acf94b7d

世界初のゲノム編集ベビーを誕生させたことで、科学コミュニティから総批判を受けた中国の科学者、賀氏。
このゲノム編集によって、予想外にも「ものすごく賢い人間」を誕生させた可能性があるようです。
■CCR5を切り取ると認知能力が向上

中国の双子のDNAからは、CCR5という遺伝子が切り取られていました。CCR5とは、血液細胞の表面にあるタンパク質です。HIVウイルスはCCR5とくっつくことで血液細胞の中に入り込めるようになります(参考:「PubMed」)。よってCCR5を無くしてしまえば、HIVに感染しないというわけです。

しかしもちろん、CCR5はHIVを感染させるために細胞に存在するわけではありません。

カリフォルニア大学の神経生物学者であるシルバ氏は、マウスのDNAからCCR5遺伝子を切り取ると、そのマウスが賢くなることを発見しました。この研究結果からシルバ氏は、「中国で行われた遺伝子操作は、双子の認知機能にも影響する可能性がある」と述べています。また、もともとCCR5がない人は脳卒中からの回復が早いことも雑誌「Cell」に報告されています。

■遺伝子操作の危険性と行く末

シルバ氏は中国の双子の件についても触れ、「人の機能低下を治すのと、機能をわざと向上させるのには大きな違いがある。さらにその行為が何に影響するかわからない以上、軽率な施術は控えるべきだ」と警鐘を鳴らしました。

シルバ氏の言うように、後からその危険性が判明した治療法は多々あります。例えば見た目の向上のために脂肪吸引術が行われていますが、過去には出血多量でなくなった例があります。脂肪に入り込んだ細かい血管や神経などが吸引されることで、どんな影響があるか最初はわかっていなかったのでしょう。

双子に施された「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャス9)」というゲノム編集技術にしても、CCR5の遺伝子を切り取るために色々な操作が行われ、それに伴い様々な影響が生じます。どの段階でも、未知のことが起きている可能性、そして、何らかの影響がある可能性は完全には否定できません。

しかしアメリカのSF映画「ガタカ」のように、遺伝子操作の使い方を誤り、遺伝子操作された「優れた人間」と自然妊娠で生まれた人間が選別されるような未来は、誰も望んでいません。遺伝子操作には多くの可能性があります。遺伝子操作の影響を一つ残らず明らかにすることは不可能かもしれませんが、可能な限り明らかにし、安全性を確かめる努力が必要になるでしょう。

https://nazology.net/archives/32006

スポンサーリンク

2: ななしさん ID:5obdPCyk
こいつが成長してモテたら成功
キモがられたら失敗

49: ななしさん ID:PEU8iRYt
>>2
それに尽きるな。
俺は失敗作だった。

4: ななしさん ID:WzXwnSWT
欧米を中心としたキリスト教圏が何を言おうと
中・印を中心にしたアジア勢がやりたい放題やるから
人クローンも本格的AI(ターミネーターの世界)も遺伝子デザインも
何でもありのSF世界になりそうだね
めでたしめでたし

7: ななしさん ID:Uw7xUa13
>>4
無神論中国のあくなき強さが発揮される事例だな

32: ななしさん ID:/mOUe6vz
>>4
急激に遺伝子が変化しすぎて
子孫を残せなくなりそう
かといってスーパーヒューマン同士で交配ができるほど増やしたらそいつらが黄巾族になる

5: ななしさん ID:Uw7xUa13
中国って何でも有で怖い国だね

100: ななしさん ID:ARrMIghN
>>5
人権無視ができるからこそ急速に発展していく
人権重視でしのぎを削ってる他国じゃもう追いつけないだろ

11: ななしさん ID:pcDmbrSv
自分より遥かに優秀な人間の存在を私利私欲社会な中共が許すはずがない
たんなる実験動物って括りで人権を持って世にでることはまずないね

12: ななしさん ID:ksF/XziI
中国ならスーパーマン作って金メダルごっそりもっていったり
200センチ200キロの兵隊の軍隊とかもやりそう

16: ななしさん ID:EwhcrG7E
こう言うインテリがシャアーのようにコロニー落しを平気でやるんだ

18: ななしさん ID:yI9WQ51k
>「非常に賢いスーパーヒューマン」である可能性が急浮上

その後、わずか生後半年で言葉を喋る。
「習近平体勢は間違っている」と・・・

19: ななしさん ID:nZF9MeT7
ニュータイプだかコーディネーターだか知らんが現実にやるのが中国だったとは
頭よくなって革命起こされたらどうすんだか

37: ななしさん ID:IekI7xUq
>>19
頭が良いだけでは革命は起こせない
大衆を大量に騙す能力がいるし自分自身も大いなるバカでないといけない
自分の言ってることを盲信できる能力ね
賢いとこれらのことが出来なくなる
だから心配いらない

70: ななしさん ID:ruv1/VLt
>>19
権力者が自分の身内をコーティネイターとして作るから無問題。

26: ななしさん ID:S8YCYWi+
ウルトラスーパーデラックスマンみたいな
オチになるんだろ?

27: ななしさん ID:ps9vLUoz
次世代に影響を残さない改変だったら自由にやってもいいと思うけど

36: ななしさん ID:TNx9prij
ものすごい賢い人間なら中国がどういう国か分かるよね

44: ななしさん ID:bPpVEp7P
>>36
非常に賢いがモラルは最低なので、分りません

46: ななしさん ID:K/4pPh4d
>>36
科学者にとっては色々と天国みたいな国だよ

64: ななしさん ID:Y/49h1Cy
>>1
>しかしアメリカのSF映画「ガタカ」のように、遺伝子操作の使い方を誤り、遺伝子操作された「優れた人間」と自然妊娠で生まれた人間が選別されるような未来は、誰も望んでいません。

別に否定する訳じゃないけど、それは誰に聞いたの?
あなた方の思いこみではないですか?また、状況によるのではないですか?
人類がそれによって多方向に分岐するのは、全滅の可能性を減らすためにはありかもしれませんよ?

63: ななしさん ID:bUlJFXsm
日本でもデザインベビーを認めるようになったら子供を産みたがる女が増えると思う。

67: ななしさん ID:UZxpU2pE
>>63
過剰な期待を背負って絶望するだけじゃないかな
それよりアイドルや俳優、スポーツ選手のクローンを作ろうとしそうだけど

69: ななしさん ID:iPXnlixr
頭が良いやつ。スポーツに長けているやつ。美男美女。商才や武将。
愚民からしてみたらどれもスーパーヒューマン。
DNA改造なんか関係無く既に差は付いている。

104: ななしさん ID:8xjup0cl
後のAKIRAである

106: ななしさん ID:J/j7CfNO
アルジャーノンっぽい話だな

105: ななしさん ID:cbO9tkS8
ガタカは名作だった
The Departureの切ない旋律が忘れられん

62: ななしさん ID:FVjRQXWw
でもこういう風に遺伝子が偏っていくと人類はパンデミックに弱くなる。

でもその前に不純な他生物の遺伝子が人類の遺伝子の中に混ざってくると思うね。

まぁ人類が長寿になった時点で本来なら淘汰される遺伝子が
人類の遺伝子の中に残り拡散していくのでどっちにしろ
昔より劣化するようになってきてるとは思うけどね。
それ言うと障碍者差別とか言われるかもだが
視力だけとってもそうなっていくと思うね。

71: ななしさん ID:ruv1/VLt
>>62
最近の遺伝子操作って、遺伝子組み換えではなく遺伝子編集が中心だから、
他の生物の遺伝子は導入されない。はず。

まぁ、純血思想にこだわって滅びるならそれでも良いかもしれん、滅びも自然の営みだw

75: ななしさん ID:zq3+qwNz
>>71
そうなの。では人類としてのリスクは減ってきてるわけだ。

21: ななしさん ID:WMtCeF9b
遺伝子操作やら親からの遺伝で伸ばせる知能って
AIで代替できるから価値が無くなってく気がするんだがな
IQテストで高得点レベルだろ

35: ななしさん ID:iCxWJfH8
70年程度の時間的感覚を持てないヒト基準での選別になると、超長期的に見たときに、種としての強さが弱まるリスクがある
100万年前の人類が求められていた強さと今の人類が求められた強さは絶対に違うしな

ヒトが自身の進化に手を加えると、「現代人目線での強者」の方向に進化していく
結果、X軸方向には強くなって社会の発展は急速に早めるだろうが、その分横にある未知の可能性がなくなるリスクがある

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ
河出書房新社
売り上げランキング: 122

http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1550994630/