iStock_000054383864_Small
日本語で発信されるアメリカでの仕事の事情って、優秀な人の話が多いから底辺に近いエリアの話って全然伝わってないと思うんですよね。

で、その層で生きている人たちって情報発信しないしさ。

だから、今日はその辺を話したいと思います。
911のテロ以降、アメリカのビザを取るのがとっても難しくなりました。

でも、それ以前はビザなしで渡米して、不法滞在しながら働いてグリーンカードが取れちゃうような大らかな時代がありました。

歴史的に日系移民と呼ばれる戦前の先輩の遥か後の70年代、80年代に多くの若者がアメリカンドリームを
夢見て渡米してきました。これの人たちを新移民と呼んだりします。

私が2004年の渡米直後に働いていたお寿司屋さんのシェフの何人かは、そんな感じに漠然とした夢を持って渡ってきた元若者でした

中には自身でビジネスを起こして成功した人もいますが、当然そうでは「ない」人が大多数な訳です
若い時は良いんです。アメリカに住んでいる自分に酔えるから。

でも、残念ながら高給取りにはなれません。だって、高給取りになるためにアメリカ人も外国人も熾烈な競争をしてるのに彼らは最初から参加してもいないのですから

で、ある程度の年齢になっても職歴や実績が無くて日本にも帰れない
というような人も結構沢山いるのです

当然、自分の意志でアメリカに残って、楽しく生きている人もいます

でも、皆が皆そうな訳無いですもん。だって、僕も辛かったし、日本に帰りたいと思った事も何度もあったけけど現実的に帰れなかったんだもん(笑)
永住を決めた彼らは日系一世となり、彼らの子供は日系二世となる訳です

ちなみに何十年も住んでいる一世でも英語が全然ダメな人も多いですし、労働集約型の産業に従事するケースも多くなります

で、日本から留学で来る人とか、駐在で来る人は、そういう産業の現地スタッフとの接点は無いと思います
Twitterでも散々話題に上りますが、アメリカの教育費は高い。。。

想像して欲しいのですが、所得の高くない日系二世達はどういう教育を受ける事になるでしょうか?
現実として所得と教育の質って比例します

また両親が日本の教育システムから逃げるようにアメリカに来てしまったケースだと、教育に熱心では無いことも多いです

その場合、子供の日本語能力も日常会話のみっていうケースが多い

敬語が使え、漢字の読み書きが出来、読書が出来る子なんて稀です
日本語能力ってその子の日本人としてのアイデンティティに直結します

日本語の文章が読めるだけで本当に人生が変わる
十分な教育を受けなかった子達はどうやってアメリカ社会の中で生きていくと思いますか?

戦前からの日系人コミュニティは連携していて大家族のように強かったから、能力が無くても何とか生きていけた

でも新移民はそのコミュニティとは断絶した核家族みたいなもので全て両親の力にかかっている
じゃあ両親も力が弱くて、子供の学力、能力、自己肯定力等が弱くて、アイデンティティも不安定となれば生きにくいし、ルサンチマンにとらわれるわ、と。。。
じゃあアメリカを出て、両親の母国の日本に行って活路を見出せるかと言うと

見た目は日本人で日本語を話すけど、読み書きは出来なくて、精神はアメリカ人って大変ですよ

見た目のせいで絶対に日本人ととしての常識と教養を求められるもの

働きにくいし、暮らしにくいよ
だから、やっぱり彼らはアメリカで生きていく事になるんだけど

アメリカ社会という露骨なまでに学歴と能力主義の世の中で生きるには、教育が無いという事が効いてくる

八方塞がりだ

自分の意志でアメリカに来た一世の両親は何があっても自己責任だし、失敗も織り込み済みで来ているはずだから良いの
でも、その子供達については、ちゃんと戦略を持って子育てしてあげないと可哀そうだな、と思うんですよ

ほぼ確実にアイデンティティクライシス起こしてるし

日米のどちらにも精神的に帰属出来ない状態になる


下手すると一生
そんな子達と接するたびに「めげずに、腐らずにアメリカの社会を堂々と生き抜いて欲しい」と思う

現状は自分自身を映す鏡であって、状況を変えたければ自分が変わるしか無い、と伝え

変わるために「勉強」し「勇気」を持って「行動」し、成功でも失敗でもその「実績」を手に切り開いていけ、と
そうやって這い上がるしか無いんだよ、と一生懸命伝えてみるんですが

ルサンチマンを抱えているくせにプライドが高くて、泥臭く頑張る事は嫌いな子が多かった

自分が不遇なのは全部周りのせいで、自分は悪くないという思考になってる子が多かった(僕の周りでは)
推測だけど、彼らの成長過程において周りにそういう思考の大人が多かったのでは無いかなぁ、と

当然だけど何かをつかみ取る力のある人よりも、そうでは無い人の方が圧倒的に数は多い

そして、彼らの子供達も「生きる力」が弱くなり負の連鎖となっていく、と言えなくないと思う
「最貧困女子」(鈴木大介著)に最貧困に陥る女性の特徴として、家族・地域・制度(社会保障制度)という三つの縁を無くしている、というものがある

移民先の国では他所者だから当然これらの三つの縁との繋がりが弱い

結果、最貧困とは言わないけど弱者になりがちと言えると思う
だから、移民した両親が戦略的にこれらの縁を子供に繋いであげ無いと大変な事になるんです

僕は今は幸い「会社」という器を持っているので、地域の代わりに人を受け入れてあげられる。でも永久に面倒を見れる訳じゃない

社員には早く生きる力をつけて巣立って欲しいという思いを持っている
縁があって僕のところに来たんだから彼らの人生に何かは残してあげたい、と。

まぁ、それは日系人だけじゃなくて、ロシアでもイスラエルでもどこの国から来た移民のメンバーに対しても同じ様に思うんだけど

長く働いて欲しいとも思いつつ、移民の先輩としては色々複雑なんですよ(笑)
移民でも一世は「生命力」が強いから心配してない。二世は心配。

もう三世までいくと親戚もいるし、地域の繋がりもあるから大丈夫。

二世が心配なんです
こんな事を日頃考えているので、アメリカ移住を勧めたり、アメリカ最高みたいな意見に手放しに賛同できない訳です

優秀な皆さんの体験談や意見はエナジードリンクの様な高揚感は与えてくれるけど、その実大多数の人には参考にならないし、誤解を与えてしまうしね

弱者の意見も参考までにどうぞ
引用元
とても勉強になりました
確かにアメリカの底辺の人達のこと知らないな。
このスレッド、ウンウン頷き捲り。うちの旦那の先輩とかでもNYに○十年住んでて英語が全く話せない人とか確かにいました。子供の教育も学校の質がピンキリなので親の財力と知識/やる気で本当に違うし。私は子供達に自分に似た環境のコミュニティが出来て欲しくて土曜日潰して補習校行かせてる。
こういった類の話はとてもためになるし、負の側面は知らないとしてもリスク予測はするべき。この話はアメリカ移住に関してだけど、例えば大学中退とか起業やら留学に関して、良いところだけ発信すること、情報の受け手としてはそういった側面のみしか見ずに決断するのは危険。
私の知り合いにも、自由な米国を夢見て渡米された方がいました。しかし現実は超学歴社会と人種差別、慣れない米国の生活にただただ疲弊し、地獄のような日々だったと伺いました。
米国にいた起業家の知り合いに言われるがままで米国に夢見たそうですが、成功のチャンスなど何一つなかったとの事です。
日本の環境が必ずしも良いとは限りませんが、最近は日本のダメな部分と対比するように他国の『良い』部分ばかりを喧伝される方も非常に多いので、こうした現地の生々しい生活やその体験談というのは非常に希少で、価値のあるものだと思います。ありがとうございます。
僕も昔はアメリカへ移住して仕事して暮らしていきたいとぼんやりと考えていました。でも、教育費や不動産価格の高騰はもちろん、医療保険が高すぎることにも。保険料が高くて加入できなかった人が盲腸になっても我慢して悶絶打ってるという話を聞いた時ゾッとしてアメリカへの移住は夢と化しましたね。
親は日本語ネイティブ。子どもの頃に渡米し英語ネイティブ、日本語教育に力を入れない親の下で育った2世とでは、言語が違って進路とか就職なんて難しい会話が成り立たない(どちらも相手の言語を理解できるほどの言語力がない)…という話を、LAいる時に聞きました。親子で会話できないのは辛いですよね
2世が辛くなるってのは勉強になった
なるほどなぁ。アイデンティティの問題か。当人一人ならまだ良いんだろうけど。
一連のツイート、とても参考になる。特に「私は何人なの?」っていうアイデンティティ・クライシス、これはこんな“日本寄り”帰国子女の僕ですらあった。

帰属先・居場所って、与えられるものじゃなくて自分の中から生まれるものだからね…
物凄くよかった!二世の教育って本当に大事。バルセロナの領事館で日本語の教科書受け取ってる親御さん見たことあるし、そういう制度を知ってる事も大事だと思った。
日本人に限らずアイデンティティの喪失でISに染まってテロ起こしたムスリムも同じような心理なんじゃないかなと思った。
これ、日本でも似たようなことが起きているし、これから移民が増えるであろう状況で未来に向けて日本人やコミュニティができることをしていかないと、2世世代の社会参加が安定せず、格差が加速して社会が不安定になってもおかしくない。
ここから続くツイートはリアルだし考えさせられます。

自分は来たくてアメリカに来たのだから、いくら苦労しても自分の責任だけど、子供たちはそうではない。というのはアメリカに移住した人全員に当てはまる話。

もちろんプラス面も大きいけど、乗り越えなきゃいけない壁も高くなる。
留学も全面自費で学部とかは無理でしたし確実にビザ取得の確約がないのに移住の勇気はありませんでした。ただ現在はノマド職で稼いでいること、家族が他国でビザ持ち正規職員なのでこれからでもありかなと思う反面、今度は年齢的に医療費のことも考えないとなと思っています。勇気に欠けるないつまでも
amicachan えいやっ!ていう勢いが無いと移住は出来ないものですよね。そのまま勢いの乗って幸運にも恵まれて生きている人もいれば、その勢いが失速して大変な思いをする人もいる。究極的にはどちらの選択が後悔しないか、なのかなと思います
これはアメリカンドリームを夢見て渡米した日本人の話でそのピンキリの現実を知るだけでも十分に意味があるけれど、できることならここからさらに、このような立場にいる今や少なくはない在日外国人(大人もこどもも)にも思いを寄せてもらえたらと思う。
引用元
GO (角川文庫)
GO (角川文庫)
posted with amazlet at 19.05.06
金城 一紀
KADOKAWA (2007-05-30)
売り上げランキング: 57,789