テレビドラマ「女王の教室」より
スクリーンショット 2019-05-14 15.31.04

スクリーンショット 2019-05-14 15.31.13

スクリーンショット 2019-05-14 15.31.20

スクリーンショット 2019-05-14 15.31.25

スクリーンショット 2019-05-14 15.31.52

スクリーンショット 2019-05-14 15.31.42

スポンサーリンク
今思えばよくこの脚本通ったなって感心するわ。
予言の様なドラマ。13年前とは思えない。
まさに、今の日本の現状を予見してましたね。
安倍総理も真っ青🤮
本質をついた内容
安倍内閣という単語を使っている方はご存知無いかもしれませんが、これ、小泉内閣の時のドラマです。
オンエア当時、表面的な印象だけ捉えて子供を持つ親から苦情が多かった筈。10年後には もっと理解されるドラマだと思ったが・・・
リアルタイムで見てましたが

生徒達が将来社会に出て
1人でも強く生きて行けるようにするため
敢えて鬼のように厳しかったという・・・

現在では理解されないかもしれませんが、必要悪だったんです。

最後は号泣もんです
そうならないために というのがテーマで、キツイ切り口だけど斬新だなぁと思って見てました。でももう何十年もこういうシステムで動いてるから気づく人すら居ないでしょうね。このドラマの反響も少なかった記憶です。
『女王の教室』は身分関係なく、困難に塗れても自分を見失わないよう生きる力を教えた資本主義批判と階級闘争の作品。
これ名言だね、特権階級の人たちが一番税金払ってるからその人たちが悪みたいになるのは少し違うと思うけど笑
特権階級がまるで絶対悪かのように描かれててあんまりすこじゃない...

特権階級って言うけど、そうした人たちがこの国を動かしてきた訳だし、決して負の側面だけじゃ無い筈。
それを倒そうとする人たちが果たして正義かってのも疑問なんだよなぁ。

どこぞの黄色ベスト(の一部?)とか良い例じゃ?
放送されてた2005年当時は大人が観てもピンと来ない言葉かもしれないけど、今なら10代でも気づく人は気づくだろうし、逆に中年ほどスルーしそう。

特権階級が汚いのではなく、世の中の不条理を知ってうまく立ち回っただけ。
これはかなり好きだったな
ここだけ切り取られたらそう見えるかもだけど、そうならないように今のうちに賢く生きなさいってメッセージだったりするので最初から見た方がおススメ
ちゃんと全部見てほしいな
作品の一部を切り取らないで
世にも奇妙な物語の「23分間の奇跡」も今の時代の人に見て欲しいなってちょっと思いました
こういうことを言ってくれる教師は実際に必要なんだろうな
公民を教えてるとき、よくこういうこと思ってた。
これは今に限った話ではなく、誰が為政者だろうと、既得権益を持ってる人だろうと、こういう発想にはなりやすいよね。
女王の教室 は過激な描写が多く、視聴者からのクレームも多々あり、第5話~第8話は全スポンサーのクレジットが非表示という異例の事態となりましたが、ドラマの方針は変わりませんでした。今考えると、社会の現実、自己責任、勉強をする理由、など大切なことを教えてくれていたドラマでしたね…。
けれど改めて放送して欲しいし、今も必要じゃないかなと思う。
女王の教室はエンターテイメントにおけるインパクトのある表現を多用していたので、物議を醸しだけれど、全編通して観れば、作者の子供に対する深い愛情がよくわかるドラマ 面白かったな
これをすべて認めた上で「自分が特権階級でないのが悪い」という結論に達したタイプの社畜を知っています
女王の教室 DVD-BOX
女王の教室 DVD-BOX
posted with amazlet at 19.05.14
バップ (2005-12-21)
売り上げランキング: 2,282