ダウンロード (87)
もうすぐ新社会人の皆さま、

ほうれんそう=報告、連絡、相談

ですが、

こまつな=困ったら、使える人に、投げる。
きくな=気にせず休む、苦しいときは言う、なるべく無理しない。


だそうです。

最もしてはいけないのは、

ちんげんさい=沈黙する、限界まで言わない、最後まで我慢。

らしいです。
スポンサーリンク
一年働いた後に見るこれは、すごい説得力を感じられる。
人生のビタミン満載という感じです。
うちの職場には「ほうれんそう」の「おひたし」と書かれてる
お=怒らない
ひ=否定しない
た=助ける
し=指示する
ちんげんさいでメンタル死にました
ちんげんさい→沈黙、幻滅、災難
が、社会には待ってるよねーーーって中学の先生とお話しました(笑)
ちんげんさい、よくやってしまいますね・・。

人に聞いたりコミュニケーション取るのが苦手で、
特に教える立場の人がすぐ怒るような人なら尚更ですね。

また、周囲に何か言ったり助けを求める前に、
自分に落ち度がないか考えたり、自分の能力不足を責めて
自分の中だけで頑張ろうとしますね。
本来は「ほうれんそう」の「おひたし」
お:怒らない
ひ:否定しない
た:助ける(困りごとがあれば)
し:指示する
上司の責任の話が「報連相」のみクローズアップされて部下に押してけている
無能な上司が多いです。
4月から社会人8年目になる者ですけど、これは新人だけじゃなくて、中堅やベテランにも共通して言える事ですよね。
「こまつな」大切ね!

今まで真面目に学生やってきた人ほど、「仕事は自分でやりきらなきゃいけない」とか思っちゃって「こまつな」も「きくな」もできずに「ちんげんさい」に陥っちゃうから注意ね。
こまつな、ホントに大事

あと何か迷ったらそのタイミングで聞くの大事
なんとか完成させたとしても大体迷った所で間違えてること多いし、折角完成したものをそこまで巻き戻すことになるから二度手間になる
迷う=間違える、位の気持ちで行こう
一年目なんて何やっても大丈夫
…ちんげんさい、やりがちなヤツだわ。大人としてアカンのは解っているんだけども、何とか自分でしようとしてしまう。
やらかしたら本格的にやばくなる前に大袈裟に困った困ったって周囲に言うと軽傷で済むよ!!
\(^o^)/
すごいわかるけど、沈黙しか許されない場面もあるんだよなあ
使える人に投げるのは、やめて…

使える人に相談するにしてほしい
こまつなは…投げられたほうが迷惑です。
いつも投げられ、結局投げた本人はいつまでも、仕事出来ない
最終的に周りから当てにされなく、孤立してしまいます。
投げる前に、努力、相談、上司の指示に従う。姿勢が必要かと。
これ、ほうれんそうを、上司だけでなく先輩・同僚にもしていたら、こまつなをやらなくて済むような…

あと、こまつなは、こうたさんの仰る通り、諸刃の剣ですよね。
多用は禁物だよー、と思います
これ「こまつな」と「ちんげんさい」の相性が最悪で、新入社員ならともかくマネジメント側がやると

先の見通しを立てない上司が、限界まで沈黙を保って、炎上し始めたら、使える人に丸ごと投げる

という状況が発生します
小松菜は優秀な野菜ですが、この場合は常備野菜にしないように
発達障害の社会人にも、大事な話だ
ほうれんそうかられんほうをとるとうそがのこる。野菜関連でこれに勝る名言を教えてほしい。
ひじき=否定せず、自分の考えを伝えて、聞く耳を持つ 🔼全て美味しく頂きたいと思います( ´ ▽ ` )ノ
労働現場、野菜畑説。
ホウレンソウは必須としてコマツナは選別のための道具として役に立つ・・・今年も挨拶と5W1Hから教えなきゃならないようなバカがザラザラと実社会に紛れ込んで来るんだろうなぁ
あと、意外と知られてないけど「ほうれんそう」って元々、管理職に向けられた言葉だからね。

部下に強制するんじゃなくて、上司が率先して吸い上げようね。って意味だからね!

引用元
入社1年目ビジネスマナーの教科書
金森 たかこ
プレジデント社
売り上げランキング: 616