20160812-33649-6
破産の依頼者でどうしても申立が進まない人がいた。
事務所で書類を書いてもらおうとしたところ、書き出さない。
色々声かけをしても同じ。

少しイライラして「書いてもらわないと進まないですよ」と伝えたら、
意を決したように、私の顔を見て

「先生、俺、字が書けないし読めないんですわ

と言った。
私は21世紀の日本で字が読めない人がいるなんて思っていなかったから、一瞬何を言っているかわからなかった。

しかも、その人は仕事をしていて、家庭もあった。

「家族だけです、知っているの。家族は助けてくれる。職場では読めるフリをしている。それでなんとか何十年も仕事をしてきた。
名前と住所は練習して書けるようになりました。ひらがなは読めます。でも漢字が読めないからATMでの振込みも娘に助けてもらわないとできない」

「小さい頃、親父が俺と母親に暴力をずっとふるっていて、小学校にも通わせてもらえなかったんです。」
「家族以外誰にも言ったことがなくて…言わなくてすみませんでした」

と謝られた。

私は自分の無知を恥じた。イライラした自分が情けなかった。依頼者に嫌な思いをさせたことを謝り、相談して今後の手紙は全部ふりがなをふる約束をした。
10年以上前の事件だけれど、たまにその依頼者を思い出す。

自分の想像する世界がすべてではないこと、人には様々な事情があることを教えてもらった。

全く連絡はないけれど、お元気で過ごされていることを祈りたい。
引用元
分かる。
弁護士になって生まれて初めて、漢字書けない人、分数のかけ算できないに会った。
悪い人の食い物にされてる、
こういう弱い人の権利を守るのが弁護士の仕事なんだって思った。
25年くらい前の話。
破産等に至る人にも様々な事情がある。
細かい文字がぎっしり並んだ契約書類は、その手の書類を読み慣れた人でないと理解困難。
文字の読み書きが不自由な人は尚更、解った振りをして契約してしまう。
耳の遠い人が聞こえてなくてもハイハイ返事するように。
それを、つまらないプライドと責められない。
昔、若い母親の支援をしていた時のこと。
携帯端末はあるのに子に必要な支援の申請はせず、何故?と正直疑問に感じました。
でもボランティアの方が

「彼女らはどんな支援があるのか知らず頼る場所も知らない。役所は書式は配るけれど彼女らには読めないこともあるの」

と話してくれたことを思い出します。
私も仕事でそのような方にお会いしたことがあります。字が書けず、読めないことを打ち明けてくれましたが、隠していた時は書類のやりとりなど文字を介在させるコミュニケーションが必要になると必ず逆ギレするのでトラブルになっていました。背景を知って申し訳なく思ったことを思い出します。
その方は幼い頃に親の自死を目撃し、ショックと貧困と生活困難で字を覚えるどころではなかったということでした。読み書きができない背景は様々だと思いますが、想像も及ばない理由で教育を受けることができなかった方もいることを知ってほしいです。
ちなみに、これを読まれている皆さんは高齢の方を想像されているかもしれませんが、20代の方でした。
たしかに貧困が理由で学校に通えず字の読み書きに支障がでることもあるけど、ディスレクシア(読み書き異常)も結構多いと思う。この異常はなかなかカミングアウトしない人多いからね
欧州各国では、映画が吹き替えになっていることが多いのですが、識字率の低さが理由の一つだと言われています。生活の中でも、何らかの作業で自宅に来る人の中で、字を書けないという人たちに会ったことがあります。ディスレクシアの場合もありますよね。様々な状況を考えて支え合っていきたいですね。
私もご縁があって夜間中学校に見学に行った時本当に驚いたし、偏見を持ってたことが恥ずかしくなった
夜間中学校には50代~70代の方がいらっしゃって、算数やひらがな・漢字を学べて良かったと嬉しそうにしていたし、歌が歌えるって歌詞カードを見ながら合唱してた
職場で、以前(私の入社前)自分の名前も子どもの名前も書けないお母さんがいたため、保護者が来る行事(保護者会や卒業式など)は、学校が用意した名簿に◯を付けるシステムに変えたらしい。
『健康で文化的な最低限度の生活』っていう漫画でも同じような話があって、その時も衝撃を受けたけどやっぱり存在するんだよね...。
特殊な事情で字の読み書きが出来ない人を全面的にフォローできる世の中になって欲しい。
ディスレクシアのかたもいらっしゃるし「書いてあるから読めばいいのに」という差別もある。
案内図も
書いてあるから読め
じゃないんだよな。
“自分の想像する世界がすべてではないこと”
私も肝に銘じなければ…。
識字率が高すぎるが故に、逆に、みんな読めて当たり前と思ってしまっていることに、はたと気づかされました。
日本の識字率は99%ですからね…
これは決して高い数字ではない
健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス)
柏木 ハルコ
小学館 (2018-08-30)
売り上げランキング: 48,790