スクリーンショット 2019-03-10 13.22.31
七つの大罪を逆にすると鬱が完成説

傲慢→自己評価が低い
憤怒→怒り方がわからない
色欲→性欲がない
怠惰→労働への強迫観念
嫉妬→他人に関心が持てない
暴食→何も食べたくない
強欲→欲しいものがない
スポンサーリンク
大罪と言いつつ、なけりゃないで人間的でなくなるジレンマ
人は罪を背負ってしか幸せになれませんからね。
七つの大罪ってか要は人間の原動力だよね。
そりゃそうだww
欲とは人間にとって
高みに登るためのきっかけでしょうね
人の持つ七つの大罪、悪魔的と思って考えて自分の中にあるものも抑えていかないといけないなと考えていたけど。

これは生きる為にも必要なモノなんだと考えが改まった。

無いと健全に生きれないんだな。
持っていて良かったのだ。
あり過ぎても困るけどなくても困るって奴ですね
これでキャラクターとか作っても面白そうだなぁ。

逆七つの大罪。
「七つの無罪」と。。
そもそももしかして、これを大罪にしたのって領民を馬車馬のごとく働かせるためなのでは・・・
これが七つの大罪と反対の七つの美徳です
7つの美徳というのがありますが、きっちり守ると鬱になりそうな。
キリスト教徒は鬱だった…?
人間が人間らしく生きられなくなったのはキリスト教が諸悪の根源だとはっきりわかる
聖書には「七つの大罪」など出てこない。

修道士が書いた個人見解である
日本人にこの知識はなくて当然だがね
普段はひたすら自己卑下ばかりしているナルシストもいる(欲望は反対の形で表出することがある)ように、昔の人は人間心理をよく観察していたっぽい
七つの大罪を犯す方が精神的に豊かな人生を送ることができるってことだよなこれ
「欲」が無い事、それ即ち、「生きる意味や気力」が無い事。
鬱ってのは心のエネルギーが枯渇した状態だからなぁ。
だいたい正解。
有りすぎると大罪になり
無さすぎると鬱になるのか…
過ぎたるは及ばざるがごとし。

そもそも七つの大罪ってほどを守れば生活必需だしね

傲慢→矜持
憤怒→自己意思
色欲→愛
怠惰→自己満足
嫉妬→競争心
暴食→食
強欲→向上心
この世界ってプラスとマイナスも希望と絶望も片側に偏っただけで簡単に滅びるのよね
飲み食いも睡眠もエッチすらも全てにおいて程々にしておくのが一番だし産まれながらのクソガイジや聖人が一定数産まれて来ることで地球人同士のパワーバランスも保たれてる
この説好きだなあ。
鬱になる人って、根が真面目で他者への配慮が強すぎる人が多いって考えると、真理を突いてる気がする。
これ全部、適度に出せば人間のエネルギー、生命力に繋がるものだからねえ。
引用元
七つの大罪(1) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2013-06-28)
売り上げランキング: 8,484