ダウンロード (50)
前にも書いたけど、

人間も弱ってくると「基本的な手続き」が本当にできなくなるのよ。

「ちょっと電話を一本かければいいだけのこと」であっても、
「たったそれだけのこと」がまるでできなくなる。
ほんのちょっとの作業をするのに、自分を説得していることがある。
……あれ、毎日家帰って横になると何もできなくなるのってもしかして(日記はここで途切れている)
今、闘ってます!波があって、つらい。
双極性障害で鬱転した時は布団から出ることすらできなくて、ただひたすら死にたいとしか思えなくて、「体調不良で仕事を休みます」の一報すら入れられない非常識な人間と化してしまう。
週末に、よく、そうなります。
「さあ、新聞を取りに行こう」とか、
「さあ、お茶碗を洗って、次のご飯を作ろう」とか、
「さあ、いい加減にお洗濯をしよう」とか、
「そろそろ、冷蔵庫の中が空になるから買い物に行こう」とか、

そういうことの前に、「さて、そろそろ起き上がろう」が全くできません。
本当にそうです。お風呂はいれなくなる、物が食べられなくなる、眠れなくなる。
電話で他人と会話なんて無理にきまってます。
それも生き物の防衛本能なのでしょうね。
貧すれば鈍する
というやつですね。
数か月ほど、チャットでYeS/No/ちょっと待ってレベルのことの返事すら遅れなくなってて、いろんな人や組織の中間にいるポジションだったので仕事詰んだことある。
めちゃめちゃわかる。疲れたり、気が弱ってくると、当たり前だろと言われる確認や報告ができなくなる。
だから電話を受ける側は、相手が相当頑張ってかけてるのかもしれないっていう可能性も視野にいれて受話器を取ることが望ましいよな。
本当にそうなの。それがわかってから、心配でも連絡をあまりとらない。もしくは返信不要、と書き添える。返信しなきゃと思うのすらつらいんだろうし。前に誰かのツイートで「自分の形を保ってるだけで全気力体力使ってる状態」と見てから心がけてるし、ごめん私の時もそうしてほしい。
これ弱ってくるというか、うつ病の症状なので病院行った方がいい。
弱ったのが家族であれば、相方でもできるタスクは極力カバーしてあげるとか。自分の場合は妻の会社の上司に「休みます」の電話したこともあった。自分がうつの時は休職しろと半ば強制的な助言をしてもらったりした。
はぁ〜そうゆうことかぁ〜。。。
先週頭に届いた会社に提出する休職の申請書早く書かなきゃ早く書かなきゃって思いながら1週間経っちゃって娘の風邪で保育園お休みなにの元気+私の体調不良がやっぱりそうさせたのよね。。そうよ。そうなのよ。ただ書類に名前やら日付書いて印鑑押すだけが出来ないのよ
ほんとうに。
例えば、退職のときも。弁護士の方が「高い退職代行サービス使わずとも、弁護士に依頼して」と言われるのを見ますが、追い詰められて仕事やめたい人には、それができないの。
電話一本で全部やります、って言ってくれるサービスでやっと、手がのびるのです。
これはなった人でないと分からない事だよなぁ…
本当にこれ。遅刻しそうになったら「すみません遅れます!」の連絡ができるようになって本当に良かった。回復したなぁ🌸
時に、子育てもしてると新入学に関する各種手続きができなくなりますね。膨大な提出書類、そもそも書類自体が読めない…、文字も書けない。前回、そういう話題もありました。
今止まったらだめだから動いてるけど本当にちょっとのことでもやるのめんどくさい
いつも思う

それだけのことなのに……って
なる。
なのにそうなるほどに手続が増える。
システム的に欠陥があると思う。
引用元
仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か
魚川 祐司
新潮社
売り上げランキング: 68,829