1a94ab4a
子どもはつくづく、「視線を食べる生き物」だと思う。

幼稚園の時は情緒不安定な時が多かった息子、四月から超安定。

小学校が性にあったというのもあるが、やはり「視線の満足」が一番の理由のように思う。
スポンサーリンク
我が家は、おばあちゃん、おじさんが同居。

しかし三年前におじいちゃんが亡くなってから、
二人とも悲しみにかきくれるばかりで、
子どもに視線を向ける余裕がなかった。

これが息子の情緒を著しく不安定にしていた。
嫁さんの実家に行くと、息子は安定。
大人全員が、息子に視線を送っていたから。

「みんな見守ってくれる」という感覚が、
「視線の満足」をもたらし、息子の情緒を安定にするらしかった。
ところが、家に帰るとおばあちゃんもおじさんも、おじいちゃんが亡くなってからの気持ちの混乱で、まず自分の話を聞いてもらいたがった。

子どもからすれば、「視線の供給源」になるどころか、
私や嫁さんの視線を奪う「視線の競争相手」になってしまった。
これが息子には著しくストレスだった。
おじいちゃんが亡くなって三年。
ようやく、おばあちゃんもおじさんも落ち着いてきた。
私は、それまでにしてこなかった、少し高めの要求をした。

「たとえ子どもの姿が見えないところにいても、「あの子はどうしてるだろう?」と、意識を分けてあげてほしい」
それまでにも、せめて同席してる時には子どもの相手をしてほしいとはお願いしていた。
しかし息子の「視線の飢餓感」を解決するには、それでは足りない。

「家のどこにいようと、あの子はどうしてるか考える、意識を常に分けておくようにしてほしい」。

テレパシーがあるわけではないが、そう頼んだ。
反応は早かった。劇的でもあった。
息子がほとんどキレなくなった。


不機嫌になっても、負の感情が長続きしない。
許す度量がビックリするほど出てきた。

まさかこんなに変わるとは、というくらい、変わった。
子どもは、自分が避けられているか、距離を置こうとされているか、敏感に感じ取る。
息子が情緒不安定だったので、おばあちゃんもおじさんも距離を置く傾向があった。
(原因は、おばあちゃんとおじさんが、私や嫁さんの視線を子どもたちから奪ってたことにあるのだが。)
しかし、「あの子はどうしてるだろう?」と、意識の一部を常に子どもに振り分けてくれるようになったことで、息子は超安定に。
息子はおばあちゃん、おじさんと距離を置きがちだったが、息子から話しかける場面が増えた。おばあちゃんとおじさんの姿勢が変わった瞬間に。
子どもは、同居してる家族全員から「視線をもらう」ことがとても大切。

分かっていたのだけれど、おじいちゃんが亡くなったという事情がある以上、しばらくは無理だと思って、様子を見ていた。
三年経って、ようやくここまできた。
幼稚園の先生方には、ずいぶんご迷惑をおかけしてしまった。やはり、心のエネルギーを充電すべき家庭で、それができないと、外でも情緒は安定しない。
今、「視線を分ける」大人に囲まれて、息子は、おじいちゃんが亡くなる前に見せていた朗らかさを取り戻した。
長かった。申し訳ない。
すごく勉強になった。
一連のツイート、非常に勉強になります。
「視線を食べさせてもらえなかった」子供は中高生になっても、そのことを「愛を注がれなかった経験」として自分の中で育ててしまうケースが多い気がします…「目」をかける、とはよく言ったものですね…
子供=視線を食べる生き物、ナイスフレーズ。
身近なきょうだい児コンプレックスや自己愛性人格障害と思われる方々は確実に幼少期肉親からの視線と言う名のケアが不十分で大人になっても飢餓感ぱなくって、いつも俺は凄いんだー!アピール。
慈しみのシャワーないと、心に安全基地出来ずずっと不安定。
わたしたち毒親に育てられた子たちは、視線を関心を向けられていないのよね

【視線を食べられずに、視線を自ら生み出して食べてきた生き物】

大人になり、自分である程度生活を整えられるようになってから、病が出たりするのは、心体がいままで抑えてくれてたのかな。
うちの長男は視線が欲しいのか一日中「ママ見て!」と言っています。
もちろんできる限り見てるけど、見て見てが止まらなくて、実際に見ていても「ママ見て」。
夫はただの口癖じゃないのって言うけど、ずっと気になってます。
満たされていないなにかがあるのかな
子供時代に視線をかけてもらえなかった人が、大人になってから他人に視線を与えることに困難を持つ、というケースもある。

これが世代を超えて連鎖するのは悲しいので、断ち切るのが無理でも世代ごとに少しずつでも小さくしていきたいとは思う(知恵は必要だが)
引用元
aa 「理解なき視線」を注がれ続ける苦痛というのもある気がする

子どもの地頭とやる気が育つおもしろい方法
篠原 信
朝日新聞出版 (2018-02-20)
売り上げランキング: 76,055