厚生労働省と国立感染症研究所は今夏にも、海外の研究機関からエボラ出血熱などの
病原体を輸入し、感染研村山庁舎(東京都武蔵村山市)のBSL4施設で保管する方針を固めた。 
患者が出た場合の検査に使用する目的で、近く地元に方針を示す。

輸入の検討対象は、致死率が高く、感染症法で最も危険度が高い「1類」に指定されているエボラ出血熱、
クリミア・コンゴ出血熱、南米出血熱、マールブルグ病、ラッサ熱の病原体。

所持や輸入は原則禁止され、国内では生きた病原体を使った検査は行えなかった。
現在は患者発生時に、病気の種類は調べられるが、回復具合の診断などは困難とされている。

感染研は同法に基づき輸入許可を受け、入手先と調整を進める。
病原体は冷凍した状態で輸入し、保管する。
病原体を使った治療法の研究開発は行わない。

海外からの訪日客が増える9月開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会までの輸入を目指し、
遅くとも2020年の東京五輪・パラリンピックまでに検査体制を整える。
安全対策の観点から、輸入経路や日時は事前に公表しない。

感染研は18年11月、村山庁舎の施設運営連絡協議会で、武蔵村山市や地元住民らに輸入に向けた考えを示した。
以降、説明会や見学会、公開訓練などを20回以上実施。
安全管理策や輸入の必要性などを説明し、住民の理解は得られたと判断した。
今月中にも次の協議会を開き、住民らに伝える。

世界保健機関によると、18年夏頃からコンゴ民主共和国でエボラ出血熱が流行している。

https://www.yomiuri.co.jp/science/20190508-OYT1T50119/

スポンサーリンク

37: 名無しさん@発達中 ID:XUC9bDU60
輸入すんなや
外でやれよ

32: 名無しさん@発達中 ID:/YxgieHx0
日本の密集地で発生したら世界が終わる

26: 名無しさん@発達中 ID:MvlcyhqF0
ちゃんと警備できるんかな?
極左集団が狙うかも。

29: 名無しさん@発達中 ID:ajo/I3/30
なぜ早稲田の庁舎でなく村山なんだろうな

12: 名無しさん@発達中 ID:OedrxEsp0
その辺地価下がるの?

14: 名無しさん@発達中 ID:q8q6Z4iL0
>>12
もう下がりようない地域

23: 名無しさん@発達中 ID:NQjlBpMu0
>>1
説明会開いた=住民の理解は得られた

謎理論

31: 名無しさん@発達中 ID:8fAXuGWl0
感染症研究所って雷塚小学校(旧第六小学校)の隣の施設かな?
まぁ、村山団地含めて上級少なそうだし、いーんじゃね?
旧むさしの住宅跡地にある防衛省の宿舎は上級国民かもしれないけどね。

しかし、つくば市のP4施設じゃダメなんかね?

52: 名無しさん@発達中 ID:l+za3ebW0
核もろくに管理できない国で殺人ウイルスとか正気かよ
完全にフラグじゃん

154: 名無しさん@発達中 ID:ftl/C2O20
>>52
それ言ったらアメリカもイギリスもドイツもスロバキアもロシアも中国もカナダもフランスもスペインもってなるぞ
ほぼ先進国全滅だからな

158: 名無しさん@発達中 ID:U/Ore+4+0
>>154
で、バケツ臨界した国がその中にあるのか?

164: 名無しさん@発達中 ID:HXUrgomT0
>>158
なぁレベル4施設が必要なのは分かるが
日本には向かない

64: 名無しさん@発達中 ID:27ccvifN0
首都直下地震が来る来るって言ってんのにどうなってんのよこれは
流出しても責任なんて誰も取れねーだろ… 

54: 名無しさん@発達中 ID:+MBft8kt0
不測の事態による事故は、いつでも起こり得るからなあ。

53: 名無しさん@発達中 ID:OJL0ZOb50
こわ、たまに行くってか昨日も行ったわ やめてくれよ

59: 名無しさん@発達中 ID:9fe2ksWW0
なんでこう日本人って危機感ないのかな

60: 名無しさん@発達中 ID:F2KTQ4af0

画像

66: 名無しさん@発達中 ID:r3rxBCiC0
これはこれでしょうがないな

67: 名無しさん@発達中 ID:aUq2T5pj0
ぶっちゃけエボラの特効薬なんてすぐできるらしいな
でもアフリカとか貧しい国ばっかりで流行しとるから
採算合わないから製薬会社が作らないだけで

74: 名無しさん@発達中 ID:27ccvifN0
>>67
普通に考えて汚染国からの防疫やら渡航制限やら医療リソースの各保とか馬鹿にならない金掛かるじゃん…
製薬会社の都合で作らんとか胡散臭いなぁ

79: 名無しさん@発達中 ID:CwxZuzHT0
>>74
そのへんは全部国の金でやる事だからな
製薬会社が金出すわけじゃない

175: 名無しさん@発達中 ID:rIjTHmCM0
>>67
まあソレは嘘じゃないんだが、何をもって特効薬とするかが問題なんだよ。
例えば今、エボラAと言うウイルスが猛威を奮っているとする。
大勢の人が感染し大勢の人が死んだとしよう。その死亡率なんと99.99%。脅威の致死率だ。
でも100%ではない。生き残る人が一万人に1人いるワケだ。
この1人から血清が作れる。血清が出来れば治療は可能になる。
たぶん現在の科学力なら1~2ヶ月で完成するんじゃないかな。
だが問題も残る。

問題1、たった数ヶ月でもその間に感染者は増え続け、感染地域も広がり続ける事。

問題2、治療薬が完成しても観戦者が多すぎればとても全員には行き渡らず、治療できなかった感染者から延々と感染が広がり続け、永遠に完全制圧ができない事。

問題3、これが最大の問題。
エボラウイルスはDNA型ではなくRNA型のウイルス。
つまり毎年流行するインフルエンザウイルスと同じで変異しやすい。
エボラAウイルスから変異したエボラBウイルスには、エボラAウイルスの治療薬は効かなくなる。

最後に問題4、
ウイルスの変異は観戦者の体内で起きるので観戦者が多いほど変異が起きる可能性も高くなる。

上記の事を考えると、エボラウイルスの特効薬とは、エボラウイルスそのものを倒して治すタイプの薬ではなく、
インフルエンザ治療薬のタミフル等のように体内でのウイルスの増殖を押さえるのが一番有効と言える。
そして、エボラ感染者を素早く発見し、早期に投薬、隔離し、ウイルスの拡散を最小限に留める態勢を整えておく事そのものが一番の特効薬と言えるんじゃないか。

71: 名無しさん@発達中 ID:GxV8oLv/0
どこか孤島でやれよ…

106: 名無しさん@発達中 ID:lrArR4JY0
>>71
マジでそれ
陸の孤島じゃなくて本当の孤島でやらないと隔離施設の意味ないわ

75: 名無しさん@発達中 ID:bhgY3bWk0
離島で研究しろよ
漏れても収まるだろ

155: 名無しさん@発達中 ID:ftl/C2O20
>>75
管理施設が整ってないから無理だよ
コウモリとか鳥媒体にしちゃうと厄介

73: 名無しさん@発達中 ID:bjqZcGAs0
西にくるなよ、絶対くるなよ

77: 名無しさん@発達中 ID:1x/+FthZ0
>>73
南風GOwwGOw

98: 名無しさん@発達中 ID:VRRnwteJ0
武蔵村山市に住んでるとか出身って言ったらエボラってあだ名つけられそう

101: 名無しさん@発達中 ID:wM8bSSfP0
てかなんで東京でやるんだ
地方の山奥とか何かあってもパンデミック起こらない場所でやれよ

102: 名無しさん@発達中 ID:G8MMrEYn0
今までよくワクチン研究できたな

108: 名無しさん@発達中 ID:+Vg/2Efl0
テロられても守り切れる設備か?
大丈夫かおい

109: 名無しさん@発達中 ID:02G9Csct0
>>1
>患者が出た場合の検査に使用する目的
>病原体を使った治療法の研究開発は行わない

辞めとけ、辞めとけ

151: 名無しさん@発達中 ID:ftl/C2O20
あれ、ちょっと前に北大のエボラ出血熱のワクチン研究(結構良い段階にきてる)のクラファンに投資したぞ
てっきり病原体も管理するのかと思ってた

168: 名無しさん@発達中 ID:H6286JrZ0
これがハリウッドなら、輸送中にイスラムテロ組織に襲われて、スカイツリーの上からばら撒かれるところを、市長が単身乗り込んでギリギリで危機を救う、テロ組織のボスはスカイツリーから落下して死ぬパターン

177: 名無しさん@発達中 ID:r+/tvjH00
鉄道すらない武蔵村山にそんな凄い研究所があったとは

181: 名無しさん@発達中 ID:UZsVrFlC0
日本人にそんな危険なものの管理は無理だって福島で学ばなかったのか

135: 名無しさん@発達中 ID:YJaA89hu0
危機管理の甘い日本で扱えるのかなぁ(´・ω・`)?

187: 名無しさん@発達中 ID:zId7nRtV0
日本には安全神話があるから大丈夫だぞ

185: 名無しさん@発達中 ID:+H1wtt6E0
都内で保持してないとオリンピック迎えられんし
仕方無い

ホット・ゾーン 「エボラ出血熱」制圧に命を懸けた人々
飛鳥新社 (2015-03-20)
売り上げランキング: 117,430

http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1557279056/