D3CPS1sU4AAFj-s
新元号発表のNHK中継で、菅官房長官が掲げた新元号が手話通訳のワイプに被さったことが話題になってますが感動しています。

30年前の聴覚障害者はなんの情報もなく
ただただ平成の字を見るしかなかったのに

この30年で国民の一大事にインパクトを残せる位置に手話通訳がいる。
これはすごい進歩ですよ。
スポンサーリンク
いろいろと暗い話が多かった平成ですが、遅々として時には後退しながらも障害者福祉や社会進出は進んできました。
その中の一つが官房長官の記者会見には手話通訳がつくことになったとこです。
令和のはじめにこんな「ケチ」がつくなんてと私は本当に感激してますし令和に希望を持ちました。
これは記憶違いなら申し訳ないのですが、
官房長官の記者会見に手話通訳がつくようになったのは東日本大震災の数日後からだったと覚えています。
若い聴覚障害者を中心に「政府広報のアカウントなどに情報保障をつけてほしい!」と声を届けたところ即座に手話通訳がついたのですね。
私も必死にあちこちのアカウントへリプライやメールで情報保障を求めた一員でした。
そして、官房長官の会見に手話通訳がついたのを確認したとき、私は人知れず泣いたのを覚えています。あれはささやかな震災の中での勝利でありました。
あのときのエネルギーがいま、令和の発表のときにネタに源になったことに本当に感慨深いなぁ、と。
このツイート書いてて少し涙ぐんでます。電車の中なんですけど。
今から新職場に出勤なんですが本当に清々しい気分で向かってます。
がんばるぞい。
手話のわかる人が先に知れたのですね!
職場のTVで見ていました。ワイプが大きいことに私も密かに感動しました。
普段TVをほとんど見ないのでアレなんですが、初めてあの大きさのワイプを見て、聞こえない方たちにもはっきりと伝わるね!と思っていました。
なるほど。
当事者にしか分からない歴史ですね。
のいて!って思ってごめんなさい!
私も「リアルタイムで手話通訳してくれてる!」と感動しておりました。
ワイプかぶっちゃったのはご愛嬌。NHKさん有難う。

むしろ話題になることで、全ての人が情報から置いてけぼりにならない報道やコンテンツの形を考えるきっかけになるのでは。

令和が一人一人にとって良き時代になりますように。
引用元
ボクの彼女は発達障害 (ヒューマンケアブックス)
くらげ
学研プラス
売り上げランキング: 114,954