画像


ある日突然統合失調症になった理由は、猫?

体内に隠れている細菌やウィルスが長い時間をかけて痴呆やアルツハイマー病などのメンタルヘルスに影響を及ぼしているのではないかと、お医者さんたちは考え始めているようです。
2019年3月第4週に発表されたある実例によって、特定の細菌が早いスピードでメンタルヘルスに大きな影響を与えることを示唆しているとの見方が出てきたとのことです。

「Journal of Central Nervous System Disease」というジャーナルに発表されたケーススタディレポートによると、14歳の少年が急に現実との境目がわからなくなり、18ヶ月間も原因不明のまま悪夢のような日々を送ったのち、お医者さんたちはついにその謎の原因(まだすべての謎が解明されたわけじゃないらしいんですが)を突き止めたのです。

■突如、14歳の少年が精神的に荒廃

レポートによると、その少年はいわゆる「ギフテッド」。先天的にある特別な才能を持っている人のことを言います。症状が出るまでは社交的な少年だったそうです。2015年の10月、急に精神病を患い、鬱状態に陥り、殺人・自殺願望さえ持つようになったのです。同じ月には救急精神科医療に搬送されるという事態にも。

結局何人もの精神科医や医者に見てもらっても、精神的に荒廃していくばかりで1年半の間に3度も入院生活を送ることになりました。もちろん学校にも行けませんし、少年の母親は仕事をやめて彼の看病をすることに。幻覚や妄想も激しくなりました。特に買っていた2匹の猫と1匹の犬が自分を殺しにくるという幻覚があったそうで、家族は猫と犬を手放さざるを得ませんでした。

「正直、獣医としてはこの話を聞くのは悲しいことでした」と話すのは、今回のケーススタディの著者の一人ノースカロライナ州立大学のEd Breitschwerdtさん。

■細菌「バルトネラ」への感染が原因?

少年はその後統合失調症と診断され、抗精神病薬を飲むようになって少し症状もよくなっていきます。2016年にある医者が少年は実は「自己免疫性脳炎」なのではないかと疑いを持ち始めます。自己免疫性脳炎は体の免疫組織が脳を攻撃してしまうもの。しかし免疫抑制剤の投与をしてみても症状は改善されず。同じ年に両親が少年の太ももと脇の下にストレッチマーク(肉割れ)のような不思議な病変を発見しました。7ヶ月後の2017年2月、他の医者が体の病変と精神の病はもしかしたら同じものが原因で起こっているのかもしれないと疑ったのです。それは「バルトネラ」と呼ばれる細菌の感染によるものだと。

感染症の疑いということで抗生物質の治療を始めたのですが、抗生物質が効いているのかどうかはまだわからないままでした。その後、少年の父親がノースカロライナ州立大学のBreitschwerdtさんにコンタクトをとることとなります。Breitschwerdtさんのチームは少年の血流から「バルトネラ・ヘンセレ」という細菌だけを分離することに成功。そして少年はさらに抗生物質を投与されました。

■少年は回復

回復への道は簡単ではなかったものの、少年は痛みと闘いながら、何ヶ月もの抗生物質治療を耐え抜きました。(省略)

■「猫ひっかき病」とバルトネラ・ヘンセレ

バルトネラはバクテリアの中でも異質な存在で、血管の中に住み、ウィルスのように他の細胞に入り込み増成していくのです。細胞の中に上手に隠れてしまうため、この少年のケースのように医者がバルトネラ細菌を探し出すのが難しかったのです。これまでに少なくとも30種類のバルトネラが発見され、そのうちの10数種類は人間に感染する種類だということです。一番よく知られているバルトネラ細菌は、少年から見つかったバルトネラ・ヘンセレという種類。

バルトネラ・ヘンセレは熱やリンパの腫れなど軽症疾患程度で、抗生物質なしでも1ヶ月以内に治ってしまうものです。一般的に「猫ひっかき病」とも呼ばれています。(続きはソース)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00010007-giz-sci

スポンサーリンク

6: 名無しさん@発達中 ID:2oAb4EPr0
猫と和解出来なかったか

10: 名無しさん@発達中 ID:sS3XUjVE0
猫終わったww


猫好き脂肪

35: 名無しさん@発達中 ID:6o243u1U0
>>10
猫の為なら不治の病でも関係ない
うちのにゃんこと離れるくらいならキチガイになって死ぬ方がいい

85: 名無しさん@発達中 ID:h7ozQR7A0
>>35
洗脳されてるのか
可哀そう(´・ω・`)

88: 名無しさん@発達中 ID:8oI30itw0
>>85
このレベルだとドーパミン分泌と関連してそうだな

脳の奥深くまで入り込んでそう

7: 名無しさん@発達中 ID:XJukFiji0
14歳なら糖質じゃない別の精神疾患なんじゃねーの?

67: 名無しさん@発達中 ID:2lGxR/QL0
>>7
そういうことだよな
抗生剤で治ったとか書いてあるし

97: 名無しさん@発達中 ID:u19Vfnq60
>>7
思春期のホルモンバランスの乱れから思春期(特に男子)に糖質になるよ
10代半ばから20代前半が男性の発病第1ピーク
第2ピークは40代で女性は30代が多い

107: 名無しさん@発達中 ID:tBNI/hxz0
>>97
思春期精神病ってあるんだよな
知り合いでアスペルガーの子供が罹ってた
この少年もギフテッドだっていうし偶然とは思えないな

4: 名無しさん@発達中 ID:8SdDWdwr0
トキソプラブマ。。

12: 名無しさん@発達中 ID:8oI30itw0
これは分かる

一度、猫を触ったら、全身が痒くなってアレルギーのような症状が出た後、精神的に参った事がある
体が重くて、やる気が落ちて、思考力も低下した

一時的だったから回復したけど、あのまま続いてたら、多分かなりヤバかったんじゃないかな

鬱病は感染するよ

22: 名無しさん@発達中 ID:7oSMH+ex0
>>12
それは普通に猫アレルギー
感染症とは全然ちがう

18: 名無しさん@発達中 ID:2vjat5Wj0
>>1
小児科のドクター『「だから最初に動物飼ってますかー?」って聞いてんのに…(´・ω・`)』

21: 名無しさん@発達中 ID:vqOtIoJz0
昔じいちゃんから犬猫には近づくなと結構キツめに諭されたのを思い出した

42: 名無しさん@発達中 ID:XZmVs3Uo0
世間でこれだけ猫ブームだともっと出てきそうだな。

40: 名無しさん@発達中 ID:Db4XJL890
この時、彼の発した警告は
民衆には聞き入れられませんでした…。

45: 名無しさん@発達中 ID:8oI30itw0
その精神的ストレスってのが細菌の感染で引き起こされてる可能性はかなり高い

複雑な作用機序がある為、解明されていないんだろう
何しろ精神病患者は精神病になる前の記憶が曖昧だからね
年単位で進行する病気なら何が原因か特定するのは難しい

59: 名無しさん@発達中 ID:1SYJnaku0
>>45
まあ感染耐性もストレスで弱まるからね

花粉症だってストレスで弱ってると
酷くなる
アトピーも


副腎が弱って副腎皮質ホルモンが出なくなるから

61: 名無しさん@発達中 ID:8oI30itw0
>>59
精神病になって死亡した人の脳を解剖したら、
大量の膿が出てきたって話しもある
分析したらカンジダ症の痕だったらしい

わりと普通の病気で精神病になるらしい

63: 名無しさん@発達中 ID:VKRdsRrr0
少しの引っ掻き傷でも綺麗に洗い流して消毒せな

128: 名無しさん@発達中 ID:5R+S+w0K0
オレはもう何百回も噛まれたり、引っ掻かれてるよ

一度だけ1ヶ月くらい高熱が下がらないときがあったが、猫が原因だったんじゃないかと
思ってる

125: 名無しさん@発達中 ID:oAFXgypx0
このスレ見て病院に行って「自分も猫飼ってて何かしらの菌に感染して精神的におかしくなったのかもしれない」って言っても安定剤出されるだけで絶対相手にしてもらえないだろうな。


っていうか実はこれは経験談で自分も猫と特定した訳じゃないが何かに感染して心身ともにおかしくなったのかもしれないと思っていろんな病院行ったことあるがすべてで異常者扱いされて散々な目にあった。

最後に精神科で寄生虫型妄想と診断されて安定剤出されて終わり。

131: 名無しさん@発達中 ID:3+srlMRx0
免疫疾患は大変だよな

51: 名無しさん@発達中 ID:Fzc/prj50
アメリカの凄いところは
こういうのを突き止めることだよな 

心を操る寄生生物 :  感情から文化・社会まで
キャスリン・マコーリフ
インターシフト
売り上げランキング: 182,650

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554715920/