72a71633 (2)

人類社会の複雑性が進化した結果、世界中の宗教や神の信仰が生まれた可能性があることを研究チームが発表した。
慶應義塾大学環境情報学部のパトリック・サベジ特任准教授、英オックスフォード大学のハーヴェイ・ホワイトハウス教授、米コネチカット大学のピーター・トゥルチン教授らによる大規模ビッグデータ解析で分かった。研究成果は英科学誌「Nature」に掲載された。

 慶應義塾大学によると、国際共同研究グループは1万年にわたる人類進化の歴史的記録20万件以上を世界400カ国以上から集め、「セシャット」と名づけたオープンアクセスのデータベースを構築、ビッグデータ解析を進めた。

 その結果、宗教的な神の信仰は社会の複雑性が進化した結果であり、その原因でないことを突き止めた。従来は人々が神を信仰することで協力し合うようになり、大規模な社会が形成されるとする仮説が有力だったが、これを覆す結果が出た。

 特に宗教的儀式は神の信仰が生まれる何百年も前に出現する傾向があった。研究グループは宗教的儀式を通じた集団行動が人々の協力関係を促し、大規模な人類社会を形成する要因となったとみている。
研究グループは今後、人類社会の形成と農業、戦争の因果関係など科学的に立証されていない仮説について、大規模ビッグデータ解析を進めることにしている。

論文情報:【Nature】Complex societies precede moralizing gods throughout world history
https://www.nature.com/articles/s41586-019-1043-4
ソース
https://univ-journal.jp/25234/

スポンサーリンク

2: 名無しさん@発達中 ID:tfN/tOD8
つまりはどういう事?
わかりやすく教えて

8: 名無しさん@発達中 ID:GOhAUlAR
>>2
複雑な社会が先にできたのか、神への信仰が先立ったのか、
調べたら複雑な社会が生まれた結果、神への信仰が生まれた

13: 名無しさん@発達中 ID:vEi5zmCO
> 特に宗教的儀式は神の信仰が生まれる何百年も前に出現する傾向があった。

神を信仰していない宗教的儀式ってどんなん?
教祖や教典の信仰なん?中学で習うアミニズムは山や自然を神として崇拝してたんじゃないん?

それとも、道徳や規範、生き方思想なんかを宗教的儀式化してたん?
それとも、ただ集まって火の周りで飲んで歌って踊ってた宴会のことなん?

よくわからん。

28: 名無しさん@発達中 ID:Bzh0k9Ks
>>13
人間の集団が少人数の時は、そう言う「大地の恵み」みたいな信仰が現れる
集団の数が多くなると(100万人規模)、懲罰的な「神」の概念が発生して宗教になる

ということらしい。元々原始宗教は教義が存在しないので厳密には宗教とは言えないと思うが、
これからどうして教義を持つような宗教が生まれたのかという研究らしい

36: 名無しさん@発達中 ID:hg6ROLzl
>>28  あ、なるほど。そういうことか。

31: 名無しさん@発達中 ID:dpAc/bT0
>>28
そうすると、あれだ。
カール・ヤスパースの提唱した紀元前5世紀の「枢軸時代」みたいな画期を想定した研究ってことだ。

ちょうど、紀元前10世紀ごろに「鉄器時代社会」が成立してきてから5百年ほどたったタイミングで、
世界で一斉に哲学だの教義宗教だのがボコボコ誕生してくる現象。

西アジアでの旧約聖書の本格編集、地中海世界でのギリシア古典哲学、インドでのウパニシャッド哲学や仏教の発生、
東アジアでの孔子らの諸子百家の活動、この辺が斉一的にほぼ同じタイミングで起きている。

25: 名無しさん@発達中 ID:GxJ/7RFl
マックスウエーバーの社会論がベースにあって
宗教から偶然に合理性が発生してそれを元に合理的な社会が発達したという理論だけど
全文明の発達状態の平均値を出してみるとウエーバーの理論とは違っていた
という話

56: 名無しさん@発達中 ID:0i01nqdX
>>25
今の感覚で聞いたら、マックスウェーバー適当すぎる

27: 名無しさん@発達中 ID:cJOn9Hfj
大規模な社会が形成されるまえから信仰はあっただろ 

16: 名無しさん@発達中 ID:w9vkw0cV
>>1
その場合の「神」と
日本各地の「カミ」は発生と発展が違うと思う

29: 名無しさん@発達中 ID:V9oZCjJ2
そりゃ社会が複雑になって自分じゃどうしようもない不条理なことも増えたから、
単純な自然への畏怖を超えてなんか押し付けたりすがったりするものが欲しくなったんだろ。
神が現れたから社会が複雑になったと考えるよりはるかに理解しやすいし、
社会が形成されていないと神や信仰に関する共通概念も成立しないから、
結論としては当然だと思うけど。

43: 名無しさん@発達中 ID:irVrRvlN
かいつまんで言うと
宗教ができて集団形成が容易になり人口が増えた
のではなく

人口が増えた統率を取るために神の概念が生まれた
という証明?

45: 名無しさん@発達中 ID:JTDQxe0+
神というのは、統治の道具としての戒律宗教のことをさしているのかな

35: 名無しさん@発達中 ID:hg6ROLzl
へー。
宗教的儀式は人類社会が作られる前から発生していて、儀式協力が社会構築の基礎になり、
その後人類社会が拡大複雑化してから神への信仰が生まれたと。

え、そんじゃ原初の宗教儀式って、何に対してやってたわけ???
神に対してやってたんじゃないの???

37: 名無しさん@発達中 ID:dpAc/bT0
>>35
どうも、報道のしかたが稚拙で、本当は教義宗教の神概念が発生したタイミングを評価しているみたいだぞ。

つまり、精霊だの自然神だの祖先神だのを祀る儀礼がある段階から、
神によって与えられた教え、みたいなものをルールとして共有する段階にステップアップした
タイミングの評価らしい。

38: 名無しさん@発達中 ID:hg6ROLzl
>>37  なるほど。面白いし、重要な研究じゃんか。

人類は集団が拡大すると奉納感謝系から戒律懲罰系に変質するってわけだね。
100万人規模が変質点なのか。

39: 名無しさん@発達中 ID:hg6ROLzl
儀式段階では儀式の実行が重んじられるのに、信仰になると内容が重要になる、的な翻訳。

面白いのに、このスレまったく伸びる気がしないやw

40: 名無しさん@発達中 ID:dpAc/bT0
>>39
伸びないのは、やっぱり、元報道が研究の内容を咀嚼していないクソだからだと思うな。

それにしても、ヤスパースの提唱した「枢軸時代」を現代的な学術レベルで再評価していく段階に
入ってきたという事だと思うな。

これが世界的に斉一的に起きたのは、前段階のリセット現象が世界斉一的だったからじゃないかと思う。

つまり、「紀元前1200年のカタストロフ」と、その混乱が明けて成立した「鉄器時代社会」だ。

49: 名無しさん@発達中 ID:rXETEfUV
ゴンドワナ型神話とローラシア型神話?

52: 名無しさん@発達中 ID:BjEhEBDv
>>49
それはもう一段階前の話。普通にキリスト教の神をイメージするのでいいと思う

50: 名無しさん@発達中 ID:0/CrxjOO
神って馬鹿を統治する方法っしょ?
分からないものへの解決方法

自然災害の原因が何かも分からない頃は精霊やら妖怪みたいな概念で説明してたが
人間が自ら行う行為の場合は原因突き止められると困る場合がある
ただそこも精霊の類にすると問題があったので
精霊やらより一つ上のそれを包括するような違う概念で説明する必要があったのでは

神の出現は人間が同族に対して狡賢く生きるようになった辺りから出てんじゃないの

53: 名無しさん@発達中 ID:BjEhEBDv
神の信仰があった集団が繁栄したわけではなく、
何らかの要因で急激な人口増加があった集団で神の概念が採用された

近代だと国家になるのかな。

55: 名無しさん@発達中 ID:prdOaV+M
近代以降でさえ、「神」概念について学問の世界でさえ合意と呼べるものはないのに、この研究チームはどんなワラ人形をでっち上げて研究と称してるんだかな。呆れるわ

57: 名無しさん@発達中 ID:nLI6bnQp
エジプトの文明初期にあった抽象的な作品としては、目の形のお守りがあった。
根付みたいなもんだけど、当時の人はそれを作って携行していたという。

人が多くなって村と村の争いが頻繁に起きていた頃、一番怖かったのは夜中の
隣村の斥候だったとか。だから、だれかに見られているという恐怖をシンボルにして、
平和に暮らせるようなお守りという形を作った。

その後の文明開化の後はいろんな遺跡に体系だった神様の権威が記されていた
ところに繋がる。そこから考えると、人が畏れ、恐れ、それを形にしてルール化して
いくっていうのはやっぱり人間と人間の感情的な関係に結び付くんじゃないのかと。

58: 名無しさん@発達中 ID:+ffkNsbx
>>57
面白いことに、もともとのイスラームの偶像破壊っていうのは、唯一神は姿かたちであらわされるようなものではないし、
唯一神以外に神は存在しないので、偶像の存在そのものが神に対する不敬だから破壊しなさい、というものなんだけど、
実際のイスラーム圏の民間信仰ではそれがかなりずれてきている。

つまり、今存在する偶像は邪視でもって害をなす危険があるからそれを防ぐために破壊しましょう、という解釈になってるんだな。

だから、中央アジアなんかの古い壁画の眼のところだけが削り取られていて、全身の破壊に至っていないことが多い。

60: 名無しさん@発達中 ID:2MUFB+Vc
社会の共通認識がひつようなんだなぁ、、
言い換えれば他の宗教とまぜることのきけんせいだよな、、分裂を招くわけだ

63: 名無しさん@発達中 ID:rL59lXb+
>神の信仰は社会の複雑性が進化した結果

まあそりゃそうだろ。ヒトという種の社会性の自家中毒みたいなもんだわな。

72: 名無しさん@発達中 ID:0QUT9QKZ
社会が大きくなれば統治するのが難しくなるから、宗教という縛りと神という絶対者を作って統治したんだよ。
神も宗教も為政者の道具。

統治するための強大な権力と暴力機構があれば宗教はいらない。
中国や北朝鮮を見ればわかる通り。

80: 名無しさん@発達中 ID:u3q77ry4
>>72
まず支配階級が形成され、自らの正当性のために神話を整えていったという説もある。

85: 名無しさん@発達中 ID:GCfL8slX
>>72
それはマルクス主義史観だろ。

89: 名無しさん@発達中 ID:nR41dhoU
>>85
共産主義は宗教だから

73: 名無しさん@発達中 ID:EAFa0VfN
歴史的記録からビッグデータ解析って
記録が残るほど文明が発達したころには既に宗教がありそうな

こんな論文書く方も書く方だが載せるネイチャーもなかなかだな

77: 名無しさん@発達中 ID:tDe1ImyK
サピエンス全史の説明では、神という物語と概念を発明した種族は、利己を超えた行動ができる
ケガや痛みを伴えば恐ろしくて逃げ出したいという衝動も、神に守られているという物語で超越し、
死を恐れない集団となり、他の集団を制圧して巨大な種族になっていった、という説明がされていたがそれが間違いだったということか。

81: 名無しさん@発達中 ID:GCfL8slX
アミニズムから一神教までのありがちな宗教の進化形態をそのまま踏襲している学説にしか見えない。

83: 名無しさん@発達中 ID:GnOVF1hV
わかりやすく言うと神や信仰といった概念が成立する以前から盆踊り的なものは社会に存在していて、先祖の霊がお盆に帰ってきて云々というのは後付けの理屈に過ぎないということ
みんな踊りたいから踊るし、収穫期には食べ物豊富だからみんなでご馳走を食べる、極めて単純な欲望から出た行為がいつしか宗教的祭祀になったと

84: 名無しさん@発達中 ID:IE1yStZi
>社会の複雑性が進化した結果
最近、信仰が低下してるのは、社会の複雑性が退化してる?

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福
河出書房新社 (2016-09-16)
売り上げランキング: 883

http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1553576706/