スクリーンショット 2019-05-12 14.40.55

生放送のニュース番組でコメンテーターが激怒「人権感覚の欠如」ネット賛否  

読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten.」(月~金曜、後4・47)で10日、コメンテーターの作家・若一光司氏が、お笑いコンビ・藤崎マーケットが男性か女性かわかりづらい人の性別を知るために免許証を見せてもらうなどして確認したことに対して、「許しがたい人権感覚の欠如。よくこんなもん放送できるね」と怒り心頭に発し、生放送でスタジオが静まりかえる事態になった。

若一氏が激怒したのは、藤崎マーケットが街でさまざまなことをリサーチする「迷ってナンボ!」のコーナー。

店の常連が男性なのか女性なのかがわからないという店員の依頼で当該人物に確認するという内容で、当初は恋人の有無や下の名前を聞いたり、胸を触ったりしていたが、最終的には免許証を見せてもらい“解決”した。

 このVTRに若一氏が激怒。

「あのね、男性か女性かという聞き方、許しがたい人権感覚の欠如ですね。個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃないです」とバッサリ。

中谷しのぶアナウンサーや澤口実歩アナ、小島康裕解説デスク、ライセンス・藤原一裕、菊間千乃弁護士がいたが、誰も一言も発せないままだ。  

若一氏は「こんなもんよく平気で放送できるね。報道番組として、どういう感覚ですか。ちゃんと考えろよ」と語気を強めた。

中谷アナが「皆さんの悩みを聞きながらということですから…」とフォローしようとしたが、それを遮り、「たとえご本人がテレビに出ることを了解しているとしても、個人のセクシャリティにそういうアプローチをすること自体が人権感覚、人権意識にもとります」と、憤まんやるかたないようだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000167-dal-ent
スポンサーリンク
YouTuberが一人で撮った動画ならまだしも、大人のスタッフ何十人で撮影して編集して放送した動画で「この人は男か女かわからないので確かめよう」というのが問題になると誰も思わなかったのか。全員ボンクラか。
救いようがない。怒って当然。
後先考えられないアルバイトが投稿した動画のようだ。
ほぼ犯罪やんか。
理解に苦しむし、悔しくて仕方ない。トランスジェンダーでなくても、「男に見えない」「女に見えない」という人はたくさんいて、その人達にとって「男は男に見えるもの」「女は女に見えるもの」という常識がいかに重圧で、人を束縛しているか。番組制作者にはその痛みが嗤いのネタでしかないのか。
>「個人がテレビに出ることを了解していたとしても、個人のセクシャリティに対してそういうアプローチをすること自体が、人権感覚、人権意識に悖(もと)ります」

思わず感嘆の声が出ました。(自分がある種の軽蔑をしている)テレビコンテンツで、このような"紛うことなき正論"を発する方がいるとは。
日本のテレビでまともなこと言って怒ってる人初めて見た……
「ten.」の件で注目すべきは

「スタジオ内最年長者の若一光司氏が一番時代感覚を持っていた」という点です。

「老害」という言葉が質の低い罵倒語として使われるのをよく目にする昨今。
人の判断を左右するのは年齢ではなく知性であり人間性であるという事がよくわかる事例かと。
きっぱりこう言うことを言えるのはコメンテーターの鏡ですね
賛否と書くことで事象を矮小化しようという意図を感じるのは私だけだろうか?
これは酷い…まぁ今のTV、今の大阪なら、こういう言動は年中横行してるやろけど。
「若一氏激怒」てのが物凄く深刻やわ。関西のTVは出演者に事前に動画見せへん筈やから、ほぼ全員動画初見やろ。口合わせやなく、怒る人他にあの場に居らんかったて事やん。最早TVでは常識人が圧倒的少数派。
この藤崎マーケットのコーナーの担当者はいい加減で、別のロケでも問題を起こしています。向かい合ったラーメン店同士の取材でも、片方のA店だけもちあげて、もう片方のB店をけなすようなA店のオーナーの発言も放送していました。B店のおじいさん店長は、うまく乗せられて騙されたと怒ってました。
司会?の女性二人の表情が放送局の価値観をよく表してるよ。
大変な内容を放送してしまったかもしれないじゃなくて、
困った奴がいる時に流しちゃったみたいなね
rwb_old それめっちゃ分かります。
流してしまったことへの反省じゃなくて、タイミング悪い時に流しちゃったな的な。
残念ながらメディアが思う「視聴者のレベル」があの程度なのだと思われているんだと思いますよ。
若一さんのような方が制作側に居てくれたらこのようなことは起きないんでしょうね。
この動画を見て「怒るべきときに怒ることは大事だな」と思った。
性別を確認された男性が不快に思ってなくても「男か女かわからないから胸を揉んだり身分証を確認したりする」ようなことが世間に認められてはいけないんだよ。
怒ってくれた若一さんありがとう。
誰かの代わりに怒ることは難しい。だからこそ有り難い。

ヒステリーな当事者にならないために、ヘラヘラと笑いを取ってしまった〈わたし〉。
テレビのチャンネルを変えることで逃げた〈わたし〉。

そんな、いたはずのたくさんの〈わたし〉たちの声なき声を、あの怒りから感じ取ってくれたならと思う
これは若一氏が怒っているのでは無くて叱っているんです。怒るのは感情が先に立っているが、叱るのは何故それが悪いのか諭しています。冷静な判断と次に何を言うかが解っているから出来る事です。
間違っている事を生放送で間違っていると言える出演者がもっと増えて欲しい。
引用元
とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論 (イースト新書)
ラリー遠田
イースト・プレス (2018-08-10)
売り上げランキング: 24,706