ちょっと重たい話だがいいだろうか?
ちょっと長くなるかもしれん。

私は、自分のクラスの子を児相に通告した経験がある。

その子の親は躁鬱を繰り返し、鬱だとネグレクト、躁だと面倒見のいい親を繰り返していた。

学校としてもとてもいい時もあるので判断が難しかった。
スポンサーリンク
だがある時、恐れていたうつ状態になってしまった。

途端に洗濯、食事、学校の準備が滞った。
でもまだこの位なら学校でカバーしようと周りの先生の協力を得ながらやっていた。

だがある日、子供がフラフラしながら登校し、教室で寝始めた。
明らかに異常だった。

午前中は保健室で休ませた。
午後になってやっと目が覚めたので話を聞いた。
それは驚愕の事実だった。

兄弟は朝にお腹が空いたと親に訴えた。
すると、お腹が空かなくなる薬だと行って錠剤を飲まされた。

眠剤だった。

もはや猶予は無くなった。
その日のうちに通告、保護となり、母親は警察に連行された。
だが、精神衰弱の行為として釈放、病院治療となった母親は、残念ながら自死を選んでしまった。

葬式の日、子供たちは泣いていた。「お母さん、帰ってきて。もっと遊びたいよ。」
母親の親族からは「お前のせいで死んだ。どうしてくれる。」となじられた。

私は自分のしたことに迷いはなかった。
だが辛かったな。

子供たちはどんなにネグレクトを受けても、いい状態の時の母親を知っていたからな。
だからその望みに賭けていた。
いつかまた一緒に暮らせる。

が、潰えてしまった。

私は、車で数時間離れた保護施設に、毎年誕生日プレゼントを渡しに行った。

できもしない慰めの為に。
毎年年賀状のやり取りもしていた。

が、ふと、「私が関わり続けることは、あの子らを辛い思い出に引き止めることになるのでは?」
と思った。

それから連絡を取るのをやめて数年経った。

その子から、昨年、突然手紙が届いた。
「先生、お久しぶりです。あの時は大変お世話になりました。
実は、私は今年大学に合格しました!先生と同じ教育学部です。
私は今までの人生で沢山の先生方にお世話になりました。
なので・・・。」

最後まで読むことができなかった。なんの感情かわからない涙が止まらなかったんだ。
教員という仕事の素晴らしさ、責任の重さ、選択の重要性、子供を思いやる気持ち、保護者との繋がり。

その全てが、息もできないほどの勢いで押し寄せてきた。

本当に自分がそれをできるのか?

だが、彼女が教員の道を選んだことは、誠に自分勝手だが私を許してくれたような気がしたんだ。
長くなったな。

教員の端くれだった頃の旧い話だ。
だが、紛れもなく私の人生の大事な一部だ。

人との関わりなくして人生はない。

だから私はこれからも人との関わりを大事にしていく。

最後までありがとうな😊
涙無しでは読めなかった…
人生の岐路ってほんと過ぎてみないとわからない。
その時最善と思ったことをするしかないんだけど…
悲しい結末だけど、この人が動かなければ子供も連れて行ってしまったんじゃないかな。
人の手が入ったことで、子供の命は自分のモノじゃないってことだけは分かったのかも。
覚悟の上での通告、悩み抜いた上での選択であったであろう。
勇気ある行動と尊敬する。
通告しなければ「心中」という結末もあり得たと考える。
警察と病院の連携で自死を阻止できていたら尚良かったのにとは思うが結果論。
ああ、私は決断できるであろうか?
私もそんな究極の状況に立ったことがありました。
痛感するのは、

どんな状況でもどんな親も、その地点では子どもにとって親でしかないということ。

それがいかに残酷なことであっても…
虐待を隠すために嘘をつき続けた兄弟を思い出しました。

彼女がまた、正しく愛される人生を歩めますように。
双極性障害は病識があってかつ、
服薬コンプライアンス守っていてもコントロールを失うことが
普通にあるし、生涯治らないとされているので双極当事者の私には正しい判断に思える。
むしろ当事者の負荷を減らす方向でもあるのだから責めを負う理由はない。
そも、双極は自殺リスクが高い疾病。
その子のお母さんと同じ道を辿ろうとしてた自分がこの出来事を読んで胸が痛くなった…
話は逸れるが、そう言う意味でも心療内科や精神科がもっと身近で通いやすいものになれば、地域連携されていればと思ってやまない。
昨日心療内科行って子供抱えながらボロボロ泣いてしまうほど抱え込んでいたから
子どもを「適切に」育てられないことは、愛情のあるなしとは関係ないのだなと思う。
これは学校がすべき仕事かどうか悩むだろうな。教科書的には連携して対応、というべきなのかもしれないが、それはきれい事なのだろうね。
教師って辛いよね。教科指導で雇われたのに、いつも損な役回りばかり。
子供関わる仕事というのは、その子の人生に関わる仕事なんだなと。
そして「正しい決断」が「つらい結果」をうむこともあると。
ほんとこういう方、尊敬しますよ。
お母さんのことは残念ですが、生徒が立派に育って本当に良かったですね。
教員見習い塾講師の自分の浅い考えですが、教員って迷いの連続だと思います。上手くいくことも失敗することもありもう既に後悔の連続です。
でも何もしないより生徒のために動いた先生のような教員になりたいと私は思います。
rikagatari 理科教育を語りたい、リプ感謝する。
私の当時の信念の一つは

「目の前にいる子供を最大限守る」

これに尽きていた。
だから今でも判断は間違っていなかったと思っている。

だが同時にそれは、様々な覚悟を私に教えてくれたな。

人の人生に関わることは覚悟が必要だ。
自分が同じ立場でも同じ事をしたと思います。
ギリギリの場面で出したギリギリの答えを、安全圏から後出しジャンケンで勝手放題言うのは楽ですよね。件の子供さんが幸せを掴み取って欲しいと願わずには居られません。
combatmedic 衛生兵、リプありがとう。
そうだな。
残された者は全力で生き、全力で幸せを掴んで欲しい。
これからも彼女を見守っていこうと思う。
先生の判断は間違えてはいなかったと思う。
"その時は"最善であっても、"その後に"不幸な結果になるかもしれない。

それはよくあることだが。

「その時に最善で、将来も幸福である」選択肢を選ぶなぞ

神様しか出来ないよ。
引用元
教師の心が折れるとき 教員のメンタルヘルス 実態と予防・対処法
大月書店 (2017-03-23)
売り上げランキング: 63,308