image-panel-category-01-02
ITエンジニアに転職して逆転を夢見てる人多いけどさ、

公認会計士とか簿記1級とかの方がよっぽど可能性あるんじゃない?

ITエンジニアとか毎日8時間を3年間続けても「は?そんなことも知らないとかなめてんの?」とか言われるんだよ

簿記1級とか600時間だよ?
公認会計士も3,000時間だよ?
試験にさえ受かれば人生の逆転が約束される簿記1級や公認会計士と、
1万時間働いてもまだ先が見えないITエンジニアってどっちが楽だよって話だね。

もう知的好奇心を満たせる、楽しい、嬉しいしか勝ってないからプログラミングが面白いと感じる人以外は向いてない。
スポンサーリンク
うーん公認会計士って儲かるのけ?
yameteyou 私が尊敬しているエンジニアの先輩が
20台後半に死ぬほど勉強して公認会計士になったそうです。

その後Webサイトとかを作ってる内にプログラミング楽しいやんってなって公認会計士捨ててエンジニアとして再就職しリーダーに、そして私と出会いました。

「くっそ給料下がった」だそうです。
SEが高給だったのも過去の話なのでほんとにこの通りで資格取って会計士やったほうがいい。
趣味でお金ほしいなら…って感じ。
経験としてITエンジニアをやるのは反対しないけど、長期的にはITは作るものではなく利用してなんぼのポジションのほうが幸せになれる人は多い
ITエンジニアに転職して逆転を夢見てる人多いけどさ、
医者とか弁護士とか税理士とか
の方がよっぽど可能性あるんじゃない?

なんかおかしい事言ってるかな?
ITってのはインチキテクノロジーの略だと常々言ってるあたしが来ました。
資格に担保される職業と、名乗ればいつでもなれる職業を比べちゃいけない。
そして3ヶ月の勉強で食えるようになったIT屋をあたしは知らない。
ただ3ヶ月死ぬ思いをして食えるようになったIT屋は存在する。
「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」
というタイトルの本がありますけど、
ITエンジニアの年収はほとんど「勘違いさせる力」で決まりそうだなと思います。
公認会計士はわかるが簿記1級で人生逆転は草
会計士はわからないけど、簿記一は税理士試験の一部免除くらいしか用途がなかったような涙
公認会計士はまだしも簿記一級はその手の資格ではないです。
そもそも経理自体他の職種と比べて特別稼げる職種でもないですし、需要面でエンジニアの方が間口が広いのは確かだと思います。
簿記1級は意味ないですけど、会計士資格は意味あるね。
税理士とか会計士になれて、先生って呼ばれたりするね。
簿記1級も会計士試験も所詮は座学の知識に過ぎないので、受かっただけでは逆転できませんし、3年実務やっても同じこと言われますよー

ITも会計も雇われ人の状況は似てると思います。
ただ技術進歩や人材流入のスピードの点でITの方がキツそうだと思いますが、反面、夢があるように私には映りますね
参考までに追記しますが、

私はセンス無いので会計士試験に受かるのに11,000時間くらいかかりました。実働10時間x360日x3年
予備校とかで言われてる3,000時間は1年合格ペースですから上位数十人の天才にしか当てはまらないです。でも実在はします。
これはその通りですね。
結局プログラミングを覚えても、そこからマネタイズする為に結局営業等の他のスキルを覚えるのは同じですからね。
会計監査の市場は既に飽和状態ですので、この先あまり明るい未来がないと思います。個人的には、エンジニアの方が可能性よっぽどあるかなと考えています。
masn0102 そうなんですね。
確かにITエンジニアは間口が広いのでいくらでも仕事を捻出出来るという所で未来・ポテンシャルはあると思います。

しかし、その一方手取り20ちょっとで毎日深夜まで働いてる方も大勢居るこの業界、誰でも楽して稼げるイメージは絶対嘘ですね。

覚悟が必要だと思います。
公認会計士です。
実感では3000時間で受かる人は聞いたことないです。
最短で15h*2年*365日>10,000h でしょう。
会計士、給与悪くはないけど3,000時間勉強したからって必ず受かる訳じゃないし
学生時代に留年してまで受かったピチピチの20代前半と張り合って4大監査法人に入らないとあまり高給は望めないんだな。
プラスアルファで語学がすごいできるとか、これまでのキャリアが会計士としてレアならいいけど。
ITエンジニアの悪い方と会計士の平均を比べてしまうとそうなっちゃいますね。

でも両職種の良い方(上位30%)を比べたら、エンジニアは待遇良いし、働き方も自由だし、会計士より美味しい気がする。
モノづくり好きならエンジニア一択かと。
たぶんアップデートが激しいからなのと、いつまで経ってもできるってところのゴールが曖昧だからな気がしている。(他は試験合格とかの明確な線引きがあるから)
どの世界も資格取ってゴールなら楽なんだけどね〜
実務はやっぱり違うよね、ITエンジニアも会計士も。

(資格と職業同列で考えてて突っ込みたいのは我慢する。多分これは罠だと思う。)
確かにそうだなという部分も。
一方で、公認会計士とか簿記の仕事を、プログラミングや、今流行ってる機械学習やNNで食ってしまえば良いのでは?とも思う。それでも資格はいるとなるかは、別の話としてもね
反響あったから注意喚起。

これは「3ヶ月で誰でもITエンジニア!」みたいな行き過ぎたITエンジニア信仰やスクールへのアンチだからね。

作った、動いた、楽しい。
これで生きていけると嬉しいよね。
でもITエンジニアにはそこにしかメリットないと思う。

裕福になりたいなら他に色んな選択肢がある。
山登り好きだから独立して年に4ヶ月だけ働く会計士とか、
麻雀が好きだからいつでも打てるようにするために独立して、
最低限の収入のために非常勤で働いて、
どれだけ誘われても組織には属さない会計士とか、

一発逆転よりも適当な生き方ができるのが魅力な気がする。
今はどうなんやろな。
昔は適当にユルい生き方する会計士の話も良く聞いたけど。
まともに働かなくても人並みに暮らせるって、めっちゃ稼げるってよりも贅沢な気がする。
ライフサイクルのオンオフを自分の一存で入れられるって凄い事やからなぁ。
趣味を優先して仕事の受注を断ったりしても、当たり前のように戻って来れるって本当に凄い事よな。
高校の半年ちょい入院してた時見舞いに来てくれた先生が簿記1取っとくと色々楽になるぞって言われて入院中に勉強してとったけど

職の選択肢は増えるから有りではあると思うよ?
会計士系の仕事付ければ給料もいいしね
はじめての人の簿記入門塾―まずはこの本から!
浜田 勝義
かんき出版
売り上げランキング: 742