくなったりする。
喧嘩なくっていうのは平和だけど、こういうところに不安を抱えるんだよなぁあ、みんなからいいねと言われるほど不安になってたなあ
私もそうだった。喧嘩しなかったんじゃなくて、できなかったんだ
私も今まで付き合ってきた人とはほぼ喧嘩をしなかった。
まぁいいやで終わらせてた。結婚した彼とは小さい喧嘩から、もう関係が終わるんじゃないかみたいな喧嘩もした。喧嘩するってことは本気で相手のことが好きだからで、本気で向き合ってるってこと。そうじゃなきゃ本気の喧嘩なんかできない
平和で大人しい動物って実は「ケンカの仕方」を知らないから例えばハトは一度ケンカが始まると相手が死ぬまで突き続けてしまう。
対してオオカミ同士のケンカは「降参のサイン」が決まっているから殺すことは絶対にない。
人間の場合もケンカ慣れしてる人は負けかたを知ってるし勝っても深追いしない…
喧嘩をしなくても問題に直面した時にきちんと「話し合い」ができて解決できるなら問題ない。誤魔化したり避けたりする事が問題なだけ。
と私は思います。
喧嘩が必要というより意見を言い合うことがなにより重要な気がする
まぁ意見を言い合う=喧嘩って表現をしたのかもしれないけど🤔

怒ることに必要性は一切感じないな
けんか=何かを乗り越えた
はちょっと違うような。

何か問題発生した時お互い意地になったり責め合うことなく冷静に話し合いで解決する=何かを乗り越えたと思うんだが🤔

楽しいとか幸せ的なプラスの事を狂ったように感情的にシェアして、悲しいとか辛いってのを冷静に話し合えると喧嘩にはならん。
必要とまでは言わないけど確かに意味は大きいよなぁって
恋愛に限らず課題を乗り越えるための衝突は必要だと思うし必然だと思う
喧嘩しないに越したことはないかもしれないけど、喧嘩したことで学ぶことって本当に多い。これからも彼とはちゃんと乗り越えていきたい!!☺️
衝突回避マンには耳が痛いわ…
引用元
なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)
二村ヒトシ
イースト・プレス
売り上げランキング: 1,701