ダウンロード (91)

ベネッセ教育総合研究所と東京大学社会科学研究所は、同じ親子を12年間追跡する「親子パネル調査」を2015年度から実施してきた。
今回、このうちの2018年3月に高校を卒業した子どもの高校3年間の追跡データ(703人)を用いて分析したところ、成績が上昇した高校生は、自分の学習を客観的にとらえる「メタ認知」などを持っている(持つようになった)ことがわかった。

 調査によると、高2から高3の成績変化が「ずっと上位」や「上昇」の子どもは、「テストで間違えた問題をやり直す」、「何が分かっていないか確かめながら勉強する」などの勉強方法を活用している比率が、成績変化が「ずっと下位 」や「低下」の子どもに比べ高かった。上位の成績の維持や成績の上昇には、自分の学習を定期的に確かめたり、見直すなど、自分の学習を客観的にとらえながら学習する=「メタ認知」が効果的だと考えられる。この傾向は特に難関大学合格者において顕著であり、「メタ認知」の有無が、成績上昇や大学合格など、高い学習成果を上げることに効果的であることが示唆される結果となった。

 また、勉強する理由(学習意欲・学習動機づけ)において、成績が「ずっと上位」や「上昇」の子どもは、「新しいことを知るのがうれしいから」勉強している比率が高かった(「ずっと上位」57.0%、「上昇」42.6%)。一方、成績が「低下」した子どもは、「先生や親にしかられたくないから」 勉強する比率が49.0%と高いことがわかった。これらの結果から、成績の維持や上昇には、学習に好奇心や関心を持って(内発的な学習意欲)学習することが効果的だと考えられる。さらに、将来の目標の有無において、成績が「上昇」の子どもは、「自分の希望する大学に進みたいから」勉強している比率が高いこともわかった(86.2%)。

 今回の調査結果から、研究チームは、学習成果を上げるには、学校や保護者は、子どもたちの日ごろの経験や活動のなかで、内発的な学習意欲や将来の目標を持てるような機会をつくり、子ども自身が「メタ認知」を持って、自分の課題を分析し学習の進め方を見直せるようにサポートすることが求められると見解を示した。

https://univ-journal.jp/25452/

スポンサーリンク

3: 名無しさん@発達中 ID:dXssZrbY
ごく当り前のことに、「メタ認知」という名前を付けただけ。

4: 名無しさん@発達中 ID:Vj8krvxH
なんだよ「メタ知識」って。
背景知識の多寡が違うんだろ。

65: 名無しさん@発達中 ID:yBy0RX5N
>>4
メタ知識とは知識の知識。

6: 名無しさん@発達中 ID:MVSFQJCF
メタ認知って情報を俯瞰して関連づけてみる力だよなぁ?

5: 名無しさん@発達中 ID:cEN2JBEy
学習内容を俯瞰的に理解しろという意味かと思ったら
それとも違った

9: 名無しさん@発達中 ID:SxnB/+rQ
自己分析は勉強だけじゃないよな

16: 名無しさん@発達中 ID:6ZF5YWqV
要するに、学習者が自立していると勉強ができるってんだろ
学校や親のいうことにおんぶにだっこだと、自分の位置を客観視できず、勉強できなくてもカオスの中でのたうちまわるだけ

20: 名無しさん@発達中 ID:NdWlxRx2
点数にしやすい領域ばかりに偏って、課題を見つけるとか即応性能とかが弱すぎるね。

11: 名無しさん@発達中 ID:McveVmZP
東大卒は、暗記以外、仕事ができない。
デービッド・アトキンソン氏曰く、「日本の経営者は奇跡的無能」とのこと。
子供の時から暗記ばかりすると思考力が落ちる研究結果を地でゆく人種。
東大に入れなかった早慶レベルも、韓国人や中国人に勝てない「奇跡的」無能がバレた。
頭の良くないヤツがドーピング(塾通い)をして、金と受験テクで東大に入っている。合格点が上がって、本当に頭のいい受験テクを使わずに良い点が取れる高校生が消えた。
失われた20年はコイツらドーピング塾っ子が急増した世代が、企業の主力になったせいなので、ずっと失われた・・・は続く。台湾人の方が賢くて仕事ができ、コミュ力も高い。
戦後の高度成長もアニメも音楽も、学歴のない人が中心。「本当の知性は、知識でなく想像力だ(アインシュタイン)」。
東大卒を官僚や政治家など、答えのない仕事に就かせるべきでない。モラルさえ低い。
大人になった暗記小僧は「思考しない」職に就かせるべき。
答えのある塾講師でもして、開成や灘などの「奇跡的」無能な高校生を再生産する仕事しかない。
日本は教育を根本から変えるべきだ。

89: 名無しさん@発達中 ID:cz8UDIUo
>>11
それ言えてるわあ
本当にできる人はは塾なんか通わずに、自己学習で東大行くもんね
スポーツや趣味も楽しみながら

小さい時から塾通いして、思春期を暗記漬けと受験テク磨きで過ごした人は実社会では使えない
「あらかじめ決まってる正解を探す技能」なんて実社会では、まあ役に立たないよ
指示待ちで応用が利かないけど、具体的なお題を与えるとサッとやる高性能オペレーターかな

頼みの暗記自慢もGoogle先生には勝てないわけで
本当は状況を見て「問いを創作する力」「自分で変えていく力」が欲しいんだけどね

できない東大卒の部下を、これまで4人担当した実感です

29: 名無しさん@発達中 ID:ZnBNEvhC
>>11
9割5分は暗記バカだけど
残りの数パーセントからキラ星のようなスターが出てくるんだよ
本当のスーパーマンは詰め込みの暗記なんて全然苦にならないんだよ
日本の頭脳はまだ捨てたもんじゃないぞ

12: 名無しさん@発達中 ID:9cjvAvqw
教える側にしてみれば、
なんもわからん子供には、同じことを何百回と繰り返し書けっていうしかない

経験を経るうちに、ノートへの書き取りはそんなに効率よくないことがわかるのは
本人のセンス
他人に伝えるのが非常に難しい

21: 名無しさん@発達中 ID:i0bLiMeQ
日本人のメタ認知力は先進国中では致命的に低いんだよな

だから学習効率も労働生産性もビリ

根性と時間に頼る文化そのものが悪

23: 名無しさん@発達中 ID:S/6cFWYR
当たり前のことだけどな
「どこでどう間違ったんだー!」って気になって確かめるし
類似の問題をクリアできるようになれば嬉しいし

28: 名無しさん@発達中 ID:dXssZrbY
本当に判ってない層は、自分が何を理解しそこねてるのか
問題箇所を切り分けることすらできない。
理解してない箇所を認識できるのは、既に中間以上の層。
……というだけの話。

32: 名無しさん@発達中 ID:XlENLcsh
>入試の点数と頭の良さは同じではない
これを限りなく同じに近づけていかなければならないのに
そんな発想すらないのが現状なんじゃね? 

36: 名無しさん@発達中 ID:QF5m3HVJ
「テストで間違えた問題をやり直す」、「何が分かっていないか確かめながら勉強する」

こんなのあたりまえじゃないのか?

39: 名無しさん@発達中 ID:qbWsodWx
>>36
当たり前のことをやってるやつは少ない。
ビジネス書も自己啓発書もどれも読めば当たり前のことしか書いてない。

人はなぜか「こうやるとダメなんだよな」ってわかっていることをワザワザやりたがる。
ダメなのを確認したら次のステップに進むのが当たり前だと思うだろう?
大抵の人間はなぜかまた同じことをやって、「やっぱダメだよな」ってまた繰り返せばいいほう、大抵は二度やって諦める。

当たり前のことを教えてやっても、「そういうのってなんか失敗したりするじゃん」とか言って、認めない。
または「そういう当たり前のことじゃなくてさ」とか言って、他のことを聞きたがる。
うまくやってる連中だけが知ってるスゴい秘法みたいのじゃないと納得しない。

66: 名無しさん@発達中 ID:aUedIfWY
>>39 頭いい人ってクソつまらない勉強にガリガリ集中するための特別な方法を持ってるんだと
思ってたよ。まさか「新しいことを知るのがうれしい」からなんて夢にも思わなかった。

83: 名無しさん@発達中 ID:d39cu/5F
>>66
モチベーションが学習自体ではない所にしかない人に比べてかなり有利になるな。
そして、時間などのリソースについて、同じ量を使っても
やり方次第で結果が異なることに気付き、手段を取捨選択することで
うれしさが増やせることにも気付けば、ますます有利になる。

40: 名無しさん@発達中 ID:Mvr2gcSy
仕事でも勉強でも◯◯力みたいなのが多すぎて何をしたらいいかわからない

41: 名無しさん@発達中 ID:yWIDgdkC
10年くらい前だと気付きって言われてたと思う

48: 名無しさん@発達中 ID:PphibBct
これ多分間違っていると思う
抑々参考書読んだり問題集やったりするレベルで気力や意欲喪失して
記憶に定着してるか再確認したり間違った問題再度復習したり何処がダメだったか自己分析したり
する行為に至れないからだと思う
メタ認知以前に知的タフネスのレベルが低いからだろう
基礎体力と同じで知的タフネスを少しずつ大きくする意識をもって取り組まないとメタ認知できたところで無理なような気がする

42: 名無しさん@発達中 ID:AlKfih4I
こういうのって「メタ」ではないような

49: 名無しさん@発達中 ID:zh+J9aXg
単にやる気がないだけだと

50: 名無しさん@発達中 ID:hxqPMa2d
これメタ認知じゃないだろ

52: 名無しさん@発達中 ID:x5ydbmbb
この場合の認知って学習のことだろ。
Aとは何かを検討するのがメタA
なんだからメタ認知はメタ学習のことだろ。
そりゃ学習とは何か?を分かってた方が学習は上手だろ。

54: 名無しさん@発達中 ID:VN3eVjSt
そりゃそうだな
自分の位置関係を客観視できれば
すべきことが分かり、時間を有効に活用できる。

まあ、それができるのも能力次第だがな

58: 名無しさん@発達中 ID:jmwX4rfl
要するに地頭が良くないと成績向上は望めないって事?

71: 名無しさん@発達中 ID:X3mmBOcC
これは確かにそうなんだろうけど
80パーセント理解できてたら、復習して85%になって
理解が進んだ実感があるみたいな状況だからこそ
そういうモチベーションがうまれるってところもあるかもな
理解度30%、復習して35%になっても
理解が進んだ実感がえられない

結局は、勉強得意な子は勉強が得意
というような話なのかもしれない

69: 名無しさん@発達中 ID:A5//np06
勉強のできるバカが多いのはその通りだけど、
世間で役立つ学力を身に付けるには相当な暗記力が
必要なのも事実
問題なのは優秀な人間に暗記偏重のくだらない
受験勉強を強いてるとこだろ

74: 名無しさん@発達中 ID:+wrn33RB
躁状態に自在になれる能力の方が勉強の効率上げると思うけどな
それが無理なら薬やるとか

77: 名無しさん@発達中 ID:gE/b/Kcb
>>74
勉強している最中に躁状態になるならいいんだけど、勉強を始める前に躁状態になると、勉強を放り出して
しまうことがあるぞ(両方実体験あり)。加減が難しいな。

78: 名無しさん@発達中 ID:nj7DmWnL
>>74
自在に操れるかどうかはそれが好きかどうかによるけど、過集中って結構そんな特性よ

114: 名無しさん@発達中 ID:HGaGDaUM
自身の認知や理解特性を知るのは大事と思うわ。ほんま個人差でかい
勉強時間とか努力できるのも一つの特性でしかない

119: 名無しさん@発達中 ID:QHs6bk7f
>一方、成績が「低下」した子どもは、「先生や親にしかられたくないから」 勉強する比率が49.0%と高いことがわかった。

これをバカな親共に聞かせてやりたい

具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ
細谷 功
dZERO (2014-11-27)
売り上げランキング: 1,021

http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1555142420/