images (21)


ADHDの人は「創造性に優れている」といわれることも多く、なぜADHDの人が高い創造性を持つのか、ミシガン大学で心理学を研究するHolly White氏が解説しています。
創造性を発揮するのに必要な要素の一つとして、「発散的思考」が重要だと過去の研究が示唆しています。そして、一つの出発点からさまざまなアイデアを発想する発散的思考は、ADHDの人々が得意とするものだという研究結果も発表されているとのこと。

日常生活で使うものを別の使い方で利用したり、携帯電話に革新的な機能を付け加えるためにブレインストーミングをしたりといった場面で、発散的思考に優れたADHDの人が活躍する可能性があります。

また、創造性を発揮する必要がある課題において、「多くの事前知識を持っていること」が創造性の妨げになることがあります。私たちは何かを生み出そうとする時、アイデアの参考として過去の事例を参照することがありますが、その結果として生み出された製品は過去の事例の影響を強く受けたものであることが少なくありません。

過去の研究では、「何か新しいものを発明してください」という課題を与えられたグループに例としていくつかの事例を見せると、発明品は例として見せられた事例に影響されやすくなることが示されています。これは特に意外な発見ではないものの、創造性を発揮する必要がある場面においては、過去の事例にとらわれない自由な発想を持つことが重要となります。

ADHDを持つ思春期の子どもたちが持つ創造性についての研究では、ADHDを持つ子どもたちのグループと、ADHDを持たない子どもたちのグループに対して「新しいおもちゃを発明する」というタスクを与えました。タスクを実行する前に、両グループには同じ特徴(サッカーボール、ラグビーボール、ピンポン球などの「ボールである」という特徴など)を持つ複数のおもちゃを見せたとのこと。

すると、ADHDを持つグループが生み出したおもちゃは、ADHDを持たないグループが発明したおもちゃよりも、事前に見せられたおもちゃが持つ特徴を含んでいる割合が少なかったそうです。このことから、ADHDの人は創造的思考が事前に与えられた知識に妨げられる割合が小さく、ADHDを持たない人よりも創造性に優れているといえるかもしれません。


また、過去に仕入れた知識だけでなく、「世界の常識」といったものも創造的思考の妨げとなります。たとえば「ほかの惑星に住む地球外生命体について考えてください」という課題を与えられた時、多くの人々は地球の生命をもとにして発想をスタートし、それを「エイリアンっぽく」修正することで地球外生命体を創造することが過去の研究で判明しているとのこと。

このような固定的思考を脱却するためには「概念の拡張」が必要だとWhite氏は主張しています。地球外生命体の例でいうと、地球上の生命はほとんどが左右対称であるため、人々は「生命といえば左右対称になっているものだ」という概念にとらわれがちです。しかし、地球外生命体については地球上の概念にとらわれる必要がないため、「生命は左右対称なものだ」という概念から逃れることで、ほかの人よりも創造的な思考が可能になるかもしれません。

White氏が大学生を対象に行った研究では、ADHDを持つ大学生グループとADHDを持たない大学生グループに対し、「地球とは異なる惑星に存在する果物」を絵に描いて説明するというタスクを与えました。White氏は大学生たちに対し、「できるだけ創造的であり、地球に存在する果物をまねしないこと」を条件として課したとのこと。

すると、ADHDの大学生はADHDでない大学生と比較して、地球上の果物に影響されていない創造性の高い果物を描く割合が高かったそうです。どちらも種子や茎といった果物らしい特徴を描くのは同様だったものの、ADHDのグループはアンテナや舌、ストロー、ハンマーといった果物とは違う異物を加える傾向がありました。ADHDの大学生は「地球上の果物」という概念から逃れ、より高い創造性を発揮したのです。これと類似した傾向は、ADHDでないものの「優れた才能を持つ」と判断された子どもたちにも確認されています。

続きはソースで
https://gigazine.net/news/20190306-creativity-of-adhd/

スポンサーリンク

113: 名無しさん@発達中 ID:SbwO9XJI
普通の子は自然に忖度を覚えてるんだよ、こう作らないと非常識に思われるとか
こうすれば褒められるというのを数少ない経験でも学んでる
売れた商品や、優れたものって周囲から「こんなのおかしい」と反対された後に成功したという例が殆どじゃん

114: 名無しさん@発達中 ID:DcZOiZeI
>>113
学び方の問題なんだよ
例えばエジソンは1+1を理解出来なかったと言われてるだろ
アホは本質を理解せずに猿真似だけして分かった気になるが 頭の良い子は躓いてしまう。
親や教師がアホタイプだと、こういう子供をアホと認識するんだよな

115: 名無しさん@発達中 ID:MOVkwKj9
>>114
小学生の年齢で学士を取る奴、アインシュタインみたいな知恵遅れ扱いをされる奴、いろんな天才がいるもんだな
スロースタータータイプも一旦理解したら、そこから思考を掘り下げる深度が凡人の非じゃないんだろうな
世間的一般的な”天才型”の理解は早熟で万能、というのは残念だといつも思う

117: 名無しさん@発達中 ID:whgMF+da
ADHDはいつもチャンネルが変わりザッピングしている
列を外れて別の最適解を探す役目のアリなんじゃね

119: 名無しさん@発達中 ID:0J4yjG8p
>>117
それ
植物でいえば撹乱依存種

4: 名無しさん@発達中 ID:lSB0NOLw
合理性や秩序からの逸脱。
それを創造性と評価できるのは、何かうまく役に立った時。

6: 名無しさん@発達中 ID:bHlnbS73
稀な例をすべてのように思わせる書き方は感心できないな

2: 名無しさん@発達中 ID:sY6/bgCR
マイノリティに対しての褒め言葉ではあるが
たとえ同じことをやらせた場合記載通りに能力を発揮するのは
その中の一部。
社会で生き残っている障害者または変な奴は
みんな特殊能力があるから残っているのであって
共通した機能では無い。

10: 名無しさん@発達中 ID:h9pPdgZm
ADHDと言えばエジソンがそうだしな。

14: 名無しさん@発達中 ID:1PBGov6B
>>10
同業他社を徹底的に潰して成り上がるとか
実際相手の痛みがわからんサイコパスじゃないとできないし
発明よりもそっちやなと思うわエジソンの凄さは

98: 名無しさん@発達中 ID:AhNcU+Bu
>>14
>同業他社を徹底的に潰して成り上がるとか

ホワイトヘッドの発明をパクって、「自分たちが最初に
動力飛行機に成功した」と情報操作したライト兄弟も酷いわw

13: 名無しさん@発達中 ID:jQKzloDb
自分では決して実行しようとせず
出来もしない思い付きを人にやらせようと煩く命令してしつこく責め立てて
周囲をノイローゼにするのがほとんど

12: 名無しさん@発達中 ID:gggU/ti9
これってADHDの話というより、真に創造性が必要とされる場面では要領の良さが裏目に出るっていうことじゃないかなぁ。

19: 名無しさん@発達中 ID:EFTGuUvU
本田宗一郎のインタビュー(玉ねぎおばさんの番組)で動き回る姿が有名

26: 名無しさん@発達中 ID:OP0ElcQl
ADHD 坂本龍馬

サイコパス 織田信長

29: 名無しさん@発達中 ID:F1jk73SB
「高い創造力を有するADHDの人間もいる」
というだけで、ADHDだからそうというワケではない

才能の有無に障害の有無は関係ない
健常者がそうであるように、何の才も持たない人の方が遥かに多い

48: 名無しさん@発達中 ID:CIH9LHNv
>>29
>才能の有無に障害の有無は関係ない
>健常者がそうであるように、何の才も持たない人の方が遥かに多い

証明しようにも環境要因を取り除く実験が必要

38: 名無しさん@発達中 ID:YN847IA2
条件として「アメリカという場所ならば」がある。

また自閉症スペクトラムは範囲が広いから、記事のような特殊能力を発揮するのは、自閉症sの中の一握りであって、全てではない。
大多数のadhd患者=変人・特殊な変態 である。

おそらくここに書き込んでる人は、近くに迷惑な発達障害者がいるのだろうw

35: 名無しさん@発達中 ID:hzAcSXqG
学校行かないでずっと遊んでた結果だろ。
そりゃ何かの達人になってもおかしくない。
つまり社会生活を捨てればいいだけ。

30: 名無しさん@発達中 ID:U5ZhD7YP
ADHDの人には幼児期から独創性の特性と社会性を教えていかなければならない。
成功しているADHDの人達は親と医療機関、教育機関との連携が出来ている。

40: 名無しさん@発達中 ID:mAtYyT9l
芸術的な発想においては効率的である事や理に適っている事は
役に立たないですからね…ADHDの人はそういう合理性に縛られにくい分、
面白い作品が出来る可能性が高いという事ですかね?

44: 名無しさん@発達中 ID:bHlnbS73
>>40
そうとも言い切れない様式美の芸術というものもあるから

51: 名無しさん@発達中 ID:DcZOiZeI
>>1
「常識」を守ることを至高としている日本からは
天才が輩出されないと揶揄されているのは
こういう創造性を蔑ろにしているからなのね

61: 名無しさん@発達中 ID:e7mZMfx0
創造性が必要とされる場所はどんどん少なくなってる気がする

52: 名無しさん@発達中 ID:0bL4eeYH
いろんな人がおるから世の中面白いんやって言えんような世の中が寂しいわ

62: 名無しさん@発達中 ID:/WK+W44j
創造性?w
秩序や計画の破壊しかないよ

65: 名無しさん@発達中 ID:DcZOiZeI
>>62
それが正しいかどうか考えないのが奴隷だよ

63: 名無しさん@発達中 ID:cbyUMQsc
>ADHDのグループはアンテナや舌、ストロー、ハンマーといった果物とは違う異物を加える
これを創造性と言うんか?

64: 名無しさん@発達中 ID:rZo10hK+
俺もADHDだけど妄想くらいにしか使い道ないよ

67: 名無しさん@発達中 ID:uYTvsYdc
壊す才能しかないのだが

83: 名無しさん@発達中 ID:6LQ7wHpw
でもほとんどの発達障害はただの役立たず

102: 名無しさん@発達中 ID:DcZOiZeI
「まれにそういう人がいるだけ」「一部だけ」

何を根拠に言ってるんだろうね?

118: 名無しさん@発達中 ID:grYJ8Y8I
「高い創造性」というと聞こえは良いけど、要するに社会的な常識がないだけだろ。
つまり人間は進化の過程において集団を作ることによって外敵に対応してきたから
その知能も集団に適応する形での進化を遂げてきた。
だから近代になって科学技術が異常な発展を遂げるまでは、非常識な創造性というのは
評価されなかったんだよ。つまり「創造性」があるということは「社会的不適応」の
一形態に過ぎないわけであって称賛の対象ではなかった。

81: 名無しさん@発達中 ID:Qq8hLgmp
まず前提として想像性や創造性、独創性ってそれ自体に善悪はなくニュートラルな概念だから
少なくともここで印象論で考えるべきじゃない

自閉系は脳機能の観点でいえ模倣的機能に差異があるのはそろそろ前提にしてもいいだろう

それを踏まえて超単純にいえば真似っ子が出来ないのなら自分の方法でやるしかない
また既存レパートリーの延長上で物事を認知するとすれば前述のように前提条件のプロセスが違う
であれば物事の解釈に差異がでるのも当然といえば当時だろう

おそらく前提条件が無いであろう人に分かるように書くのはほんと面倒くさい
というかこれでも分からんだろうな

126: 名無しさん@発達中 ID:paRfHgRm
電車でブツブツと大きめの独り言をつぶやいているあいつにも何らかの高い創造性があるんだろうか

130: 名無しさん@発達中 ID:rIEzx2YI
自分おそらくADDだけど、人と違う発想をするのは、
頭の中で物事の整理がされてなくて、優先順位が付いていないのが原因かと。

頭の中が綺麗に整理されてる人が何か考えるときには、
過去の類似例等が重要情報として思い浮かぶが、
ADHD者は、例えば説明者が誰かに似てるなとか、
そこから派生して昨日テレビで見た下らねえ情報だのが押し寄せてきて、
その中から重要情報を探すのが大変。
脳内が散らかったお部屋状態になっている。

子どもの実験では、タスク実行の前におもちゃを見せたと言うが、
そのおもちゃにちゃんと注意が行っているかどうかが怪しい。

123: 名無しさん@発達中 ID:UETpuCmI
IQの高いADHDはそうだろうなって感じはするけど
並以下はそうでもないでしょ

132: 名無しさん@発達中 ID:IWJIyx4Z
>>123
それな
IQの高い旧帝理系にいるタイプのアスペADHDならいいけど、
IQの低いタイプの発達障害はどうにもならないよね

120: 名無しさん@発達中 ID:P5L1DZky
原発と同じうまく扱えば大きな利益を生み出すけど
トラブりだしたらクッソめんどくさい

84: 名無しさん@発達中 ID:DcZOiZeI
ゴミなんじゃなくて、ゴミに仕立て上げるのが社会なだけよ

85: 名無しさん@発達中 ID:DcZOiZeI
恵まれた環境で適切に育て上げればすげえ有能な人材なのに
教科書通りの教育を押し付け、社会の型にはまれないだけでゴミ扱いした結果よ

135: 名無しさん@発達中 ID:MOVkwKj9
>>85
本人も自衛というか、長所短所に気づいていかないとね
ADHDの経理とか、アスペの営業とか、何か良くないことが起きそうな気配しかしない
逆にADHDの営業とアスペの経理なら、人一倍結果を出せる可能性もある

86: 名無しさん@発達中 ID:FSBxSWge
んまあ、5ちゃんにレスしてる奴のほとんどは、何らかの障害持ってるだろ。
自覚/病識が無い奴が多いんだなあとは思うが。

俺はADHDで職人で、独創性はいくらかあるとは思うが、障害のマイナス面も大きいな。
評価されることはあったけどやっぱり組織ではダメだったよ。
んで独立したが、厳しい面も多いな。

88: 名無しさん@発達中 ID:FSBxSWge
独創性にせよ器用さにせよ過集中のプラス面にせよ、そういうのが何にもないADHDの方が多い、
というより、何かをモノにできるまで、独創性を形にするまでには、
やっぱり教育と訓練、独学と練習は必要なわけでな。

少なくとも手先が器用だったら、子供のうちから職能訓練意識させるのが良いと思うよ。

91: 名無しさん@発達中 ID:FSBxSWge
あとさ、心理学が言う所の創造性ってのも、どうも定義からして科学的と言い難い、
恣意的な新奇性と混同されたところはあると思うんだよな。

形にならなきゃ創造性ではないし、もっと言えば、要は金になるか、消費に堪える商品になるか、
発達障害者の生計に寄与するかってのが社会学的に重要なわけでな。

思い付きを形にするには、どうしたって知識と経験と技能が要る。
子供が物珍しいおもちゃやユニークな遊び方を見つけるってのが、そういう能力の発露である可能性はあるとしても、
それが大人になってから金になる独創性/創造性に結び付くかは簡単な問題ではないわなあ。

94: 名無しさん@発達中 ID:MOVkwKj9
>>91
創造性(妄想力)が形にならず、埋もれていく才能もたくさんあるだろうね、環境要因も大きいし
形にならないというと、途上国の貧しい農村や閉ざされたコミュニティで生まれのホーキングやジョブズみたいな才能が、今まで何人いたんだろうかとたまに思う
ADHD系の有能を上手く走らせるなら、秘書をつけるのが一番
それに商品化、マネタイズに関しては、パートナーが良くないと、普通のビジネスマンよりうまくいかないとは思う
全部のパーツが上手くマッチするのは稀だろうけど、その芽となるものの1パーツが創造性と呼ばれているんじゃないかな

95: 名無しさん@発達中 ID:FSBxSWge
>>94
障害の発生率を考えれば、アフリカ大陸、インド、中国には膨大な埋もれた、埋もれたまま終わる天才はいるだろうね。

まあ、天才、ってほどの、大きな金になる発明的独創性ってほどじゃなくても、
個々の発達障害者が長所を生かして社会適応できるかってのが課題だろうなあ。
そういう意味で、出来ない事はひとに任せるってのは有効な解決策だとは思う。

92: 名無しさん@発達中 ID:FSBxSWge
もうひとつ。発達障害者はわかいうちに、子供の頃に、早めに職能を意識した教育をするのが良いと思うんだが、
しかし、必ずしも発達障害特有の能力が子供のうちからわかりやすく発露するわけでもないんだよな。

俺も職人十数年やってるが、ちっちゃいころは器用な面不器用な面が混在してる典型的な感じだった。
絵とかは同世代の中では群を抜くけど、靴紐も結べないとかな。

親や教師/指導者が子供の潜在能力をどう見抜き、どう指導してゆくかってのは絶望的に大きいわな。
だが、大人が決めてしまっても、それに乗って行けるとも限らないわけでなあ。
ホント難しいよな。

http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1551905841/