b2bcee6d5ef426b470c6286a31b1f9a1
スポンサーリンク
何これ、すごい。
ここまでとは思わなかった。。。
これはまた……!そりゃ失敗にも不寛容だし、出る杭を叩く文化になるよね。
え?!日本、ADHDの中でも賢い人に向いてないんちゃうか?!
若者の自由度・冒険志向の国際比較。
見えない「鎖」に絡めとられているんだな。
日本は完全に成熟しきった社会なので、もはや新しい創造も冒険も必要ないという事かな?
「新しいアイディアを考えること」も「創造性を発揮すること」も、
上の言うことに黙って従い、従い方の優劣が評価の対象となる世界では、リスクが高すぎる。
どちらもしないのが安全な道。
従って、左の軸と右の軸は、今の日本ではリンクしている。
一方だけ高くなることはない。
縦軸の話ですが、ありとあらゆる便利なものが身の回りにあって、
それらがとても高度な技術で造られていることもわかるとなると、
創造や新しいアイディアというものが、とても高いハードルに感じられるのではないかと思います。
そりゃ通勤電車の皆さんの服装も、どんどん真っ黒になっていくわけだ。
色彩の無さは、もうちょっと怖いレベルだけど、
それでも「出る杭」にならないことが重要なわけだな。
さしずめ日本の若者は、長時間労働(とそれに付随する低賃金)で創造性を発揮する生命力が枯渇し、コンプライアンスの名を借りた意味のないガチガチの規則・ルール、手続き主義で創造性を発揮する意欲も枯渇してんじゃねえのかな?
なのに 厨房で悪ふざけをtweetする元気な子供が絶えないっちゅうのは・・・
デフレ不況だと、新しいアイディアを実現すると、それにより旧技術の仕事が無くなり、失業して人が死ぬから、この調査結果は妥当なのかも。
サヴァイブするので精一杯なのに、リスクなんて取るわけないし、クリエイティブな事をする余力もないだろう。
いや、ナイジェリアの方がヤヴェーから。
ナイジェリアが凄い!
ナイジェリアと対局なんですね、、
ああ、たしかに。。。
ナイジェリアから時計製造にまつわる問い合わせが2度ほど来たな。。。
いずれも、ヤル気満々な若者でした。
平均寿命が53歳で人口は1億8000万人を超え合計特殊出生率は6.0という話もあるナイジェリアは、人口の43%は15歳未満。
今の団塊の世代が経験したような競争社会なのかもしれない。
ただ働いてただ頑張るだけじゃ平均的な富を得ることもできないのだろう。
2010年でこれか…
5-10年前とデータ古いのが気になりますけどその後継続調査されてる項目なんでしょうか?
さらに下がってると思いますよ。
14年の増税以降賃金も年収や支出等も全部ダダ下がりやし。
低くなってることはあっても上がってるなんてありえないと思う。
それくらい今の日本はレベルが下がってる。
このデータが必ずしもネガティブなものではない気が
これは、ウダウダやってると死ぬ国が右や上にあるのでは
それはありますね。安全安心は堕落への道なんですね。
何がいいのか変わんないですよw
新しいアイデアを持ってリスクを取らないと生きられないナイジェリアが怖い🇳🇬
日本の得意分野は既にあるものを更に便利に快適にする技術力にある、これだけで悲観するには足りない。
のびしろがいっぱい。改善するよう出来ることもそれだけたくさん。
お、結構リツイートされてる。
改めてどこの誰がどうやって創造性や冒険心を数値化し比較したのか聞いてみたい。
日本人に肩入れするつもりはないが、こんなの真に受けるほうが衝撃的だな。
6段階の中で「どちらとも言えない」「どちらかといえばそうは思わない」みたいな回答が多そう
「冒険やリスクをとるのは大事」という設問、その代償として得られるものがどれだけなのか、確率はどれだけあるのか、によるでしょ。
こんな設問にアホみたいにYesと答える若者が多いのは問題だぞ。
それと「創造性を発揮するのは大事」って設問に関しては、自分に発揮するほどの創造性ないって冷静に見極めて答える若者が多いってことでしょ。
創造性ないのに俺できます!リスクあるけど冒険します!って新入社員いたら周り迷惑きわまりない。
おもしろいのは、「低リスクにクリエイティブ性を発揮したい」って国が全然ないこと。

もちろん他の人がやってないことをするにはリスクが必ず伴うけど、「リスクをとるべきだ」っていう「べき論」の立場を取るのは不思議だな。

デイトレードは「リスクヘッジしなから利潤を生む」って考えるだろうし。
テーマは違えどこんなポジションばっかり。

縦軸:与えられた仕事を正確にやり遂げることが大事だ
横軸:リスクを排除することは大事だ

にしたら我が国はダントツの世界一ってことだ。
皆がこう考えているなら、ある意味チャンスなのでは?
逆にチャレンジする人にとってはチャンス
これはチャンスと捉えた方がいいかな
引用元