51H9ZABAXEL

北海道浦河町にある「べてるの家」。精神障害などを抱えた人たちが、苦労を抱えたまま病院ではなく地域で生きていこうと1984年に生まれた、当事者の起業を目指した地域活動拠点だ。
そのべてるの家で行われているのが、依存症や精神的な苦労を抱える人たちが、深刻な苦労を明るく語り合い励まし合う「当事者研究」である。

 今や家族の中の対話「家族会議」としても取り入れられている「当事者研究」を広めてきたのが、ソーシャルワーカーとして支援しながら「べてるの家」の理事を務める、北海道医療大学看護福祉学部の向谷地生良教授である。

■対話によって周りと関係を持って生きていける

 「べてるの家は、いわばみんなが家族なんです。メンバー(精神障害などがあり、べてるで働いたりミーティングに参加したりする人たちのことを指す)の中には、親も祖父母もそのまた上の代も依存症に苦しんできた歴史を持っています。でも彼らは、対話をすることで、そうした精神的な苦しみを持ったまま、それなりに周りと関係を持ってちゃんと働いて生きていけるようになったんです」

 当事者研究はそもそも、依存症や統合失調症など深刻な問題を抱えた人たちが、自分たちの問題を“研究”して語り合うために生まれたものだ。

 病院の精神科に入院すると、何十年も出てこられない人が多いという中で、向谷地教授は、数名と病院を出て地域で暮らし始めた。地元日高の昆布を販売するなど経済活動も自分たちで行い、ともに暮らす「家族」として病を語り合ってきた。

 「精神障害のある人たちの生き死にに関わるような重いテーマは、これまで医師や心理士など専門家が支援することで預かってきた。でも支援者が困っている人を助けようとする、一方通行の構造や人間関係には無理があったんです。だからあえて私たちは、自分の問題を研究し語ることで、自分たちの生きる苦労を取り戻そうと、試してきたんです」

 統合失調症患者の抱える幻覚や幻聴を「幻覚さん、幻聴さん」と呼んで仲良く付き合う、仲間の依存症が強くでてしまったら「順調に苦労してるね」と称え合う。弱さを開示し合って明るく日常を語り合い、精神的な問題を抱える当事者同士が生きる知恵を出し合うのが当事者研究だ。

※省略

■キーワードは「情けなさ」

 「今から15年ほど前に、メンバー間で子どもがどんどん生まれてベビーブームがあったんです。でも親はなかなか自分で育てられる状態じゃない。そうした子どもたちをうちだけでなく地域で預かってみんなで育ててきました」

 いろんな事情で家にやってくるメンバーの子どもたちと、向谷地家の子どもたちは一緒になって育った。深刻な悩みと戦いながら生きている人がいる、いろんな大人がいて、いろんな状況に置かれた子どもがいることを、向谷地家の子どもたちは当たり前のこととして生活の中で学んでいった。

 「べてるのメンバーが抱える家族の苦労を、家の中でよく話して聞かせていましたね。経済的にも貧しい中で、家族関係にも恵まれずに育った人たちだけど、その経験のおかげでいろんな人に出会い新しい関係を築こうとしているんだ、ということも。

 とはいえ精神の苦労を抱えた人たちと、地域で暮らすというのは、簡単なことじゃない。散々な目にあって失敗もしました。そうした私の弱さも全部話してきました。それに私が遅刻や忘れ物の名人だってことも。そんな話をすると、子どもたちは目を輝かせて聞いてくれましたよ(笑)。とにかくキーワードは”情けなさ”。親は、頼りなくて機嫌がいいのがいちばんいいと思って子どもと対話してきましたね」

 べてるでは、今、第2次ベビーブームの兆しがあるという。

 「最近も、メンバーのカップルが赤ちゃんを授かったんです。お母さんはエイリアンやおばけの幻覚がある人で。赤ちゃんのお父さんを宇宙人だ、と言っているんでね(笑)。普通だったら、病院で薬を飲まされて、暴れたらすぐ拘束されてしまいます。でもそんな彼女も対話をすることで、落ち着くことができる。赤ちゃんは今また、べてるの関係者みんなで育てています」

 第1次ベビーブームのときに、みんなで育てた子どもたちは、思春期や成人期を迎えている。それぞれが自分たちの進む道を見つけ、“普通に”成長しているという。
(続きはソース)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190430-00278179-toyo-soci

スポンサーリンク

28: 名無しさん@発達中 ID:VMP8jqJI0
俺に語り合う相手なんて居ないのに羨ましい

30: 名無しさん@発達中 ID:D2andOmo0
徳の高い住職みたいだな
幻覚さん、幻聴さん

31: 名無しさん@発達中 ID:1T2q3Jbl0
瀬戸内寂聴・幻聴

38: 名無しさん@発達中 ID:JrNIVSDk0
アル中更生支援団体もそうだけどキリスト教が布教のために
利用しすぎだよな

51: 名無しさん@発達中 ID:qciIEO1F0
統失の苦しみはなってみないと分からない
健常者が症状を聴いただけでは、不思議な体験くらいにしか思えないだろうが、
患者本人は拷問以上の苦しみに20~30年以上、もしかすると死ぬまで耐えないといけない

52: 名無しさん@発達中 ID:qciIEO1F0
統失は20~30年で6割から7割は寛解する
しかし、寛解とは完治ではない

68: 名無しさん@発達中 ID:EANfbZ620
>べてるでは、今、第2次ベビーブームの兆しがあるという。
>「最近も、メンバーのカップルが赤ちゃんを授かったんです

個人的感想を言わせてもらえば
この団体は罪深すぎる

73: 名無しさん@発達中 ID:2QiLSpRG0
>>68
やば過ぎだろ

76: 名無しさん@発達中 ID:TiAzm0su0
>「今から15年ほど前に、メンバー間で子どもがどんどん生まれてベビーブームがあったんです。

障害者同士がセ○クスしまくったってことですか?

71: 名無しさん@発達中 ID:2QiLSpRG0
新しい闇が生まれそうな気がするのは
おれだけかな

133: 名無しさん@発達中 ID:7XTeUUsR0
適切な治療を受けりゃある程度寛解するのに
肝心の当人が行きたがらなかったり陰謀を唱えはじめたりする厄介な病気だよな

161: 名無しさん@発達中 ID:bSAh85fw0
障害者施設でのベビーブームて…
やべー奴のサラブレッドでも作る気か

170: 名無しさん@発達中 ID:0hPxy+zv0
>>161
天才が生まれるよ。

163: 名無しさん@発達中 ID:TIsOM9Ut0
病気になってしまった本人が生きてくための場所は必要だと思うけど
それを集めて繁殖させる意味はわからないな
子育てできない、大きくなった子供を支えられない、そんな親子増やしてどうするの?
最終的に子供育ったらその子に親を一生面倒みてね!って押し付けるため?
自分が子供だったら生まれてこなきゃよかったと思うか、せめて縁切らせて自由に生きさせてほしい
母親も父親も精神病で働くことも自立することもできなくて一生面倒みなくちゃならないなんて嫌でしょ普通に

173: 名無しさん@発達中 ID:s5mcoexv0
>>163
完全に同意

178: 名無しさん@発達中 ID:Wmj2/z880
>>メンバー間で子どもがどんどん生まれてベビーブームがあったんです。

一番問題なのはここよね・・本当にこれでいいのだろうか・・
こういうこと言うと 優生思想って批判されるかもしれないけど
実際問題として 一人一人で生きていけないのに大丈夫なのかな? って思ってしまう (´・ω・`)

179: 名無しさん@発達中 ID:LXWc166a0
>>178
地域社会で育てればいい

156: 名無しさん@発達中 ID:52wIhSpP0
治るの?

158: 名無しさん@発達中 ID:yI0ZL+MA0
幻聴幻覚って分かってたらまだ救いがあるね

181: 名無しさん@発達中 ID:m+GeL5DM0
>>158
幻聴は自分も少しなったことあるわ

あれの原因は精神的なもんだけど
起こる現象は脳の異状って感じ
環境音とかが脳内で勝手に過去に聴いた言葉に変換されるんだよね

例えばPCのファンのブーンって音が
ラジオのニュース聴いてる感覚に陥る
壁を隔てたようにボソボソと聴こえて何言ってるのかわからないけど
なんかニュース流れてるなって感じで脳が受け取ってしまう
悪化するとハッキリと人の言葉として聴こえるのかもね

174: 名無しさん@発達中 ID:P9w70uhH0
以前これのインタビューで
突拍子もなく飛んだり跳ねたり、体を動かすのは
「自分の体がコントロール通りに動くのか確認している
自分の思う通りになると気持ちがいい
自分の思う通りにならないと不安で気持ちが悪い」
って言ってて妙に納得した 

208: 名無しさん@発達中 ID:x2jKvbbb0
精神障害者も
パートナーや子供がいるというのに
(´・ω・`)

225: 名無しさん@発達中 ID:fB3cW02x0
ここで育てられた子たちの声も知りたい
一方だけの言い分じゃ足りない

べてるの家の「当事者研究」 (シリーズ ケアをひらく)
浦河べてるの家
医学書院
売り上げランキング: 92,607

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556740525/