kinchou_man
ADHDの人は仕事でも何でも、苦手なことからはなるべく逃げて、得意なこと・楽しいことだけやった方が良いよ。
じゃないと鬱になって人生終わる。

ADHDの人は多動の影響で周りからはお喋りで元気な人に見られがちだけど、鬱病発症率は健常者の5倍以上だからね、、。
スポンサーリンク
当てはまる事あって自分の事だなと思いました。

人のイメージに合わせようと何とかしようとしたり、不得手な仕事も頑張って、結果、鬱になりかなりの時間を無駄にしました。

最近障害者枠で向いている仕事に就けそうで道が拓けそうです。
すごくよくわかります!
趣味も多く、手先も器用なので、できる人と思われがちですが、いったんつまずくと果てしなく落ち込みます。
これ本当に私すぎるな。
苦手な事やり過ぎないの大事。
苦手なことの方が気になるんだよね

ピアノ習わされてたんだけど不器用だから簡単な旋律しか任されない左手が不憫で気にして弾いてたら先生に「いつも左手に力が入るね」って注意されちゃって、、
この生き方に切り替えて行きやすくなったから逃げるが勝ちはホント
首がもげるほど頷きたいです。
比較的得意なことと好きなことしかやらないと、周囲からは責められるけど心は健康になる。状態がよくなったら、苦手なことも少しやってみればいいのです。
鬱→心療内科で鬱治療→効果なし→ADHD判定→投薬と開き直りで好転。って経験者が保証するッ!
結局そのほうが能力を最大限に発揮てきるんですよね。
ただ、社会がその能力を対価を払ってまで必要としているのかというと、それはケースバイケースなので、
ADHDの程度により、支援者がついたり、当事者自身がセルフマネジメントするなど、社会のニーズとの調整は必要ですね。
端的にいえば、
食べていくには、
「ADHDが得意なこと、好きなこと」
「社会や会社がやってほしいこと」
の合致する部分を探求することです。
そんなことを言われてもさ、仕事やめるのもお金が必要だからできないし、転職するのは物凄くしんどくて活動してみたけど逃げ出したし、アルバイトやパートではお金が足りないし…
言いたいことはわかる、でも、できない…ちゃんと生きたいのに出来ないのが嫌だ
得意なこと、楽しいことだけやって社会に合致できたらいいけど、それで仕事が煩雑で散らかってるなら労働対価は払いたくないなぁ。効率上がってないし、健常者にしわ寄せがくる。迷惑かけないならいいけど、そうじゃないから進んで雇用したいとは思わないな。
それができる世界にならよかったなって思っちゃう 理想はそうなんだけど、大人として生きてる限りむずかしいよね
今はデジカメやスマホをはじめ色んなヘルプツールが揃ってるのでそう言うのを駆使して苦手な分野と思ってることにも挑戦する気概も必要だと思う。
ADHDとか関係なく結局情報強者がうまく生きられる。
好きなことだけをやっていく
を実現するためにも、
まず選択肢を増やす必要がある。


ADHDで詰んでいる勢は、
だいたい、
正社員かバイトの2択しかないし、
在宅ワークを知っていたとしても、
クライアントワークくらいしか知らない。

選択肢がないと、
人は詰んでしまう。
全てを避けきれないはずだから、私は苦手なことが自分で処理できる範囲内で向き合うことにした。
まだ自分の容量(要領)を理解しきってはいないから、手探りで探すしかないよね。
基本的に逃げるという選択肢は好きではないんだけど、状況みて判断してる。
引用元
女性のADHD (健康ライブラリーイラスト版)

講談社
売り上げランキング: 19,177
図解 よくわかる大人のADHD
榊原 洋一 高山 恵子
ナツメ社
売り上げランキング: 62,121