「時間に余裕を持って支度する」は場合によってはADHDには逆効果だと私は思ってる!

図解してみました。私はいつもこれです。伝われ。
スポンサーリンク
あのほんとにこれなんですよね😅
ほんまこれ。
急に鏡磨き出したりマニキュアしたり頑張って朝食作ったりする…
こないだで出掛ける15分前に掃除機かけた
わかる。
余裕持って起きて、のんびりしてるといつの間に出かける時間になって、結局ギリギリになるのよね
因果は収束する
これこれ。
優先順位、わかっていても実行できない。
今やらなくていいことをわざわざやる。
今も。
めっちゃわかる。

時間に余裕がある
=なにかその間にできる

って考えてしまいがちです。

だから10分前行動という概念が弱く
家で時間(ギリギリ)まで
何かしたくなっちゃう
→遅れる

というパターンの多さ
そうそう、調子にのってTwittertに張り付く
気づいたらもうヤバイ
バタバタ支度
なにかを忘れてモヤモヤが晴れない
着いたときに気づいてもう遅いw
出掛ける前の士気上げにYoutubeで曲を流す→他の気になった動画を観始める→うわぁぁ!!は日常茶飯事。
まさにコレだ!逆効果というより効果なしなんだけど…昨日は朝からクローゼットの整理してた
ほんこれ
余裕あるじゃーんで寝癖ボサボサのまま携帯触って出る10分前になって半泣きで支度する… わかってるんだけど治せないんよな(´°-° `)
どんなけ余裕もってても寸前に鍵が見つからなくて大慌てだからね・・・
分かる…すごく分かる。
時間に余裕があると思うと途端に動き遅くなったりボーッとしたりしちゃう。
やりたいんだよホントは?
ちゃんとテキパキ動きたいんだよ?
やる気はあるんだよ?
でもこの辺、なかなか他の人にはわかって頂きにくい。
自分の場合は、遅刻はしないけど、傘とか携帯とかの必需品を偶に忘れる。
携帯とかは取りに帰らないとダメだけど、傘とか筆記用具とかはコンビニで調達できるから、買えばいいかーってなって、それを繰り返していくうちに出費も嵩むという悪循環。
調子に乗り過ぎて後でマッハで支度する人生を送っていたら、マッハ支度のスキルが上がった。

ならばマッハ支度を前に持ってこればいいんじゃないかと気づきはじめたけれどまだ実行に移していない。


二度寝しちゃだめだ二度寝しちゃだめだ

やっぱり画像を撮ってアラームを止めるアプリを入れようか
わかる。おかげで空気清浄機のフィルター清掃やPC関連のアップデートが実施出来てる。なお個人的な正解は、前日に着るものと持ってく物を玄関に準備するという。
時間に余裕があり過ぎても、なさ過ぎても(その場合下から二段目のパターンでスタートする)だめ。
丁度いいくらいの余裕で行ければ…って思うけど丁度いい時間の余裕なんて体感したことないから分からん。
すっごいわかる…
コレを克服するのに有効なのは「失敗体験の積み重ね(実体験によるリスクの刷り込み)」だと思う。
しかしそれも重度になると一切通用しなくなる上、重ねれば重ねるほど自己肯定感の形成に必要な「成功体験の積み重ね」やその機会が殺されていくという負の連鎖に陥ると認識している。
ADHDでも強迫性障害があると、こうはならなかったりするかも
時間ぴったり行動の方が間に合ったりしますよね…(´・ω・`)
病院等もまだ時間があると思って違うことしてると行く時間無くなるなんてザラです
毎回絶対にこれなので支度時間ギリギリまで布団から出ない方が100億倍マシ
いつも通り準備して(早めに着いて待っている)という選択肢は無いのか…
引用元
SEIKO CLOCK(セイコークロック) RAIDEN(ライデン)大音量デジタル電波目覚まし時計(白) NR532W
セイコークロック(Seiko Clock) (2014-07-18)
売り上げランキング: 268